取り留めもない

映画や舞台の感想書いたり、たまに日記も

台湾弾丸オタク旅行記 2023.12.9

f:id:aooaao:20231210150257j:image

行く前にもそんなたくさんの人に伝えずに、思い立ってEXILEの台湾公演を観に行ってきました!EXLE THE SECONDにTAKAHIROというメンツのEXILEはもちろん見たかったんですが、一番は今回初海外パフォーマンスを行うTHE JET BOY BANGERZ(TJBB)のハレの舞台を見るため、期限が切れていたパスポート再申請してから、気持ちを高めてそれはそれはもう怒涛でした。ライブはもちろん旅自体もめっちゃ楽しかったんですけど、ほぼ24時間でスケジュールをこなしたので疲労がすごい。でも、ぎゅっと色んなことが出来て楽しかったのでメモとして残したいと思います。

 

入国~旅の準備

まず、12月8日(金)の22時発の飛行機で台湾に向かって桃園空港に着いたのがマイナス1時間の時差もあって0時半。国際空港だからって別にすることはないので、ひとまずマクドナルドのあるフードコートへ行って、マックフルーリーやら台湾しかないさつまいものフライを食べました。おいしかった。

ほぼ10年前に1回来たきり久しぶりの台湾でしたが、今回は1日というスケジュールで、かつオタク旅行だったので事前に色々準備してeSIMを使いました。(リンクは参考まで)これが超便利。事前登録をしておけばSIMのように差し替える必要なくQR読んでいくつか設定変更すればつながります。ただキャリアの端末だとできない場合もあるらしい。

あとは、予約していたバスチケットを引き換えにカウンターに行くと、「これセットの遊遊カード」っておじさんがポーチからコニーちゃんのキーホルダーを出して私にくれたんだけど、これが本当に遊遊カードで良かったです。なくさない。

若干の虚無顔コニー

5000円くらい空港で両替してほぼタクシーと個人商店で使いました。そうじゃなければ台湾ではLINE Payがが最強なんですけど(言い過ぎ)、コンビニでレジのお兄さんに商品を持ったままバーコード見せるとそのままスキャンしてくれるしそのまま支払いのバーコード見せると同じ動作の中で決済まで終わるし接客も終わってるなと思いました。すべてにおいて楽でいいです。Oliveとかデビットカードの通知が来るようにしていればすぐに円換算していくら使ったかわかります。電車とかバスとかメトロは大体遊遊カードで、たまにスマホのキャッシュレス支払いができるかなという感じですが、これに最後の最後に救われて空港に帰れたので、現金がなくなっても諦めないで!!!

どうでもいいんですけど日本の出国の特に、両手首ガチャガチャし過ぎて金属探知で止められたんですけど、きっと事務所の男たちも止められるorそのために先に取って出国するだったらかなりかわいいなという気持ちになりました。

f:id:aooaao:20231210183943j:image

空港の自販機には佐藤健がいっぱいいたので出会うごとにわいてみてました。

 

台北へ移動して朝ごはん

色々な準備を桃園空港で終えて、6時半ごろバスで台北へ。時間がかかるかなと思ったら、朝早すぎてなんの渋滞もなくめちゃ早な時間についてしまい困る。

f:id:aooaao:20231210145401j:image

仕方ないから台北にできたポケセンが入っている三越の前にあったクリスマスツリー撮影会しながら「豆花食べたいね」ってことでお店を探したんですけど、たぶん豆花っておやつ扱いであんまり朝ごはん屋さんにない。一生懸命探したお店も、一瞬いた店員のおばさんに声かけようとしたらいなくなってて詰んでしまったので、適当なお店で豆乳とワッフルを買って食べたらおいしかったのでおばさんを許しました。

このカップはフリー素材ですか?

ワッフルを二つ折りにしたら何が入っているかはわからない

教訓としては、基本的に台北は東京なんかと同じで10時からくらいしか街が機能しないということです。そこからまた長いこと豆花を探してたんですけどなくて、結局2つ隣の駅のお店まで行って食べることに。すると道すがらにAKIRAさん(めろめろ)

家電量販店の広告塔AKIRAさん

さすが、国民のお兄さんです。背負い過ぎでは?と思うけどAKIRAさんならいけそう。以下、映えないメシです。ちなみに『孤独のグルメ』で井之頭五郎さんも来たことがあるそう。

豆乳の豆花(どんだけ豆乳好きなのか)

 

エストに挑戦

TJBBのNOSUKEくんがストーリーで上げていたタピオカ屋を探してみると、結構いろんなところにあるチェーン店ということがわかり、買って飲んでクエストをクリアしたり、

NOSUKEさん、中身は黄金烏龍ミルクティーで合ってますか?

