DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

RooTS Vol.05 『秘密の花園』

f:id:aooaao:20180121013810j:plain

STORY

日暮里にある古びたアパートの一室。この部屋に暮らすのはキャバレーのホステス「いちよ」(寺島しのぶ)とポン引きの夫、「大貫」(田口トモロヲ)。この夫婦のところに店の客であった「アキヨシ」(柄本佑)はもう二年もの間、毎月自分の給料を何の見返りも求めずに届けている。そんなアキヨシにいちよはよく「生まれる前の港で、契りを交わした」という話を語り聞かせていた。 一方で、いちよは町の権力者、「殿」(池田鉄洋)の甥っ子である「かじか」(玉置玲央)から熱烈なプロポーズを受けていた。そのかじかにもらった婚約指輪がどうしても薬指から抜くことができない。いちよをめぐり、3人の男達の想いが交錯する中、アキヨシはいちよにある事実をうちあける。そこへアキヨシの姉「もろは」(寺島しのぶ)も現れ、日暮里の森がおおきくざわつきだす。

秘密の花園 東京芸術劇場 

REVIEW

大人の男と女の「プラトニックラブ」は存在するのでしょうか。 わかりません。私にはわかりません。それは到底わからない疑問です。そして今日、私は大人の男と女の「プラトニックラブ」を見ました。想像していたよりも汗臭く、泥臭く、不格好でした。純粋というよりも無知に近く、愛というよりも執着に等しい。ひどく気の遠くなるような、噎せ返るほど美しい感情でした。

というように言葉の流れの良さだけで何かを書き綴ってしまいたいような、そんな気持ちになる作品を久しぶりに見た気がする。この時代の作品をあえて観たりはしてこなかったけれど、『ぼくらが非情の大河をくだる時』を観た時も同じようにこうして突き動かされた。

aooaao.hatenablog.com

その語り口。今では語りだすだけで違和感があるのに、それを聞いた私たちは逆にその次代に連れて行かれる。時代とともにあるような作品は、決して「今」の文脈だけでは語ることはできないけれど、そこが面白い。こんなことを言ってはいけないのかもしれないが、理解できるものだけが、考えることができるものだけが楽しめるものであってもいいのだ。知らなかったものは今から知ればいい。それでこそ文化的な行いなのだ。というのが私の思うところであります。

物語は前述した通り。寺島しのぶをあんなに間近に見たのに、曇りなく美しく、少女であり、場末の女でもある。物語の清らかさと不純さを象徴するような存在だった。アキヨシを演じる柄本佑を観ていて、映画『69 sixty nine』を思い出した。純朴な青年。なのに本当は何もかも知っていて、女を惑わせる。田口トモロヲが出てきてからはずっと、「さすがだな~」なんてしみじみと。その場の空気をすべて掻っ攫うような個性。相反するような普遍性をもったキャラクター。今思い出すと、よくいる「ポン引き」のような気もしてくる。「ポン引き」なんてそうそういないけど。イケテツさんは、『ドン・ドラキュラ』の時を思い出すけど、飄々としながら素で決めてくる、面白い役者さんだなと。

そして大事なカジカ役の玉置玲央。もともとこのお話の内容を知っていた訳ではないから、カジカというのがとんなものか全く知らなかったのだけどほんとに最高だった。これは玲央さんのための役なのでは。柿喰う客の公演では存分に発揮されるその身体能力も、大きな会場でも鳴り響くその声も、全部がカジカに備わる魅力なのだと感じさせるほどにそれはぴったりと合っていた。カジカのいちよに対する愛情表現は、欲しいけれど手に入らないおもちゃのために駄々をこねる姿によく似ていて、愛する人に少しでも見ていてほしくて無茶をする。無茶をする度、駄々をこねる度、客席に飛ぶ水しぶき。おそらくわざとやっている。真剣にふざけている。そんな姿が美しい。ついでにタラちゃんのような髪型はかわいい。

久しぶりに心が洗い換えらるような作品を観て、現実逃避の楽しさを思い出した。

関連記事

natalie.mu

social-trend.jp

東京芸術劇場『秘密の花園』01/13-02/04東京芸術劇場シアターイースト |

少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク セブン』

f:id:aooaao:20180121010118p:plain

www.youtube.com

STORY

 時は三代将軍、トクガワイエミツの治世。長き戦乱の世は終わり告げトクガワ幕府の元、天下の泰平は永劫に続くかに思われた。だが…。世を再び乱世に戻さんとする者が現われる。

