5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『MOTHER マザー』

f:id:aooaao:20200704203317j:plain

いや~厭な作品だった。観たことないけど『誰も知らない』もこんな感じだろうなと。この作品の元になった事件について書かれた本は『誰もボクを見ていない』というそうです。

この映画の主人公であり、長澤まさみが演じる秋子という母親はもちろん、その母親が世界の中心だった息子の周平の気持ちも全く共感できない。母親がいわゆる毒親で、まあ本当にろくでもないのだけど、そんな人間を育てた祖父母も無責任だなと思えるから、結局誰のことも理解できないの。そこまで来ると完全に部外者として作品を観るしか無くて、日本映画を観る体験としては新しかったなと思う。洋画だと文化なんかの背景が全然馴染みない場合があるからままあるけど。

以下、ネタバレあります。

「ああ、これはどのルート行ってもだめなやつなんだな」と思いながら観ていて、賢くて素直な周平がどうして報われないのかってことばかり考えてたんだけど、それと同時に、例えば恋人同士の共依存と親子の共依存の決定的な違いについても考えさせられた。少なくとも、恋人同士の共依存は物事の判断基準が自分にあって、それを「選択」していると感じられるから一種清々しいというか、途中から勝手にやってくれと思うんだけど、親子の共依存って、判断基準さえも、親にあるように感じるからきっつい。だって、そういう判断をするように育ててるんだから当然だよね。つらい。クライマックスで母親の秋子が「あれ(周平)は私の分身。親がどう育てたって勝手じゃないですか」って言うんだけど、不思議とその考え方に真っ向からNOとは思えない。普通は完全に自己肯定できてる人間以外子供を「分身」として育てようなんて思わないじゃない?自分のだめなところは反面教師にしてほしいって思うじゃん?だけど、たとえば自分が「正しい」と思ってたら、自分と同じようにすればいいと思うし、自分ができないことを補ってもらうようにすることもできるし、それってよくよく考えればよくあることなんだなと。例えば、自分よりお金を稼げるようになってほしいとかね。そのレベル感が、ほかと違うだけで秋子もこの世界を少しでも生きやすくするために子供を育ててたんだなと今はなんとなく理解してる。共感はできないけど。

周平が「お母さんが好きなんです」って言ったとき、これほど悲しいことはないなと第三者は思いました。映画を観ながら何度「あんな母親捨ててしまえばいいのに」と思ったことか。でも好きなんだからしょうがないですよ。どう考えても周平は嘘を吐けない。一方の、妹はもう少し大きくなったら母親に見切りをつけるんだろうなとも思った。同じ性を生きる人間として軽蔑するとも思う。私が感じたように嫌悪すると思う。だけど、周平は違う。今後、距離を取ることはできても嫌いになることはだぶんない。そのことを思い知らされるとき、『MOTHER』というタイトルが胸に響いた。哀しいな。

ここからは明るいテンションでお送りします。

はい、この映画自体のメッセージや物語性はもちろんすごいのだけど、元ネタの事件*1の記事を読む限り、そのままな感じがするので作品の良さをとやかく言うのはなんか違うなと思っています。なので、ここでは準主役の息子・周平役を演じた奥平大兼(おくだいら だいけん)くんが最高だったという話をします。映画好きの方はここまでで大丈夫です。若手俳優が好きな人だけ残ってください。

www.stardust.co.jp

『MOTHER』のポスターとか観てたら、清水尋也くんみたいな感じかなと思ってたんだけど、動いてる奥平くん見たら「アミューズの顔っぽ…」となって調べてみたらスタダでした。私のセンサーぶっ壊れてるな。映画の中では始終「耐えてる」表情を見せてるのでそれがなんともぐっとくる。まだ使いたくないワードナンバーワンの「母性本能をくすぐられる」感はある。そしてボッサボサ髪と適当なメッシュが似合っていてすき…というのが今の私の頭の中の8割を占めています。これが初めてのオーディション、初めての演技、初めての映画ですって。末恐ろしい。あまりにもまだ情報が出てないので頑張って『MOTHER』のインタビューを漁っている中で仕入れた情報は下記です。

 

・子供の頃は空手をやっていて、「型」で何回か優勝した

・中学に入って部活でバスケを始めた

・渋谷でスカウトされて芸能界入り

・『MOTHER』が初めてのオーディション、初めての演技、初めての映画

・ピアノもやっていてショパンを弾くのが好き

・音楽が好きで、クラシックか洋楽を聴いている(がゲスの極み乙女も最近聴いている)

マイケル・ジャクソンレッド・ホット・チリ・ペッパーズがお気に入り

 

若いよ、2003年生まれ。怖いよ、好きって言ったら犯罪にならない???涙ボクロが罪。

あと、周平の更に子供時代を演じてた郡司翔くん*2もびっくりするくらい可愛かった。口元のホクロが罪。マスクしてるからって出てくるたび「かわいい…」ってつぶやいてた。周りの人本当に申し訳ない。

書きたいことを書いたので満足です。ちょっと気分は下がるけど映画体験としては最高だったし時間があればぜひ。ぜひ。あと、ちょっぴり『サラ、いつわりの祈り*3を思い出します。

 

 

mother2020.jp