EXILEのネスミスさんがInstagramに上げていたTJBBとのコンビニエピソードから同じものを探して買うクエストをクリアしたりしました。そうです、スケジュールがミチミチに思えるのですが実は合間は暇でした。その時間を何に使おうかとかなり必死。

ヨーグルト飲料は先に美味しくいただきました

そのあたりで現地集合のメンバーが一人追加され、慌ただしくお昼を食べているとTJBBのインスタライブが始まったので、直前のウキウキワクワク配信をそこで観ました。三越B1の店で餃子とか食べながら配信を観たのはかなり良い思い出。

www.instagram.com

そして、いよいよ会場の台北流行音楽中心へ。ここではタクシーを拾って乗りました。メーターが付いてるしぼったくりの心配はないなと思いながら乗り込んだんですけど、斜線変更してからウィンカーが付きっぱなしとか、完全に赤信号で進んだり、カーナビ代わりのスマホの充電が5%だったりかなり運転自体が怖くて泣きましたタブレットでは台湾の選挙演説がずっと流れてるし…しかも最後に釣り銭がないとか言い始めてもう大変。その時は何とかしましたのでここでエピソードとして供養して終わります。

 

会場到着&ライブ

会場内での認証ショットですがトレカがHINATAで佐藤陽さんすいません

▼割と画質のいい眺めの正規動画があったのでこちらも見てください!

youtu.be

 

めっちゃライブ楽しかったです!!!でも国民性か客層なのか場所のせいなのか私の席は立つと知らん人が「座れ」と言いに来たので、そういう意味では乗りきれなかったので、そのあたりはEXILEさんTHE JET BOY BANGERZさんのご両グループにはご理解いただきたいです。よろしくお願いします。それでは以下感想を箇条書きで。

  • 会場ではサプライズのためのスローガンが配られたり、ファンからの動画が流れたり、台湾でEXILEを待ってたファンの想いが溢れてるライブだった
  • 2曲目のHeads or TailsでTJBBも登場したんだけどキラキラ衣装で良かった いい男はスパンコールとかを積極的に纏うべき

www.instagram.com

  • 次のVICTORYで音響トラブルにより10分ちょっと進行が止まったんだけどEXILEメンがかなりポジティブに乗り切ってて軽率に「好きだ」となった 
  • 通訳ちゃんと使う気ある?
  • SECONDの曲とTAKAHIROのソロ、SHO HENDRIXのソロで分かれる感じもあったけど総じて歌が良いのでOKです
  • TJBBはJettin’とPHOTOGENICをやってくれて、PHOTOGENICの安心感すごい
  • フォトジェニック聴き過ぎて食傷気味だったんだけど普通に台湾でイントロ聞いた時にバチ上がりしたから多分めちゃくちゃ好きですね‼️イェーイ‼️
  • 声がカスカスでマジで使い物になれず本当にに悔しかったんだけど、D.U.N.K.に引き続きアウェイでもTJBBカッコよかったよ〜〜〜〜!!!好ハオ
  • Heads or Tails以外のコラボはChoo Choo Train、PERFORMER'S PRIDE、24WORLDやってて死んだ普通に…
  • チュートレでの16人のラインダンス本当に良かったから本当に何かで永遠に見られるようにしてくださいお願いします…ああいうのを見たくて私はLDHを好きになってるみたいなところもあるので…
  • 佐藤陽のオタクとしては、そのラインダンスの一番最後が陽のアクロバットだったの幸せ~~~~過ぎましたありがとうございます
  • PERFORMER'S PRIDEやPERFORMER'S D.N.Aはどんだけあってもいいです

www.youtube.com

www.youtube.com

youtu.be

  • ダンスソロの時に滝が跳ね起きしようとして一回普通に波打っただけなの珍しいなと思ったけどそのあとカバーしてて「つよい…」ってなったかっこよかったです(作文)
  • 24WORLDも永遠に継承してください

