5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『Honey Boy』

f:id:aooaao:20200810092225j:plain

www.youtube.com

STORY

 大人のふりをしていた、12才の自分に会いに行く―
若くしてハリウッドのトップスターに躍り出たオーティス(ルーカス・ヘッジズ)は、撮影に忙殺されるストレスの多い日々の中で、アルコールに溺れるようになっていた。2005年のある夜、泥酔して車を運転し事故を起こしたオーティスは、更生施設へ送られる。そこでPTSDの兆候があると診断され、「まさか」と驚くオーティス。原因を突き止めるために、今までの思い出をノートに書くようにと言われたオーティスは、過去の記憶を辿り始める。真っ先に思い出すのは、父のこと。
10年前の1995年、子役として活躍する12歳のオーティスは(ノア・ジュプ)いつも突然感情を爆発させる前科者で無職の“ステージパパ“ジェームズに、振り回される日々を送っていた。そんなオーティスを心配してくれる保護観察員、安らぎを与えてくれる隣人の少女、撮影現場の大人たちとの交流の中で成長していくオーティスは、新たな世界へと踏み出すのだが──。

映画『ハニーボーイ』 公式サイト

感想

原作はシャイア・ラブーフの自伝で、本作主人公のオーティスはシャイア・ラブーフ自身と思われ、でも実際シャイア・ラブーフはオーティスの父親役を演じているという。なんとも自分自身をえぐっていくような作品です。『マザー』に続いて最近は毒親ものばっかり観ている気がする。特に好きなテーマってわけでもないのですが…

 

aooaao.hatenablog.com

 

 子供の稼ぎで生きていく親なんてザラにいると思うのですが、子供が「僕の(私の)おかげで生活できているくせに」と思わないわけがなく。大体そういう場面で親は激昂し、今回だとちゃんと働いている母親をけなす父親とどこまでもクズだなと感じはする一方、まだ意識はしっかりしているので救われているというか。『マザー』で長澤まさみが演じた母親は完全に自分を正当化していたので観ていてつからったけど、今作は子供から親への愛情が感じられました。わずかにね。シャイア・ラブーフが自分自身の過去を美化したかったといえばそれまでだけど、真実はわからないし。

貧しい親子がモーテルで生活しているのってアメリカあるあるなんですかね。そうなんでしょうね。その日暮らしでも住む家が確保できるから重宝するんでしょうけど、『フロリダ・プロジェクト』とか観てると割と楽しそうだなと思う。日本だったら長屋とかなのかな。あっちのほうが陰鬱な感じがする。

aooaao.hatenablog.com

 主役のオーティスを演じるノア・ジュプが出てきた瞬間、映画館の隣の席の女性が息を飲んだので「そんなにアイドル化してるの???」って思ったんですけどどうなんでしょう。かわいいからこれからめちゃくちゃ話題にはなりそう。泣き顔も良かった。あと個人的には最近ルーカス・ヘッジズをよく見る。『WAVES』に出てたし、来月観ようと思ってる『mid90s』にも出てる。 彼も観るたび大体泣いている。かわいい。あとFka Twigsは最高。流石に少女には見えなかったけど。

aooaao.hatenablog.com

 思ってたよりハッピーな終わりだったので「いいやん」って思ったけど、実際現実だったら悲しいなと思ったのでプラマイゼロです。

監督はアルマ・ハレルという方。i-Dなんかでドキュメンタリーを撮ってる人だそうで、そんなわけでFka Twigsも出たのかしら。今後の作品も楽しみです。

i-d.vice.com

 

公式サイト

gaga.ne.jp