東照大権現・トクガワイエヤス」。かつてトクガワ幕府を開き泰平の世の礎を築き上げたその人であった。冥府より黄泉がえりしトクガワイエヤスは「神」を名乗り、5人の亡者とともに瞬く間に日ノ本を手中に収める。民は嘆き悲しみ、日ノ本は闇に包まれる…。さらに、その魔の手は世界にまで伸びようとしていた。だが、その中にあってイエヤスに反旗を翻さんとする者たちがいた。人は彼らをこう呼んだ「ピカレスク◆セブン」と…

イエヤスの孫「トクガワイエミツ」は、異世界より召喚されし[七人の極悪人]を率いて日ノ本を奪還するための戦いを始めるのであった。だが、一筋縄ではいかない七人の極悪人。

その一人である「マクベス」は、すべてを裏切り、日ノ本を自らの手中に収めようとする。果たして日ノ本を手にし、世界をその手に収めるのはいったい誰なのか?七人の悪漢たちは裏切りの果てにいったい何を見るのか?今世紀最大のピカレスクロマンが幕を開ける。

年社中20周年記念第一弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト【ピカレスク◆セブン】

 REVIEW

×東映プロジェクトが嫌いになりそう。このプロジェクトのせいかどうかわからないけど、なんかこうキャスティングありきの、ヒーローてんこ盛りストーリー(そこに深いテーマはない)で楽しめるのはすごくすごくわかい子、5歳とかそのくらいだけかな・・・

そんな中でも最高だったのは鈴木勝吾さんですね!!!めちゃくちゃ優勝だった。単独1位。こんな気持ちは『東京喰種』以来です。

aooaao.hatenablog.com

現代日本であってもタブーなセクシャルハラスメント発言を繰り返し、女性差別をしながらも、なんであんなに麗しくセクシーなの・・・普通嫌悪しかないあのマクベスという役を自分の女性性に負けて「すき・・・」ってなってしまうこのやるせなさ。愛しさと切なさと心強さと。でも正直ここくらいしか面白いことなかったんだよな。シュートミヤザキのビジュアルがえっちいからチケット取ったんだけど、彼はいつもの通りハチャメチャに元気で、涙もろくて人気者な役だったし、まったくもってordinaryだよ。

好きか嫌いか聞かれたら、めちゃくちゃどっちでもいい。

www.shachu.com

年末年始で観たものとか

今回の冬休みは10日以上あったのでいろいろコンテンツの消費をしていました。まずはこれ。

Give Me Future

www.youtube.com

wired.jp

昨年は南米&アフリカムーブメントがあったなあと、音楽から離れていた私でもなんとなく感じていて、その中でMajor Lazerはまさにグローバルミュージックで席巻していたなと思う。作品自体は彼らのドキュメンタリーでありながら、キューバの若者が巻き起こす革命の瞬間を収めていた。特に、El Paqueteという人海戦術のコンテンツ配信サービスがすごい。創意工夫だなと思ったしキューバにめちゃくちゃ興味がわいた。

gigazine.net

ついでにこのあとめちゃくちゃHavanaを聴いた。

www.youtube.com

ドクター・フー Season3~6

 10代目デイヴィッド・テナントのドクターが見られるSeason3~4. 11代目マット・スミスのドクターが見られるニュージェネレーションをSeason6まで通して観ました。えらい。ドクター・フーって何?という人はこちらから。

log24= 日本にいる人のための「ドクター・フー」ガイド ~初心者編~

デイヴィッド・テナントはハイテンションドクター!って感じでそれでも大人だなっている食えなさがあったんだけど、そんなことはどうでもいいってくらいSO CUTE♡

f:id:aooaao:20180108231945j:plain

 愛着がわきまくりだったからマット・スミスになって寂しいだろうなと思ってたけど、彼は彼でめちゃくちゃ自由でわがままだし、良く死ぬ人間味が強いドクターでした。

f:id:aooaao:20180108232547j:plain

Season5から脚本家がシャーロックの人になったらしく、それはそれでどっちでもよかったんだけど、一話完結のドクター・フーの良さがなくなる前後半でまたぐ話の作り方は許さん。クライマックスにかけてそういう話があるのはいいんだけど、多すぎです。