www.youtube.com

  • 24WORLDの全体的な曲の強さとメロディーの聴きやすさが大好きだ~TJBBのスリボにもパートがあったらもっと最高だった
  • でも今回はTJBBのボーカルもダンスパートに参加してて、まずそれがすごくよかった。一朝一夕にはできないよこれは。その中でも、晃多のダンスがめっっっっちゃ良くて「本当にすげえや」気持ち(基本的に陽しか見てないため上手にいたこたがよく見えた)
  • 24でTETSUYAさんから抱き寄せられて恐縮してた陽が良すぎたのでどうにか映像に残してほしい
  • Choo Choo Trainや24WORLDのLDHど真ん中の曲を踊る佐藤陽が本当に眩しくて好き以外の気持ちが出てこなくて困ってしまった
  • 24のばちばちかっこいいダンスPERFORMER'S PRIDEの一員としてはち切れて誇れるダンスをどっちもありがとう…涙
  • あと10回はチケット買って入れるセトリとパフォーマンスなのに1回きりってどういうことなん許すまじ

はい一旦、ライブについてはこんな感じでした。めっちゃ良かった。愛夢幸だった。

 

台湾出国

なんだかんだ18時に始まったライブが21時過ぎまでかかったので、そこからタクシーで台北駅に向かって、ついてすぐ友達と別れたらちょうどバスが行ったばかり。そのあとのバスでもチェックインには間に合いそうだけど、ギリ生きは避けるために桃園空港MRTで空港に。時間はあったのですが夜遅いから仕方なくセブンイレブンでご飯を買って食べました。ちゃんと辛くておいしかったです(3歳児の感想)

f:id:aooaao:20231210162448j:image

飛行機の出発時間の2時過ぎ(12/10)まで化粧落としたりしながらダラダラして、飛行機に乗って1時間の時差のせいで7時ごろ日本につきました!

本当に!疲れた!でも楽しかった!

喉は完全に死んだので明日耳鼻咽喉科に行ってきます。

 

はみ出しコラム

合間の文脈に入らなかったけど思い出にしたいところを抜粋

1.大人数あるある、海外あるあるが炸裂してて良かった

🔴林志玲尪率「放浪兄弟」來台開唱!姐夫AKIRA曝「想請五月天當嘉賓」 @newsebc - YouTube

2.あとはやっぱりAKIRAさんメロい

3.巧光の投稿としてもパフォーマンス前の投稿にしてもかわいい過ぎる

 

さいごに

私がTHE JET BOY BANGERZをちゃんと認知した日は明確に9/23(土)のTJBBオンライントーク会の日です。この日、友だちがオンライントークに参加するというのでいろいろ話を聞いていたらいつの間にか台湾に行っていました。そのおかげでマジで毎日楽しいし幸せだしTJBBを好きになって良かったなって本当に思います。

そこで何が言いたいかというと、私がこんなに狂ったTJBBの曲を聞いて!(配信3曲まだ追いつける)そしてMVを観て!(まさかの1曲しかない)お願いします。

 

あわせて、お時間がああればぜひリリースイベントに行ってみてください。基本はフリーライブイベントなので、彼らのかっこいいパフォーマンスが見られます。

 

今回は自分の旅行記に隙アリ宣伝をしているのでTJBBのメンバーがどんな人たちかも全然書いてないんですけど、それを知っていくのも楽しいということでぜひ色々見てみてください。比較的InstagramTikTokが好きな男たちです。

www.thejetboybangerz.jp

 

 

▼なにかあればこちらまで

https://twitter.com/00_________

 

 

2024.01.25 追記

せっかくeSIM準備したのにデータローミングオフにしてなかったせいで2日で6000円弱くらいの追加請求きてた。泣いた。

WHAT IS "XTC"? -D.LEAGUE 23-24 ROUND.3 SEGA SAMMY LUX-

これは私が最近ハマっている日本発のダンスのプロリーグ、D.LEAGUE*1について書かれた記事です。

------------------------------

XTC
略=ecstasy
エクスタシー◆通例Ecstasy◆1999年頃からアメリカの青少年の間で急激に流行している麻薬。幻覚作用があり、脳障害を引き起こす。正式名称=MDMA=methylenedioxymethamphetamine

xtcの意味・使い方|英辞郎 on the WEB

D.LEAGUE 23-24 ROUND.3でSEGA SAMMY LUX*2が披露した作品がこの"XTC"である。勝利こそ得られなかったものの、私は初めて見たその時からこの作品の魅力に取り憑かれた。

