5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『チワワちゃん』

キャストと監督で観ることは決めてました。でも最近の心の映画離れからして観に行かないままま終わるかもななんて思っていたんですけど、なんたってTLの人気が高い。通っているネイルサロンのBTSファンのお姉さんも「観たい」という。どうなってるんだ。そんなに注目されてる映画じゃないだろ。みんなあれだろ。『ボヘミアンラプソディー』観に行くんじゃないの?ってなりながらチケットを取りました。

余談ですが、二宮監督は卒制で作ったという『スラムポリス』で度胆を抜かれてからおひさしぶりですって感じで。以前は新宿武蔵野館だったんだけど、今回はバルト9ですか。すごいですね本当に。パンフレットで監督が、卒制の公開時に声をかけてくれたプロデューサーに「この作品(原作の漫画を読んで)やりたい」言ったことからスタートして、可能な限り希望のキャスティングが叶って作品が出来たらしいことを知るとなんか持ってる人だなと思わずにはいられない。これからも期待しています。

話は戻って『チワワちゃん』、岡崎京子の漫画の中にある若者の焦燥感と欲求、孤独感を如実に描いていて、TikTokみたいな映像やテクノ系の音楽も個人的にはドンズバだった。いろんな人も言ってるけどチワワちゃんが好きな曲がPale Wavesってのも良い。完全ポップでもなく、とは言え玄人好みのCrystal Castlesみたいな振り切れた感じもなく、すごくちょうどいい。誰もが心の中に持ってるメンヘラなところがくすぐられる。

話については概ね観る前の想像通りだったけど、想像通りというのはもしかしたらまだ自分が彼らみたいな心を持ってるからなのかもしれないなと思った。事件の解決に繋がるような人も話題もないけれどそれは警察が探し出せばよい。こういう物語になるのは、そういう真実とは別にチワワちゃんを少しずつ孤独にしていって、誰にも相談できない状況に追い込んでいった原因の方。「青春の自爆テロ」という言葉がしっくりくる。ひたひたと最期に近づいていったチワワちゃんを誰も止めることができなかった。だけど、物語の誰も自分が止められたとは思っていない。どうしようもなかったと責任から無意識に逃れている。命の終わり方は違うけれど『青い春』の青木や『13の理由』のハンナの死んだ理由にすごく近い気がしている。

『13の理由』を観るべき13の理由 - i-D

群像劇の中で、一人一人と大人になったり変わっていったりするのに自分だけ取り残されていく。あるいは、誰とは言わずみんなに少しずつ自尊心を傷つけられ、裏切られ一人になる。気持ち悪いくらい言うけど昔の人の本なので『死に至る病』はみなさん読んでください。人間の根本です。

全然関係ないけどみんなタバコ吸いすぎな。最近の若者はあんなに吸わないだろ。

もう一回ぐらい観に行きたいし、DVD出たら買いたいなと思いながら、なぜかまだ観たことのないラリークラークの『KIDS』を観たくなった。借りてこよう。

 

2018年総決算します!!!

すいませんめちゃくちゃブログさぼりました。

いろいろありました2018年。なんか公私ともに充実したと思いきや結構面倒くさい人生を歩みだしてしまったなという感じなんですけどまあそれはこの世界のどこかにある吐き出しブログをご覧ください。

それはおいておいて、まずは映画から。

映画

1.君の名前で僕を呼んで

aooaao.hatenablog.com

2.勝手にふるえてろ

aooaao.hatenablog.com

3.フロリダ・プロジェクト

aooaao.hatenablog.com

4.ア・ゴースト・ストーリー

5.生きてるだけで愛

順番とか特にないんですけど、ハチャメチャにアーティスティックな話かくっそこじらせた恋愛ドラマの二択になってしまいました。『君の名前で僕を呼んで』とか『勝手にふるえてろ』はいろんな人がおすすめしてたと思うんだけど、『フロリダ・プロジェクト』とか『ア・ゴースト・ストーリー』はふらっと見て結構思い出に残ってる。とはいえあんまりガツンと記憶にないな…死んでたのかな私…

舞台

1.秘密の花園

aooaao.hatenablog.com

2.Take Me Out 2018

aooaao.hatenablog.com

3.紛れもなく、私が真ん中の日

aooaao.hatenablog.com

4.貴方なら生き残れるわ

5.美少年

後ろの2つ感想書いてなくてすいません。『貴方なら生き残れるわ』ではめちゃくちゃいい俳優達を見られたな、埼玉まで行ってよかったなって感じだったんですよね。主演の藤原季節くんはもちろん、部長をやっていた中島広稀くんにも心を奪われました。実質の主役。同時期にドラマの『部活、好きじゃなきゃダメですか?』観てたのもあって「部活ってそういう感じだったよな」って自分自身のことにもつなげて考えたり。正直、部活なんてそれそのものはどうってことなくて、単純に人間関係だったよななんて。

