5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『TENET』

f:id:aooaao:20200919150307p:plain

www.youtube.com

STORY

ウクライナでテロ事件が勃発。出動した特殊部隊員の男(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捕らえられて毒を飲まされる。しかし、毒はなぜか鎮静剤にすり替えられていた。その後、未来から「時間の逆行」と呼ばれる装置でやって来た敵と戦うミッションと、未来を変えるという謎のキーワード「TENET(テネット)」を与えられた彼は、第3次世界大戦開戦の阻止に立ち上がる。

TENET テネット (2020) - シネマトゥデイ 

 REVIEW

クリストファー・ノーランの作品を映画館で観る時が来るとは。自分でも驚きなんですけど、ポイント溜まってて1作品無料だし丁度いいなと思って朝イチで観ました。

最初は特定のものだけが逆行していくのかなと思いきや、「主人公」自身も逆行していく(≠タイムトラベル)ってややこしい設定を考えたもんだな。設定厨か?と今更なことを思うのはこの監督の作品を『メメント』しか観たことがないからだと笑ってください。細かいところは?な感じなので緻密な設定ではないと思うのですが、それを押し切る映像力のおかげで「まあいいか」となりました。伏線回収も、想像を100越えたかっているとそうではないけど、綺麗でしたとても。ただ、途中まで、「これちゃんと真相までたどり着くのか」と思ったし、なんとかオチた感じもあった。

私がぐっと来たのは主人公とニール(ロバート・パティンソン)のやり取りなんですけど、もし、もう一回観たら出会ったとこから泣いちゃうと思う。あのどうでもいい飲み物のやりとりもすべてが愛おしいもんな。ロバート・パティンソン、ちょっと前までFKA twigsの恋人ってイメージ(吸血鬼の方じゃない)しか持ってなかったけど、めちゃくちゃいい役者さんですね。

ここから『ドクター・フー』シリーズを観ている人には完全ネタバレなんですけど、主人公とニールの関係性が、ドクターとリヴァーソングの関係に感じられてもうめちゃくちゃやばくない?っていうのが観終わった直後の感想で、クリストファー・ノーランはイギリス人だし、知らないはずないんだよ~『ドクター・フー』の図書館の話。

 

gyao.yahoo.co.jp

gyao.yahoo.co.jp

 

思い出して泣いてしまった。この2作品だったら『ドクター・フー』を途中から観ても大丈夫だと思うので、『TENET』を観た人も『ドクター・フー』を観てほしい。ああ、最後は『ドクター・フー』推しになってしまった。とにかく、『TENET』面白かった!未来人と主人公が出会う続編を待っています。

 

公式サイト

wwws.warnerbros.co.jp

映画『mid90s』

f:id:aooaao:20200906202436j:plain

www.youtube.com

STORY

1990年代半ばのロサンゼルス。13歳のスティーヴィーは兄のイアン、母のダブニーと暮らしている。
小柄なスティーヴィーは力の強い兄に全く歯が立たず、早く大きくなって彼を見返してやりたいと願っていた。
そんなある日、街のスケートボード・ショップを訪れたスティーヴィーは、店に出入りする少年たちと知り合う。
彼らは驚くほど自由でかっこよく、スティーヴィーは憧れのような気持ちで、そのグループに近付こうとするが…。

intro & story | 映画『ミッドナインティーズ』公式サイト

 REVIEW

 スケートボード映画2本目。噂によると、『mid90s』の公開にあわせて『行き止まりの世界に生まれて』が公開されたそう。わかる。

 

こちらはフィクションだからかなりドラマティックな作品になっている。ジョナ・ヒルという監督のことはよく知らなかったけど、もとは俳優で今までの作品一覧見るにコメディ作品が多い人なのかなと。そこでなんでスケートボードの映画?と思わなくもないけど、スケートボードに何か見出したんでしょうね。それは分かる。

 

