DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

柿喰う客フェスティバル2017『八百長デスマッチ』

あらすじ

入学式を無事に終え、自宅へと帰るぴっかぴかの一年生(永島敬三)。そんな彼の背後をつけて来たのは、同じぴっかぴかの一年生(大村わたる)!?俳優2人による意地とプライドを賭けた演劇バトル! 

https://twitter.com/kaki_kuu_kyaku/status/915902483926368256

感想

永島さんと大村さんの組み合わせで思い出すのは『へんてこレストラン』

www.youtube.com

注文の多い料理店』が題材になっているから内容自体は大体の人が知っているのに、これがめちゃくちゃ面白い。もちろん中屋敷さんの演出が妙ということもあるんだけど、この二人の掛け合いが小気味良い。それが今回『八百長デスマッチ』で二人芝居になってそれはそこそこ楽しみにはしてたんだけど、それの10000000倍くらいは面白かったし楽しんだ(そのうち一割は玉置玲央さんが声高く笑っていらっしゃったのでそれだけで幸せになったというのがある)

いい大人が(いい意味)全力で馬鹿みたいなやり取りをしているのって、なんであんなに面白いんでしょう。たとえそれが子供同士の他愛ない口論であろうと、人が本気で何かをやってる姿って心動かされるんでしょう。っていうか、それをみてどうして心を動かされずにいられるのでしょうか。と言うくらいに笑って、最後はほろりとした。つまりはサイコー。

 なんていうか、基本的にこの二人仲良しなんだよね。それだけで幸せじゃん。ありがとう世界。30分だし、赤坂とか四谷あたりで暇時間が1時間くらいあるなら観たほうがいい。いろいろ考えさせられる内容でもあるけど、柿らしからぬ清涼感が胸に広がるから。マジで。