演劇

EPOCH MAN番外特別公演『夜明け』

2016.01.07<19:00> 僕は、シュウヘイは、ヨルに、僕の可能性を見出して、それと同時に、ただ滑稽に夜明けを目指していた。シュウヘイの苦悩は、とてもよくあるもので、「何になりたいの」って、そんなこと、どうして簡単に答えることができるだろう。私も…

妄想劇場 part.2 『昭和歌謡大全集』

映画作品で舞台化したらと妄想するだけのエントリ。ちなみに一回目はこちら。 aooaao.hatenablog.com そして今回は『昭和歌謡大全集』 www.youtube.com 東京都調布市。この町に暮らす6人の少年、イシハラ、ノブエ、ヤノ、スギヤマ、カトウ、スギオカ。普段は…

柿喰う客『虚仮威』

STORY 財産! 権力! 地位! 名誉!望めば何でも手に入る! 演劇界の風雲児・劇団「柿喰う客」が、結成10周年を記念して発表する完全新作本公演!村を支配する地主の一族が、突如あらわれた未知なる生命体とともに、戦中戦後の動乱を駆け抜ける!?夢と希望…

BSP『龍の羅針盤 第一部 ー幕末死闘篇ー』

www.youtube.com STORY 明治十年、西南戦争始まる新政府に反旗を翻したのは、薩摩藩を中心とする士族達だが次第に追い込まれ熊本・田原坂にて西郷隆盛は最後の刻を覚悟する永く続いた武士の時代は、間も無く終焉を迎えようとしていた 薩摩藩士・村田新八は、…

妄想劇場 part.1 『46億年の恋』

この世にある映画の中で一番好きな映画が『46億年の恋』なんですけど、公開当時から「演劇っぽい」と言われていたので勝手に舞台化した場合のキャスティングを考えてみました。 aooaao.hatenablog.com 46億年の恋についてはこちらの予告と素敵なMADをご参照…

ミュージカル『黒執事』~NOAH'S ARK CIRCUS~

www.youtube.com www.namashitsuji.jp REVIEW 例によって原作漫画未読、アニメもこのシリーズは未見です。『黒執事』に関しては、由緒正しい家の男の子が悪魔と契約して復讐するくだりを知っている程度。しかもほとんど観ないミュージカル。世界観も相まって…

朗読劇『季節が僕たちを連れ去ったあとに』

2016.11.17 19:00 六行会ホール初めて行きました。こういう若干辺鄙な会場に足を運ぶと、新しい地を知った気持ちになります。新馬場はそれほど行かない町ではないけれど。 物語は、寺山修司と山田太一の在りし日の思い出を、手紙を通して振り返るというもの…

舞台『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』

www.youtube.com STORY 今は昔、あるいは未来。舞台となる世界は、現実から少しずれた架空の日本。 社会の合理化を目指す「標準化政策」により、全てに「標準」が設定され、逸脱するものは違法とされた。物事は真と偽、事実と迷信に明確に分けられ、その間の…

パルコプロデュース『露出狂』アフタートークまとめ

以下、自分のための手書きメモを清書。一部記憶で補完するも記憶は定かではない。 2016.10.1(土)チーム露 14:00 登壇者:陳内将、小沢道成、川合諒 中屋敷さんのテンションがめちゃくちゃ低いことを突っ込む役者たち 理由は「寂しいから」 ちゃんじんはお…

パルコ・プロデュース『露出狂』

www.parco-play.com REVIEW 『露出狂』全日程終了おめでとうございます。そしてお疲れさまでした。こんなに六本木に通うとは思ってなかった~っていうのが率直な感想です。露・出・狂の全チーム数回観ましたが、これまでの女性版や2012年版のパルコプロデュ…

美しい身体と汚い感情がみたい ~2016秋~

タイトルの~2016秋~は適当。なくてもなんら問題ないです。 ところで、柿喰う客の『無差別』観ました。 www.youtube.com 今、中屋敷法仁さんの戯曲をいろいろ必死に漁ってるところで、もちろん『無差別』も好きでした。この作品について、どこかのインタビ…

『露出狂』もハーフタイム中だから部活の話をします。

www.parco-play.com ついに始まりましたパルコプロデュース『露出狂』。はじめから分かってたことだけど、ブルーシアターのキャパ広すぎなので、まだまだ観たい公演観られる。すごくない?全バージョンみよう?オススメはリピーターチケットです。 そんなこ…

舞台『光の光の光の愛の光の』

愛は言葉になって、光の速さでキラキラと、君の方へと飛んでいく。だけど、君には届かない。君も、君の愛を、君の光を、別の誰かに飛ばしてる。だけどそれも届かない。片思い続けるたくさんの愛の光は、光の愛は、どこまでもどこまでも繋がって彼方まで伸び…

月刊「根本宗子」第13号『愛と希望の先』

月刊「根本宗子」 officialsite 月刊「根本宗子」は『忍者、女子高生(仮)』ぶりの二回目。正直言うと、ねもしゅーの世界で玉置玲央さんがどう輝くのかが楽しみだったから、公演一週間前に降板と知った時は残念だった。体調不良とはいえ、自意識が強い人たち…

舞台『BLOOD RELATIONS ~血のつながり』

STORY 米国犯罪史上最大級の迷宮入りミステリー“リッヅィー・ボーデン事件”事件の背景となる人間ドラマを演劇的視点から鋭く抉る衝撃の問題作! 1892年米国ニューイングランド地方の田舎町で豪農夫妻が斧で惨殺される殺人事件が起きた。警察は第一発見者であ…