冒頭にも書いたように、"XTC"とはEcstasyのことで、簡単に言えば幻覚を見せる薬物のことである。まさしくこの作品を一度見れば、ドラッグのように観客を惑わせ、幻覚に誘い込むイメージと、その中で快楽と欲望に忠実に狂気を生きる孤独な魂のイメージのどちらもが想起される。

全ては哀愁を感じさせるように響くギターサウンドとボーカルから始まり、そこに呪いの言葉を吐くようなラップが乗り、すぐさま混乱の中でもがき苦しむ姿が眼前していく。

しっかりと真っ直ぐ前を向いているはずなのに、下には屍であり、傍観者のようでもあるありとあらゆる姿の自分がいる。一瞬、正気に戻ったと思えばそれまでの自分に苦しみ今にも破裂しそうな感情が溢れ出す。その場所から落ちていかないように、必死で足掻いてもどんどん沈んでいく。そのうちに忌々しい死神に取り憑かれたように身動きが取れなくなる。この場所では格好良く居続けなくてはならない、そう思いながら走り続けるのに、いつの間にか悪夢のような幻想の中にいる。出口のない暗い渦の中。確かなものはただこの舞台上に立ち続けたいという欲望だけ。

ステージ上で浴びる声援はまさにドラッグ。それは身体の奥底からアドレナリンを呼び起こさせ、全知全能かのような感覚に陥るとも言われている。その一方で、板の上では四方八方からの視線に射られ、丸裸にされ、孤独に晒されることもあるだろう。八つ裂きにされてゾンビのように思考が鈍っても、前に進み続けなければならない。なぜなら立ち止まってしまった瞬間に、歓声は鳴り止み真っ暗な空間に放り出されてしまうから。そしてまた再びあの圧倒的な感覚を手に入れるために、自分を曝け出し、思考を手放す。欲望に翻弄される姿そのものがそこにある。その苦しみながら欲望と対峙する姿を、ダンス表現だけでなく、ひとりひとりの繊細な表情や古さと新しさが入り混じるような曲で魅せていた。気づけばシンプルに圧倒されていた。

残念ながらこの作品で今シーズンの初勝利は得られなかった。それが分かった瞬間に彼らが味わった悔しさと苦しさは、"XTC"の中で「歓声を浴び続けたい」ともがく魂ととてもよく似ていると思った。「なんで」「どうして」「どうすれば」と自問自答する姿もまた、奇しくも彼らが表現しようとしていたものと近かったのではないかということだ。もちろん、これは勝利を手にすることで完成する作品であったはず。もしそうなれば、苦しむ魂も新たな形に姿を変えて新しい物語を紡ぎ始めたかもしれない。しかし、そうならなかった。皮肉にも。

私にはダンススキルのことなんて分からない。今、この時に"D.LEAGUEのパフォーマンス"として彼らが求められているものなんてもっと分からない。ただ踊ることが好きで、自分の中から湧き起こる「なにか」をダンスという表現で提示するしかない彼らを心底美しいと思うし、弱さと儚さを知ってますます強くなっていくことを信じている。

これが私にとっての"XTC"

簡単に後戻りはできない世界

f:id:aooaao:20231127232609j:image
https://www.instagram.com/p/C0JEwOUyasw/

 

SEGA SAMMY LUX - XTC(Dance Practice)#dancepractice - YouTube

映画『OUT』

f:id:aooaao:20231122003745j:image

STORY

「狛江の狂犬」と恐れられていた伝説の超不良・井口達也(倉悠貴)が少年院を出所した。地元から遠く離れた西千葉で、おじちゃん(杉本哲太)、おばちゃん(渡辺満里奈)が営む焼肉屋「三塁」で働く新たな生活をスタートさせた彼は、保護観察中で、次に喧嘩をしたら一発アウトの身だ。ところが、ひょんなことから千葉の暴走族「斬人キリヒト」の副総長・安倍要(水上恒司)と出会い不思議な絆で結ばれたことから、半グレ集団「爆羅漢バクラカン」との血で血を洗う激しい抗争に巻き込まれることになって……。