制作A24で俳優も若手有望株のルーカス・ヘッジズを投入しながら、主役は子役のサニー・スリッチ。彼がキャップのつばを後ろにしてかぶってるのを見たときに『パラノイド・パーク』を思い出したのは私だけじゃないはず。

パラノイドパーク [DVD]

パラノイドパーク [DVD]

  • 発売日: 2008/09/26
  • メディア: DVD
 

 

 で、私はそれほどアメリカのプロスケーターを知らないのでこの映画の客層があまりにスケーターだったことに驚いてたんですけど(少なくとも『行き止まりの世界に生まれて』は映画玄人の方が多かった)主役級の俳優にOdd Futureの創設メンバーでSupremeでも活躍したNa-Kel Smithなんかの有名スケーターが出ています。まあめちゃくちゃうまいなとは思ったんですよ。確かに、ここにも居たわ、Na-Kel Smith。

 

www.youtube.com

 

この映画、映画祭かなんかで最初に日本で公開されてから全国公開されるまでめちゃくちゃ待ったし、待っただけあるなって内容だったとは思う。物語としてはシンプルだし映像も美しい。クライマックスでみんなでビデオを観るところはどう考えても最高だったし、あれ以外の終わりはない。けど、ある程度手垢のついた話に思えてしまったのは、その前に『行き止まりの世界に生まれて』を観てしまったからかなと思う。このあとも人生は続いていくし、もっと乗り越えなきゃいけない壁がある。人生は複雑で大変なものです。なんて。

 

2020年9月9日:追記

適当に感想書きすぎたなと反省。自分の記録にためにもちょっとだけ加筆。監督のジョナヒル半自伝的な作品になっていると言われているけど、その眼差しはスティービーで存在的にはフォースグレード、でも実際はルーベンののように羨望やら嫉妬を抱えていたんだろうなと邪推。あくまで描きたかったのはレイとファックシットのような存在のかっこよさだったんだろうなと。ヒリヒリするようなかっこよさ。そのうちそれぞれが別の道を歩んでいくことも想像しながらスクリーンを観ている自分のことを思い返す。90年代を駆け抜けて、大人になっていく登場人物みんな刹那的なかっこよさだった。

 

 

おすすめスケートボード映画(フィクション)
KIDS HDリマスター [DVD]

KIDS HDリマスター [DVD]

  • 発売日: 2018/11/02
  • メディア: DVD
 

 

公式サイト

www.transformer.co.jp

インタビューとか

i-d.vice.com

i-d.vice.com

i-d.vice.com

www.cinra.net

関連記事

aooaao.hatenablog.com

 

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

まこっちゃん観に行かないかな…行きそうだけど絶対オタクには観たことを教えてくれないと思う。

映画『行き止まりの世界に生まれて』

f:id:aooaao:20200906185942j:plain

www.youtube.com

 

スケートボード映画1本目。ただの若者たちの青春物語かと思ったら大間違い。ラストベルトという捨てられた工業地帯で生まれ育った少年たちが大人になっていく物語で、その裏には大きな括りで「暴力」が潜んでいる。鬱屈とした思いを抱えながらも、スケートボードと仲間たちに助けられながらなんとか生きているザック、キアー、ビンはそれぞれの方法で成長し、そして仲間たちと過ごした場所から別の場所に、前に向かって進んでいく。フィクションのように事故だとか、死だとかそういう劇的なドラマは起きない。ただ、思うようには進まない。それは映画を観ている人にとっても。

 

閑話。ここ最近、動画配信サイトではドキュメンタリーばかり観ている。出来不出来はあるけれど、どれもフィクションにはない不条理と整合性があって、常に心を揺さぶられる。この作品に近いのはviceのパトリック・オーデル(Patrick O’Dell)が綴るスケートボーダーのドキュメントシリーズ『Epicly Later’d』じゃないかなと思う。Huluで観られます。これで取り上げられるのは一時代を築いたスケーターたちだけど、みんなそれぞれいろんな問題を抱えて、いるけれどそのあれこれをスケートボードで昇華していたんだなと感じさせられる。