ドクター・フーに関してはイギリス人らしいユーモアと、言葉の癖、あとはどの話もどこか哀しくってついつい泣いちゃうところが好き。先の話だけど、女性ドクターになったら愛せるか心配。少なくとも奥さんとのアレコレをレズ的ななにかにされるのは違う気がするんだ。杞憂であってくれ。

JOJI

これは映像作品ではないのだけれど、よく聴いていた歌手。

www.youtube.com

www.youtube.com

日本の血も入っているユーチューバーらしい。

www.youtube.com

www.youtube.com

気が狂っている(誉め言葉)

映画『キングスマン: ゴールデン・サークル』

f:id:aooaao:20180108220923j:plain

www.youtube.com

STORY

表の顔は、ロンドンの高級テーラー。その実態はスマートにスーツを着こなし、人知れず世界を守る最強のスパイ機関:キングスマン。しかし、謎の敵の攻撃により基地は壊滅。残された2人、一流エージェントに成長したエグジーと、メカ担当のマーリンは、アメリカの同盟機関:ステイツマンと合流する。しかし彼らは、表ではウイスキーの蒸留所を経営するコテコテにアメリカンなチームだった!果たして、2つのチームは文化の違いを乗り越えて敵の陰謀を阻止することができるのか!?

キングスマン ゴールデン・サークル || TOHOシネマズ

REVIEW

絶賛『ドクター・フー』鑑賞期間で、このイギリス英語になじみがあるうちに観てきましたキングスマン。ちなみにイギリスのドラマでは『ユートピア』も好きです。

www.youtube.com

 

キングスマン、紳士の映画っぽい振りして大体えげつない殺し方をするので信頼がおける。紳士の定義ってなんだよって思うけど気にしない。

エグジーに対しては可愛いなって感情しかわかないのだけど、なんでスウェーデン王女と付き合ってるんだっけ?顔だけ見てるとめちゃくちゃ幸薄そうで何とも言えない。普通にクララみたいな野性味ある子と付き合ってそうなのにエグジー。にしてもクララのしゃがれた声がセクシーだった。カーラ・デルヴィーニュのお姉さんだそうで。いろいろ頑張って。

ellegirl.jp

最終的に結婚式に至るわけだけど、なんだか『黒執事』のシエルの爵位を返還されるシーンと重なったのは多分私だけ。背が小さいのもかわいいよエグジー。

コリン・ファレルにあまり思い入れがないのだけど、一緒に観た友人が「彼にアクションをさせた人は最高」というニュアンスのことを言っていたのにはめちゃくちゃ頷いてしまった。わかる。

ジュリアン・ムーアにも大して思い入れはないのだけど、ただただ笑っているだけでサイコパスな雰囲気を醸し出せる女優って。美魔女じゃん。ついでに、ハル・ベリーも51歳には見えなかった。美魔女じゃん。

イギリス人、アメリカの基本南部しか見ていないような描写最高だったな。どんな世の中になってもウエスタンはウエスタンなのか。まあ英国紳士的な服装に対するウエスタンなんだろうけど。

今回はマーリンの優勝ですね。見てください。見たら優勝の意味がすぐ分かる。優勝です。あと、裏の勝者はエルトン・ジョンです。この映画で一生分のエルトン・ジョンを見た。

www.foxmovies-jp.com

映画 『ONLY SILVER FISH  オンリーシルバーフィッシュ』

f:id:aooaao:20180108171344p:plain

STORY

 「ねえ…あなたならどうする?一つだけ振り返る事が
できるとしたら…。たった一度だけ…大切な過去を…。」

舞台は古い洋館から始まる。屋敷に置かれた大きな水槽の中にはオンリーシルバーフィッシュと呼ばれる一匹の寂しい魚がいて、その魚の本当の名前を知る事ができれば、過去を振り返る事ができるという伝説がある。
そんな洋館で和やかに始まるはずのパーティ会場に届く、一通の不可解な招待状。
『幸せのサインを始めた瞬間、一人ずついなくなる。アガサが書いたであろう物語のように・・・。』
偶然に、しかし必然に集まった11人。そして現れる、謎の人物。
一人・・・また一人と死んでいき・・・物語が、現実を巻き込んでゆく───。