STORY | 映画『OUT』公式サイト

REVIEW

かなりオールドスクールな物語で作者=主人公のため時代感と台詞に小っ恥ずかしさを感じるものの、ヤンキー映画としては大満足。そのジャンル映画の中でも「年少から帰ってきたばかりで喧嘩ができない主人公」という設定のやや地味な系の話なのにも関わらず、脇を固めるのが水上恒司やJO1のメンバーと豪華なのは監督の力なのかも、と思わなくもないですが端々のチンピラがよしもと芸人で安心しました。
主人公の達也を演じるのは今引っ張りだこの倉裕貴。全然ヤンキーっぽい鋭さも感じないし元の絵とは全然違うな、と思って観始めたら達也でした。コメディー表現含めて感情表現が上手い。
先に書いた、水上恒司なんて「あれ、そうだよな?」と思いながら見ていたものの、完全にヤンキーで目を疑った。わざと声を低くしようとしてるのだけは気になったけどそれ以外はガタイの良さ含めてマジで要だった。おかえりだよ。
それと、丹沢敦司役の醍醐虎汰朗なんて『シガテラ』のイメージと違いすぎて、その上でアニメ過ぎるキャラクターをやべえ役だとならずに演じていてすごかった。マジでマイキーを頭の隅に寄せながら観てたけど、最後まで丹沢敦司で突っ走ってた。それもこれも、この作品の全体的なコメディーセンスが、物語やキャラクターとばっちりあってたからだと思う。そういう意味でも品川ヒロシ監督が適任だったのかなと。
JO1のメンバーも、元がかっこいいのにそれが悪目立ちせずに、なんなら溶け込みすぎて心配なんだけど?と感じるくらい自然だった。特に大平祥生の目黒修也にメロメロです。一方で、金城碧海が演じた沢村はあれでいいんだろうけど、碧海のオタクはどうだろう…?劇場で赤面のちに悲しくなって、最終的にはまあいっかってなるかも。
アクションは正直Vシネレベルかもと思うところもままあって及第点かな。比較対象が悪いかもだけど、『HiGH&LOW』くらい派手にやるか、『ガチバン』のように血まみれになってくれないと…という気持ちがどうしてもあり、そこは譲れないかもしれない。それでも、JO1のメンバーはやっぱり身体能力が高いんだろうなと思える身のこなしで、小柳心なんかは安定の重いアクションで良かったです。
この作品も続編がありそうな終わり方だったので、あればまた観たいと思います。その時は残りのJO1が追加戦士になるか、LDHから電撃参加させてくれないかな。よろしくお願いします。

 

関連記事

 

映画『オクス駅お化け』

f:id:aooaao:20231009225957j:image

STORY 

駆け出しのウェブニュース記者のナヨンは、ボーイフレンドのウウォンを助手に、アクセス数稼ぎのため、地下鉄オクス駅で起こった人身事故の取材を開始する。2人は取材を進める中で、被害者以外に「線路に子どもがいた」という奇妙な目撃談を耳にし、ある目撃者はとり憑かれたように謎の数字を連呼していた。やがて事件を追う2人の周囲で、次々とおぞましい変死が続発する。

オクス駅お化け : 作品情報 - 映画.com

REVIEW

古典的な怖さと面白さでちゃんとホラー映画として良いんだけど、Jホラー好きな人間からしたらいつまで『リング』をやるんだって思ってしまってだるかった。『ミンナのウタ』を観てた時にもいつまで『呪怨』やるんだろうと思ってたけど全く同じ。デジャブ過ぎる。みんな工夫を凝らして面白いホラー映画を作ってる人もいると言うのに怠慢だよ。

細かいところだけどこの感想を書くためにあらすじ読んでウウォンがナヨンの恋人だったと知って、だったらもっとちゃんと言えよとも思った。2人が恋人同士であの結末に至るのかそうじゃないのかって結構重要だと思うのに、頼って家に来たウウォンをソファに寝かせて、ナヨンはベッドにってそんなの恋人なのかよ。兄弟っぽい付き合いの2人だとしか思えなかった。

始終怪しげなまま、湯灌師のところとか、ホームとか色んなところに出てきた女も敵なのか味方なのか最後まで分からなくて本当にどういうことだったんだろう。最初に出てきて頭ガンガン打ちつけてた女も多分あの女だよね。彼女の顔色が悪いのは多分腎臓が一個ないからってことしかわからなかったよ。

最後にめちゃくちゃどうでもいいことなんですけど、女装男子が持ってたカバン、私も持ってる。

映画『まなみ100%』

f:id:aooaao:20231009222159j:image

STORY 

自分勝手で少し変わり者の“ボク”は、高校で同じ器械体操部に所属していた平凡そのものの女の子・まなみのことがずっと好きだった。高校時代、大学時代、現在までの10年間で多くの出会いと別れを経験しても、まなみに対するボクの思いは変わらず、その理由もわからない。やがて、まなみが結婚することになり……。

