取り留めもない

映画や舞台の感想書いたり、たまに日記も

劇団た組『ぽに』

f:id:aooaao:20211030213402j:image

あらすじ

 円佳(23歳 松本穂香)はやりたい事が見つからず、ひとまず海外に行く事を目標として、時給1000円でバイトシッターをしている。好きな人である誠也(24歳 藤原季節)の家に頻繁に寝泊まりしながら、生意気でシッターを奴隷扱いする男児・れん(5歳 平原テツ)の家から最近よく指名をもらっている。
ある日、いつもの様にバイトへ向かうが、業務中に起きた災害によって円佳はれんと避難せざるを得なくなる。しかし避難所は定員で入れず、2人は彷徨う事に。そんな最中、れんはいつも通り横暴で、限界に達した円佳はれんを置き去りにしてしまう。
円佳が誠也の家に帰宅した翌朝、れんは43歳の姿になって訪ねてくる。れんは「ぽに」になってしまったのだ。
激怒するれんの両親(豊田エリー金子岳憲)、業務外の事故として関知しない雇用主(津村知与支)、関係性のはっきりしない彼氏、ぽに化が進むれん、円佳の世界の輪郭はどんどん曖昧になっていく・・・

感想

た組の作品を今までいくつか見てきたけどその中でも特にファンタジーだった。なんだけど、それ以上に現実の濃度が高過ぎて咽せ返りそうになる。そんな不思議な手触りの作品だった。

そもそも「ぽに」ってなんだよって最後まで分からないままだったし、「ぽに」がどんな理由で目の前からいなくなったとしても対価は払わなきゃいけないのか。それなのになんで簡単にお祓い受け入れたんだ。ほんと、そういうとこが円佳なんだよな。周りに流されて、責任感なんて皆無で、それが他の人からしたら現実の残酷さから目を背けているように感じられて、幸せな時は良かったけど最悪な時は総叩きにあう。自分を大切にしていない人は、周りからも大切にされないんだなって深く思わされる。

もちろん、周りの人も人徳者ではないけど、円佳の引き寄せの力が働いている気がする。誠也との関係だって、出会いを知ったらもしかしたら上手くいったんじゃないかって思えたけど、お互いがお互いの駄目なところを引き出してしまっていて見てるこっちが苦しくて。円佳や誠也を見ていると正論より情緒で生きている人たちに嫌気がさしてくる。あと、弱みに漬け込んでくる大人もすごくきつい。た組の作品は泥臭い人間ばっかりだけど、過去一で無理な人が多かった。だから、正直後味最悪です。でも見て良かった。

https://natalie.mu/stage/news/451568