映画 & 舞台 『ONLY SILVER FISH | オンリーシルバーフィッシュ』

REVIEW

ここのところタイムトラベル系のドラマをずっと見ているので、本当にタイムリープするのかと思ったけどそうじゃなかった。哀しい物語ではあるけど、特異な話でもなくて、だからといってよくある話でもない。人が人を愛して、人が人を試して、諦めるために物語に縋る。私そんなに西田作品を見ていないのだけど、ここらへんとbpmのお話の感情の動きや似たものを感じる。

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

特に『アヴェ・マリターレ』はシチュエーションも似てるからそう思ったのかもしれないけど。アヴェマリは幸せな結婚のお話だったけど。

少しだけネガティブな感想。

見えている世界が反転するようなお話ってある程度の耐性ができると「やっぱりか」みたいな気持ちになってしまうのを止められない。なんだろう、心が汚いのかな。『天球儀』の時もそんな風に感じた。物語を物語るために作為的にキャラクターを動かしているような気がしてしまう。ミステリーなんてそんなものなんだろうけど。よく考えれば主人公のマシューも、初めから最後までずっと苦しそうだった。定められたエンディングに向っていくのが嫌だと叫んでいたような気さえする。むしろそう考えた方が救いがあるんじゃないかって。マシューを狂っていると糾弾できるほどに私は聖人ではないし、彼にとってはエミリーを救う最後の手段だったし、ONLY SILVER FISHなんかなくたってロイだってどこかで振り返れたかもしれないのに。マシューが振り替えることができるのは「裏切られている日々」だけなんだと思うと哀しい。人間、慈悲も慈愛もないのかしら。

この作品の中で私は松田凌という俳優のあらゆる感情を目の当りにした。と同時に、少しだけ同じ感情の繰り返しのような気もした。彼が喜び、怒り、悲しみ、楽しむ姿はどこかで見た気もするというような既視感。それは私がよく見ているからなのかもしれないけれど、今回のそれでは彼の魅力を表現するには足りない。気のせいなのかな。あと何回か観れば変わってくるのだろうか。どちらにしても現在進行中で私の感受性が怠惰になっているのは確かだし、今年はもっと多感でありたいと思った。

途中まで、これネタバレまでたどり着くのだろうか・・・と心配になったけど、きちんと2時間で楽しめる和製ミステリーとしては面白かった。あとは映画でどんな風に感触が変わるのかが楽しみです。

どうでもいいけど「ウキウキウォッチング」でピンと来てない観客多すぎだろ。新宿という地で見るいいとも青年隊だぞ。

www.mmj-pro.co.jp

ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-

f:id:aooaao:20180108140528j:plain

www.youtube.com

STORY

19世紀の英国。セバスチャン・ミカエリスは、名門貴族ファントムハイヴ家に仕える万能の執事。
しかし、その正体は、13歳の当主シエル・ファントムハイヴと契約した“悪魔”だった。
女王の密命を受け暗躍する“悪の貴族”シエルと共に、裏社会の事件を闇で片付けている。
契約が完了する最期の日まで――。

ある日、「死者蘇生」の噂を耳にしたシエルとセバスチャンは、その真相を探るうちに
「医学による人類の完全救済」を掲げる秘密結社・暁(アウローラ)学会の存在にたどり着く。
二人は調査のため、暁(アウローラ)学会の集会が開かれるという豪華客船『カンパニア号』に乗り込むが…。
華やかなはずの処女航海に隠された真実が、いま解き明かされる。

ストーリー|ミュージカル「黒執事」-Tango on the Campania-

REVIEW

昨年のサーカス編に続き、観てきました生執事。

aooaao.hatenablog.com

総論としてはまず内川蓮生チャンが大きくなってた。お歌も上手くなってたし、シエルとしての佇まいがすごく様になていた。それに今回はリジーもいたことで、シエルが子供であることとファントムハイヴ家の伯爵として生きていることがくっきり対比されてもうなんていうかすごくシエルだった。