まなみ100% : 作品情報 - 映画.com

REVIEW

私は青木柚演じる「ボク」のことは全然好きじゃない。でもそれは多分人間関係において「ボク」と私がほとんど同じ振る舞いをしているからだからだと思う。同族嫌悪というか。あんなに自分と他人の境界を曖昧にはしないけど、他人に心許すことはないけど、見かけだけはオープンマインド。距離が近くなった時にその空虚なコミュニケーションを見透かされる。仕方ないよね。そうするしかないんだから。まなみちゃんのように、その人が大事だからこそ相手のことを考えて行動したり発言したりはできない。それなのに、ちっちゃなことにファンタジーや運命を感じてこだわるようなそんな人間。この話を作った監督だって、自分の経験に「特別なににか」を感じて映画にしてるわけだし。人間って面白い。

青木柚のチャラい役面白かった。なんでも出来るんだな。11/3(金)から放送されるEVOLがめちゃくちゃ楽しみなんですけどまた公式サイトもないのなんなの。

f:id:aooaao:20231009223843j:image

配信ドラマ初主演の三人が<トリプル主演!!!>【青木柚×伊礼姫奈×服部樹咲】衝撃のダークヒーロージュブナイル「EVOL(イーヴォー)」オマージュビジュアル初公開!!|DMMTV PR事務局のプレスリリース

は〜たのしみだな〜!

映画『BAD LANDS』

f:id:aooaao:20231009213135j:image

STORY 

大阪で特殊詐欺に手を染める橋岡煉梨(ネリ)と弟の矢代穣(ジョー)。ある夜、思いがけず3億円もの大金を手にしたことから、2人はさまざまな巨悪から狙われることとなる。

REVIEW

あんまり期待してなかったんだけど公開日に時間があったから観てみたら面白かった。映画を観た!という満足感。意図せず大阪の地で観られて良かった。

143分と割と長めなのに、それでもかなり物語もキャラクターも詰め込まれすぎてて回収し切るのかなと心配になったのも束の間、それなりに伏線回収していてまずそこが良い。安藤サクラ演じるネリと山田涼介のジョーの関係性が個人的なツボだっだんだけど、2歳差の兄弟というには無理がある気がするこの2人がもう少し年齢が近かったら、山田涼介の顔がもう少し綺麗じゃなかったらもっとリアリティがあったかもな。ネリの溢れる母性が全ての男を救ってる図はあまりにもオールドスクールなんだけど、そこも含めてこのジャンルの映画なら仕方ないかな。

平日初回の劇場にいたご年配女性2人組だけがクソみたいな天童よしみの血液ネタに笑ったのが本当しょもなかった。分かりやすく下品すぎる。こっちは黒のロンTとペンシルっぽい黒デニムにブーツの安藤サクラに恋し出るんだから邪魔しないでほしい。キャストで言うと金貸し屋でめちゃくちゃ暗躍してた林田を演じたサリngROCKが良かったですね、麗人だった。

 

ネリとジョーのことを考え始めたらけっこう本気でいけるところまでいける気がするんだけど、時間も元気もないのでここらへんで。

映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』

f:id:aooaao:20231009210957j:image

STORY

裏社会の掟を破り粛清の包囲網を逃れたジョン・ウィックは、裏社会の頂点に立つ組織・主席連合から自由になるべく立ちあがる。主席連合の若き高官グラモン侯爵は、これまで聖域としてジョンを守ってきたニューヨークのコンチネンタルホテルを爆破し、ジョンの旧友でもある盲目の暗殺者ケインをジョンのもとへ差し向ける。そんな中、ジョンが日本の友人シマヅに協力を求めるため、大阪のコンチネンタルホテルに現れる。

ジョン・ウィック コンセクエンス : 作品情報 - 映画.com

REVIEW

面白いけどやっぱ169分は長い!ようやく決闘始まる〜って思ったらそこから1時間くらい続いてた。まあでもそういうのも含めてジョンウィックだよなって思ったので良しとします。それにしてもこのまま終われそうだし、終わらなくても済みそうな終わり方だな。そうなったらまたリナサワヤマ出てくれるのかな。

個人的に一番テンションが上がったのは、アクション中にジャスティスのGenesisが流れた瞬間です。

あと真田広之の「できるだけ沢山殺していってくれ」の台詞でなんか泣けた(序盤の序盤)