 

www.vice.com
www.hulu.jp


閑話休題。私は、子供ができてなんとかちゃんと生きようとしたけど、仕事も家族との生活もうまくいかず、逃げ出してしまうザックのことを考えると一番胸が苦しくなった。彼は自分がどういう人間だか理解している。だからこそ自分に嫌気が差してお酒ばかり飲んで、そのせいでまた上手くいかなくてという悪循環を繰り返している。一方で、子供には「善い人」で在ることを願い「自分のようにはなってほしくない」と言う。その他、ビンの母親も子供の頃のビンにより添えずに、夫の暴力からビンを守ってあげられなかったことを認め、けれどその過去を後悔するのではなく、今のビンが救われるために全力を尽くそうとする。どちらも決してハッピー!ではないけど、前に進もうと懸命に生きている人たちであると感じた。古臭い物語にはないニューテンプレートという感じもする。

 

スケートボードってやっぱり不思議な力があると思う。『Bones Brigate』でも有名なロドニー・ミューレンの技に向かう姿勢の話を読んでいても、私にはそれと同じように自分の能力を試しながら夢中になれることはあるのだろうかと思わずにはいられない。

wired.jp

ザ・マット

ザ・マット

 

 

久々に滑りたいな。

 

おすすめスケートボード映画(ドキュメンタリー)

DOGTOWN & Z-BOYS [DVD]

DOGTOWN & Z-BOYS [DVD]

  • 発売日: 2002/12/21
  • メディア: DVD
 
ボーンズ・ブリゲード (字幕版)

ボーンズ・ブリゲード (字幕版)

  • 発売日: 2017/03/09
  • メディア: Prime Video
 

 

公式サイト

bitters.co.jp

 

これ読めば上の記事は読む必要ない

wired.jp

www.cinra.net

www.houyhnhnm.jp

ginzamag.com

bunshun.jp

bunshun.jp

映画館以外で観た映画の感想

 この間までNetflix民だったのですが、最近Huluに移行しました。そんな感想。

 

サーカス・オブ・ブックス

www.netflix.com

理想と現実の差が激しいしよくここまで縦割りで生きていけたなと。最終的には宗教も仕事も関係なく人間としてどうするかに帰着して、あまりにも美しいじゃないと思った。

 

劇場版 わたしに☓☓しなさい!

www.netflix.com

ドラマよりつまらない。びっくりした。金子大地はびっっっくりするほどかわいい。

 

性の劇薬

www.netflix.com

BL映画というよりピンク映画感ある。好きな人は好きだと思う。

 

悪霊島

www.netflix.com

いろんな理由があって流し見してた。岩下志麻が美しい。

 

処刑人II

www.netflix.com

これめちゃくちゃシリーズ化してたらもっとカルト的な人気が出てたんだろうなと思う。兄弟バディ需要あります。

 

The Witch/悪女

www.hulu.jp

上映中のときも観ようと思って結局観れずじまいだったので観れてよかった!『新しい世界』の監督の現時点での最新作。設定は『ダークエンジェル』な感じなんですけど、美少女×血まみれアクション最高!どう考えても続編ある感じだったので絶対に続いてほしい。感動もする。

 

アンダー・ザ・シルバーレイク

www.hulu.jp

様子のおかしなミステリー。カルト宗教の話かと思えば、ハリウッド自体の話なのかもしれないな。これと対になって『ララランド』をあげて話をする人がいる気持ちも分かる。アンドリュー・ガーフィールド本当に好き。クズ役が似合ってる。

 

 

ビューティフル・ダイ(R15+)

gyao.yahoo.co.jp

こういうのは家で観ると集中力が死ぬ。新宿武蔵野館かシネマカリテ、もしくはアップリンクで観るものだな。とはいえ、面白く感じるかは別だけど。

 