そして古川セバスチャン。前回より顔が小さくなってる気がするんですけど、きのせいです?もしかしたら脚が長いからそう見えるの?さすが5メートル(?)あと「あ~~~~あ~~~」と裏声は作曲家の趣味だと思うんですけど、最高ですね。3時間くらい聴いていられる。ミラクルです。っていうかどんどん悪魔みが増してるっていうか、過去の回想シーンが一番好きなんだけど、ああいう関係性を表現するにはふさわしいビジュアルと嫌味な喋り方だと思う。

カンパニア号といえばリジーなんですけど、ほんとリジーがリジー過ぎてってさっきと同じようなことを書いてしまうけど、めちゃくちゃかわいかった。かわいくて強くいリジー。ヒールを履いて虚勢をはるシエルの隣で笑ってるかわいいリジー。殺陣も鮮やかに決めていて本当にすごい子だよ。歌い方がなんかちょっぴり演劇女子部をお追い出してしまった。

初めて生で見たグレルめちゃくちゃ好きですね。味方ロナルドとの絡みがよい。味方くんは滑舌の人なのでついそういう話し方を期待してしまうのだけど、チャラいっていうか軽い人でした。軽薄そう。

もう一人の主役はアンダーテイカーですが、これに関していうと物語を知らない方が楽しめるよね。知ってても最高だけど。漫画で読んだときはもうちょっと憂いを帯びた麗人だったなって感じだけど和泉さんが演じるとコミカルさがあってそれもまた良い。子爵との掛け合い?も楽しい。ところでししゃくの出オチ感がすごかったんだけど、単体の歌としては彼の曲が一番楽しかった。自然と拍手してる自分がいた。

にしても自分にとってミュージカルとしてめちゃくちゃ好きだと思える作品は少ないから、ミュージカル黒執事が永遠に続いてくれればいいなと思うのでした。

公式サイト

www.namashitsuji.jp

www.youtube.com

映画『牙狼〈GARO〉神ノ牙-KAMINOKIBA-』

f:id:aooaao:20180107000252j:plain

www.youtube.com

REVIEW

牙狼自体めちゃくちゃ久しぶりに見たんだけど、懐かしい~~~!まず主役の栗山航くん、個人的には『グランギニョル』ぶりなんだけど、どこに居ても大体後輩面な感じが面白い。もちろん、演じてる時はちゃんと流牙だし、闇を照らすものから比べると成長してるな~と思うんだけど、池田純矢と青木玄徳に挟まれてるとなんか。いつぞやの温泉旅行を思い出してしまうよね。

池田純矢が演じた蛇崩猛竜は感慨深かった。池田純矢面白いなと思い始めた頃に観たのが牙狼で、妙な女ったらしのこの役がなんかツボってしまってめちゃくちゃ好きだった。いや今でも好き。役としてなのか、役者としてなのかオヤジ臭くなったのも笑えるけど、やっぱり蛇崩猛竜好きだな。うん。

楠神哀空吏なつね様を見るたびに、その眉毛の角度への執念をいつも感じるのは私だけでしょうか?今回は哀空吏の「俺も鎧はない!!!」でめちゃくちゃ笑わせていただいた。そんなに威張らなくてもいいがな。

三人が揃ったのは嬉しいけど、哀空吏の幼馴染への恋心も別に広がらなかったし、もうちょっとキャラクターが経てきた歳月を掘ってくれても良かったなとは思う。俳優のオタクだから我儘なんですよ。知ってた。

あと普通に井上正大氏のジンガ、性癖過ぎるからやめてほしい。好き過ぎる。なんで私が戦隊とかライダーに比べて牙狼の方が好きなんだろうかって考えた時に、もちろんアクションとかそういうのもあるけど、全体的にゴシックな雰囲気が好きなんだなって実感したし、その中でも白銀の人なんて無理でしょ。指先まで最高。魔戎法師を好きな顔にしちゃうのも自由すぎてほんと好き。ありがとう。

あとラスボスがこれにしか見えなかった。

f:id:aooaao:20180107003223j:plain

gigerdarkstar.com

にしても観るごとに池田純矢は舞台挨拶でうるさいな(いい意味)

公式サイト

garo-project.jp