『美少年』は明日まで絶賛上映中ですが、なんていうか少年の美しさ(儚さ)とか馬鹿馬鹿しさと紙一重のアート(芸術)とか。なんていうか真面目にやればもっと真面目になるんだろうけどそうはいしないのが柿喰う客。いいよ。すごく好き。あとは加藤さんを(一応)美少年に仕立てたのもいい。ありがとう中屋敷さん。来年もよろしくお願い申し上げます。

ライブ

今年はELLEGARDENとMURA MASAのライブに行きました。前者は高校からのアイドルだったのでめちゃくちゃ高まってしまって、全曲大声で歌う始末。

MURA MASAは今年好きになったんですけど、いろいろ思い出深いアーティストだし、12月のライブ最高だったしもうなんていうか今年の人ですね。あんまり伝わらないと思うんでMVを貼っておきます。とりあえず洒落てるんだ見てくれ。www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

東京公演にはNAOもOAで来ててそっちも最高だから。

www.youtube.com

www.youtube.com

MARA MASAに話を戻るけど、チャーリーXCXとコラボしてるこの曲は私の精神を落ち着かせる最も有効な薬になりました。いい薬です。

www.youtube.com

なんかこれで総決算と言っていいのか。ちょっとPC使わずにうまくブログ書けるようになりたいなって最近では思うんですけど動画とか貼ろうとするとやっぱ無理なんですよね。うーん2019年もがんばります。

ミュージカル『マリーゴールド』

f:id:aooaao:20180917174645j:plain

www.youtube.com

marigold.westage.jp

REVIEW

また新しい悪夢が始まってしまった。物語についてはあんまり詳しいことは書かないから読んでいてなんのことやらな人もいるかも知れないけれど要点ついてめちゃくちゃネタバレをするから注意。

前から言うように私はソフィとウルに重きをおいている人間なのでソフィがアナベルとした約束がとても気になる。ソフィ・アンダーソンという人間という存在がとてもこわい。と似たようなことを以前も書いていた。

aooaao.hatenablog.com

あれだけ口説いたガーベラを秘密の花園ではゴミのように切り捨てる。まるで「僕と君とは違うんだ」と言いたげに。恐ろしい。ソフィにとって最も重要なのは死であり、死んだ者たちなんだろうなとい気持ちにもなる。その複雑な役柄を演じた三津谷亮先輩。どんな思いだったんだろうな。あの純粋なソフィが完全に心を病んでしまっていて。

ameblo.jp

三津谷先輩は強くなっていらっしゃった。簡単な言葉でいうとソフィは完全なメンヘラなんだけど正気に戻る瞬間があまりにも可哀想過ぎてそのままでいいのかもしれないなという気持ちにもなる。

ガーベラのことを考えようとすればするほど馬鹿な私の頭はパンクしてしまうのでやっぱりソフィのことばかり考えてしまう。そのくらいひとりひとりの物語が充実している。だからこそ何回も観ないとなという気持ちにはなるんだけど、だとしても設定や伏線が盛り込まれすぎていて少し消化不良気味になってきた感じも否めない。好きなんだけどね。好きだから余計にキャラクターが皆愛すべき存在としてそこに存在できないことは悲しい。悲しいの。

映画『オーシャンズ8』

f:id:aooaao:20180917170011j:plain

www.youtube.com

STORY

仮出所したデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)は、服役中に考えていた犯罪計画を実行しようとする。それは、ニューヨークで開催される世界最大規模のファッションの祭典メットガラに出席する女優ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)が身に着ける1億5,000万ドルの宝石を盗み出すというものだった。デビーは旧知の仲のルー・ミラー(ケイト・ブランシェット)を相棒に、ハッカー、スリ、盗品ディーラーらを集めてチームを結成する。 

オーシャンズ8 (2018) - シネマトゥデイ

REVIEW

いきいきする女ってなんかエロい。もちろんイイ女って意味で。

そもそもなんで観に行こうと思ったのか全く思い出せないんだけど、なんにも考えなくていい作品を観たいなと思ってたんだたぶん。全くそのとおりの爽快な映画で屈託なく楽しめた。個人的な感想としては、ケイト・ブランシェット演じるルーは友達としては最高だけど恋人としてはクズなんだろうな感があって良かった。絶対一人でどっかに行っちゃうタイプじゃん?あとアン・ハサウェイの無敵の可愛さ。ほんと無敵。ちょうど出産後の太ってる時期だったって言うけどそうなの?カーヴィーな方がでめちゃくちゃセクシーじゃん。まあいうほどカーヴィーでもないけど。話はそれるんだけど、アシュリー・グラハム綺麗だよね。

www.youtube.com

 ってなわけで、オーシャンズ8からの11、12、13をネトフリで観ましたという報告でした。以上です。