琉球ホラー オキナワノコワイハナシ 屋敷神

gyao.yahoo.co.jp

13分で手軽に観れる恐怖。擬似ドキュメンタリー(モキュメンタリー)映画。推しが大変なことになりますがこんな面白い作品に出てるのめちゃくちゃ良い。最近だと『コリアタウン殺人事件』がちょっと話題になったけど、冗長な感じがしたから『屋敷神』の方が好き。

www.amazon.co.jp

 

おすすめ映画あったら教えてほしい。本当に。

映画『事故物件 恐い間取り』

www.youtube.com

STORY

「事故物件住みます芸人」として、実際に9軒の事故物件に住んだ芸人・松原タニシの実体験を記したノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」を亀梨和也主演で映画化。監督は、「スマホを落としただけなのに」「貞子」の中田秀夫が務めた。売れない芸人・山野ヤマメは「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と先輩から無茶ぶりされ、テレビ出演と家賃の安さから殺人事件が起きた物件に引っ越す。その部屋は一見普通の部屋だったが、部屋を撮影した映像には謎の白いものが映り込み、音声が乱れるなどといった現象が起こった。ヤマメの出演した番組は盛り上がり、ヤマメは新たなネタを求めて事故物件を転々とする。住む部屋、住む部屋でさまざまな怪奇現象に遭遇したヤマメは「事故物件住みます芸人」として大ブレークするが……。

事故物件 恐い間取り : 作品情報 - 映画.com

REVIEW

色んな人が感想に書いているように強くない。ぞっとするわけでも、急に驚かされるわけでもなく、お化け屋敷みたいな怖がらせ方で、実際には体感してないので客観的になってしまうので、逆に面白い。大きな声で笑っていい上映がほしい。

実話をもとにしてるし、「事故物件」というものを渡り歩く人の話だから仕方ないけど、そこにいる霊的存在に対しては結構無責任。何か起きたら次のところに行くだけ。それは怖いからじゃなくて飽きられないように。それは良いんだけど、まともな恋のものがたりはマジ要らん。頭がおかしいやつならあってほしい。

寝る前に同じ中田監督の作品で、フジテレビで始まった『恐怖新聞』を観てたんだけど、あっちも怖くない。まあ死体が多いのでグロの方が強い。

www.tokai-tv.com

時たまおもしろホラー映画って生まれてしまうよね。無名キャストが多い映画*1だったらそれもそうかなと思うけど、有名人が多いと地獄だなと思う。似たような映画で『伝染歌』ってありましたね。謎のフェチに入ってるところが私は好き。まま怖いかなと思う日本のホラーだったら『着信アリ』はグロもあるので要素盛りだくさんで良い。飽きる暇がない。ホラー映画はあんまり観てないけどそれでも分かる『事故物件』はホラーとして観るとめちゃくちゃがっかりする。自分の耐性が強くなったのかなと思わないことはないけど、違う気がする。どうせやるなら怖くなくてもいいから気持ちが悪いか、グロいかを突き詰めてほしいな。以上。

 

家と霊の話ならこちらのほうがおすすめ

aooaao.hatenablog.com

 

gyao.yahoo.co.jp

*1:映画『青鬼』はキャスト目当てに観て面白かった。画面が暗いってやっぱ大事だなと改めて思う。https://www.youtube.com/watch?v=4fxHUEc11TQ

映画『青くて痛くて脆い』

f:id:aooaao:20200830194712j:plain

www.youtube.com

STORY

 人付き合いが苦手で、常に人と距離をとろうとする大学生・田端楓と
空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃。

ひとりぼっち同士の2人は磁石のように惹かれ合い秘密結社サークル【モアイ】を作る。

モアイは「世界を変える」という大それた目標を掲げボランティアやフリースクールなどの慈善活動をしていた。
周りからは理想論と馬鹿にされながらも、モアイは楓と秋好にとっての“大切な居場所”となっていた。