舞台『アヒルと鴨のコインロッカー』

STORY 「ずっと誰かが来るのを待ってたんだ」 引っ越してきたばかりの大学生・椎名は隣人の河崎と名乗る男にいきなり本屋強盗に誘われる。ひきこもりがちな外国人のドルジ、ペットショップを経営する麗子、そして二年前に同じアパートに住んでいたという琴美…

bpm EXTRA公演 舞台『ESORA』

STORY とある港に停泊する海賊船。 その近くで、静かに本屋を営む男「バートン」。 花売りの女「ソフィア」との出会いは、彼の止まった時間を、ゆっくりと動かしていく。 男と女、海賊と村人、愛と憎しみ、笑いと涙で繰り広げられる、運命の数日間。 ―なんと…

舞台『宮本武蔵(完全版)』

STORY 伝説の剣豪として世に名を知らしめるも、その内面は臆病な男、宮本武蔵。色々と疲れの溜まった武蔵は、湯治のため山奥の宿を訪れる。そこには様々な面々と出会うこととなる。私たちが考える理想の武蔵像からかけ離れた主人公、宮本武蔵は皆から偽物で…

舞台『イヌの日』

www.youtube.com STORY 高校を卒業後、進学も就職もせずに悪友たちと遊び暮らす広瀬幸司。ある夏の始め、仲間の1人である中津正行からある仕事を頼まれる。それは、中津が留守にする間、「ある人たち」の面倒を見てくれというものだった。大金に釣られ安請…

舞台『天球儀 ‐The Sphere‐』

STORY 山荘「天球儀」に集められた7人の招待客たち。そこではある人物の葬儀が行われるという。姿を見せぬ山荘の主からの要求はただひとつ。「蓬茨奏音〈ほうしかのん〉の死を悼むこと」。だが、招待客は誰ひとりとして「蓬茨奏音」という人物を知らないと…

劇団競泳水着リーディング部『ある盗聴』

STORY 主人が死んだ。恐らく、私が殺した。そのことは誰にも気づかれずに、通夜と葬式がとりおこなわれた後で、手紙と一本のCD-Rが届いた。CD-Rには、生前の夫と私の会話が録音されていた。自宅は盗聴されていたのだ。「貴女は悪くない」手紙にはそう書かれ…

悪い芝居『メロメロたち』

www.youtube.com STORY 新曲のレコーディング中に起きたヴォーカルの死。 歌い上げた直後に身体から炎を上げ焼死したその去り際は、ロックバンド゛メロメロ″を伝説に変えるには充分すぎる出来事だった。 あれから5年―――音楽ライター・神谷ふりかけは、穴が…

劇団殺し15周年記念・怒パンク時代劇『名なしの侍』

www.youtube.com STORY 合戦孤児たちが集まる一本松道場には剣で名をあげたいと夢見る茂吉、直、次郎、三郎、そして農民として生きることを望み武士を嫌う伝助がいた。そこに、虎蔵という武家の出という少年がやってきて、切磋琢磨しながら暮らしていたのだ…

イーヴと有吉とJの世界が頭の中で交わっては消える

『クロードと一緒に』を観る前に、あらすじや他の人の感想を読んでその世界がどのあたりにあるのだろうかと考えていた。いや、実際にはそんなものないのだけど、物語の指し示す大筋の方向性として、こちらの方だという世界を私はすでに知っていると思った。 …

つかこうへい七回忌特別公演『新・幕末純情伝』

www.youtube.com STORY 徳川260年の泰平の世が、今まさに崩壊せんとしている文久3年。武士になりたい一身で、京都への道を急ぐ一群の男達がいる。近藤勇率いる、新撰組。その隊士の中に「女」がいた。沖田総司。小さい頃から男として育てられ、ただひたすら…

SARUGAKUCOMPANY 『二度と燃えぬ火』

【脚本】二度と燃えぬ火 【作】ジャン・ジャック・ベルナール 【翻訳】梅田晴夫 【構成・演出】札内幸太 【出演】大門嵩 巽よしこ 藤原季節 中野麻衣 地曵豪 目的は藤原季節くんの舞台演技を観るためでした。いくつかの映像作品を観て、自分自身の考えを素直…

舞台『僕とあいつの関ヶ原』 紫陽花チーム

www.youtube.com REVIEW クロードが終わってわずか3日後。松田凌も大変だなぁというのと同時に、人気なのは良いことだと思う今日この頃。このままどこまでも走り抜けていってほしい所存です。斯く言う私は、歴史が苦手なので事前に原作本を読んで天王洲銀河…

Lecture-Spectacle『Being at home with Claude ~クロードと一緒に~』

www.youtube.com 前回、この記事*1を書いたあと、いろんなことを考えた。その中で、自分の中でさえもたった一つの答えを出せずにいて、ぐるぐると考えだけが頭の中を巡っていたけれど、ひとまず今思うところを書き残しておく。それしかできないし、今はそれ…

ひとまず、谷崎潤一郎と『クロードと一緒に』について

突然だけれど、谷崎潤一郎にとって大正時代はスランプ期と言われている。でも、私は谷崎潤一郎の大正時代の短編小説が彼の作品の中で一番好きだ。それらは『春琴抄』『痴人の愛』『卍』のような力のこもった緻密な作品ではない。多くの人は、谷崎について詳…

行間しか読んでいないメサイアシリーズ

個人的にメサイアシリーズが続いています。小説と映像作品の感想は書きましたが、総論的な感想を時系列で。話が続いているので、映像の方も若干追記します。 メサイア 警備局特別公安五係 (講談社文庫) 作者: 高殿円 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/0…