しかし
秋好は“この世界”から、いなくなってしまった…。

秋好の存在亡き後
モアイは社会人とのコネ作りや企業への媚売りを目的とした意識高い系の就活サークルに成り下がってしまう。

変わり果てた世界。
取り残されてしまった楓の怒り、憎しみ、すべての歪んだ感情が暴走していく……。
アイツらをぶっ潰す。秋好を奪ったモアイをぶっ壊す。どんな手を使ってでも……。

楓は、秋好が叶えたかった夢を取り戻すために親友や後輩と手を組み【モアイ奪還計画】を企む。
青春最後の革命が、いま始まる−− 。

映画『青くて痛くて脆い』公式サイト

REVIEW

展開は想像してたとこどもあるけど、そこよりも感情むき出しの吉沢亮(楓)に衝撃を受けた。大学生だなって。あんな人間に対しての感情、私も学生までだったな、とちょっと羨ましくなったし。

あと、個人の理想と組織の理想をあわせるのは難しいとつくづく思った。いろんな人が介入してくると、ひとりひとりの繋がりが希薄になるし、理想や人の他に組織のことを考えなくちゃいけなくなる。個人の理想をいちいち加味することもできなくなる。団体の方向性も変わらざるを得ないよなと。こういうのを観るたび資本主義の利点と美しさにも気がつくと言うか、お金を稼ぐことって悪じゃないし、本来的に多くの人を動かしたければどこかでお金が動くだよなと。お金を稼ぐということが中心にある活動のほうが、堅い。多くの非営利団体が素敵な活動をしていると思うけど、そこには圧倒的なリーダーと理想が揺るぎなくないといけないと思うし、やっぱり大きさには限度があるんだよなあと。

秋好も楓もちょっとずつ変わっていって、お互いに感じる価値も変わっていて、でもそんなこと無視して楓は秋好を糾弾して。でも、その糾弾に対して素直に「間に合せの関係だった」と認められる秋好は大人だなと。ということで分かったのは、本当の理想主義者は秋好ではなく、楓だったんだなってこと。潔癖ぐらいな勢いで理想を追い求めてたんだろうなと。方法は最悪だったけど。

秋好はきっとよいリーダーになる。そのために、楓の存在や今回の出来事は重要だった。まあ大学のサークルなんて大体は害悪しか産まないけどな。

一週間遅れのお盆休みで遊びまくる(5日目)

昨日はメルカリの荷物を持っていくのと最寄りのサンドイッチ屋さんに行って完売の洗礼を受ける以外に何もしていなかったので、今日が最終日です。暇人の遊びもこれまでです。

 

立川(IKEA

盛れてない写真コンテストでも優勝できるくらいの写真しかない。理由はIKEAでご飯食べて満足した瞬間に、その写真を撮ることを忘れていたことに気がついたからです。実際、サーモンとラザニア、マッシュポテトとチョコレートケーキという糖質オブ糖質だったので、後悔はしています。美味しかったですが。

f:id:aooaao:20200823225437j:image

 

GREEN SPRINGS

IKEAの隣りにある商業施設(ららぽーとではない)

greensprings.jp

よくわからんデベロッパーが作ってる、よくわからんコンセプトの施設。そもそも入ってるお店で知ってるのがほぼなくてびっくりした。


f:id:aooaao:20200823225425j:image

www.northlink.co.jp

よく知らんおしゃれなコーヒー屋さんのコーヒー美味しかった。ここぞとばかりに認証ショット。爪が死んでいる。


f:id:aooaao:20200823225419j:imagef:id:aooaao:20200823225430j:image

ひとまず外が涼しかったので、ただ座って過ごすには良い場所でした。施設の中に小川があったり芝生が敷いてあったり何かと謎だったけど。

最終日いつも以上に内容がないけど、今日学んだことは「人と遊ぶと時間が過ぎるのはあっという間」ということですね。光陰矢の如しとはいえ、早いにもホドがあるぞ。来週からは頑張ろう。来週は、頑張るからね。などとどこかの戯曲の台詞を引用しても。つらい。つらすぎる。おわり。

  

今までの記録というかなにか↓

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com