5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』

f:id:aooaao:20180513211614j:plain

www.youtube.com

STORY

6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、“世界最大の夢の国”フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルで、その日暮らしの生活を送っている。シングルマザーで職なしのヘイリーは厳しい現実に苦しむも、ムーニーから見た世界はいつもキラキラと輝いていて、モーテルで暮らす子供たちと冒険に満ちた楽しい毎日を過ごしている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく———
映画「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」公式サイト 2018年5/12公開 

REVIEW

真綿で首を締められるようなそんな気分だった。ムーニーが笑えば笑うほどきっとやって来る最悪な結末が受け入れられなくなってしまうことが分かっているから。まあその結末っていうのがこの映画の一番残念なところで、端的に言えば映画『エスケイプ・フロム・トゥモロー』を観た時のあの感覚が蘇ってきた。いやあの場所の使われ方は全く違うんだけど悪趣味な使い方してるなっていう感じ。伝われ。

escapefromtomorrow.jp

ヘイリー役のブリア・ヴィネイトはこれが映画初出演っぽいけど、心の中はまだ子供な感じがにじみ出ていてあれは演技ではなかなか出ないだろうなと思った。なんとなく雰囲気がハーモニー・コリンの映画に出てそうな女性。って思ったらマシュー・マコノヒーザック・エフロン出演のハーモニー・コリン監督作『The Beach Bum(原題)』に出演するらしい。分かる。っていうことからも分かるようにこの作品の配役がメチャクチャ素晴らしい。ムーニー役のブルックリン・キンバリー・プリンスは8歳にして素晴らしい経歴なだけあってさすがの演技力。ラストシーン、親友のジャンシーに会いに行って総てを悟ってしまったことを吐露するシーンではもう手を差し伸べることさえできないからつらくてつらくて。どんなことがあっても幸せになってほしいと思った。ジャンシー役のヴァレリア・コットは「監督から現場近くの量販店でスカウトされオーディションに参加した」ってなにそれすごい。厳しくも優しいモーテルの支配人・ボビーは彼自身家族と複雑な関係っぽいけど、だからこそヘイリーとムーニーをできるだけ守りたいという気持ちがありそう。ウィレム・デフォー様様。

日本の下層社会の作品っていうとこっちもそれなりに想像出来るし、良作でない限りしんどいから観たくないと思うんだけど、この作品ではそういうつらさはそこまで感じず、どちらかというとネグレクトもせず愛し合って生きていこうとしていた親子がどうして離れ離れにならないといけないんだろうっていう想いが強かった。でもどちらにも共通するのは下から這い上がることの難しさなんだろうなと思う。

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

日本の映画だったらここらへんが素晴らしいです。『無垢の祈りは』親子関係が今作とは異なる系のしんどさ。

ショーン・ベイカー監督は『タンジェリン』からスピード感のある物語の巧みさと「どうにもならない人たち」の表現がうまいなと思っていたけど、今作で鮮やかな世界観とそれと相反するようなリアルな人たちを描かせたら間違いないなと実感した。

aooaao.hatenablog.com

あとこれだけは言いたい。ショーン・ベイカー監督はイケメン。

 

公式サイト

floridaproject.net

関連記事

i-d.vice.com

i-d.vice.com

gigazine.net

theriver.jp

「それからもう1つ、早い段階で気付いたことがありまして。“撮影現場に砂糖はダメだ!”って(笑)。子どもたちが超元気になっちゃうから。実は劇中に登場するアイスクリームやグミも全てシュガーフリーなんです。」 

www.fashion-press.net

月刊「根本宗子」第15号『紛れもなく、私が真ん中の日』

f:id:aooaao:20180513195224p:plain

REVIEW

衝動的に、と言っても結構前の話だけど、ねもしゅーの舞台が観たくなってチケットを取った。橋本愛が出た作品ぶりかな。いつ行っても劇場に広がる彼女のアイドルっぽい持ち上げられ方が慣れない。

でこれがやっぱり面白かったわけです。当方、女子校出身なのであの女子のイチャイチャ感とか団結感とか見に覚えがあり、とは言え私立の女子校ではなかったからあんなに貧富の差でものを言われたことはないけど。あれだけの出演者でお送りするのは大変だともうけど、誰一人不要な役割はなかった。それ自体が女子校の塊みたい。静かにしていて殆ど何もしゃべらない子がいないと主役は成り立たないみたいなそんな雰囲気。そういう意味では確かに女の子たちの話ではあるけど、どっちかというと「主役になること」の方に注目して見ていた。始まるまでどんな内容かだいたい分からないねもしゅーの作品だけど、ビジュアルが出た時点で「誕生日の話なんだろうな~」くらいには思ってて、今日が誕生日の子を集めて何かが巻き起こる話なのかと考えてたらそうではなくて、ちゃんと一人の子の誕生日のお話でした。まあその子が主役かどうかは別として。なんていうか、どんな物語でも全体の主役とその瞬間の主役は別にいる時がある。特定の人が状況や身の上を話して注目してもらうような時間。話を進めるためには必要だし、誰もがそれに無意識的なんだけど、今回は起こる出来事総てに「今日は私が主役なのに」というヤマちゃん(誕生日のお金持ちの子)の視点があって面白かった。そういう観客の視野を広げるフォーカスの仕方が本当に上手い。さすがねもしゅー。ちなみにヤマちゃん(中学生)が高校の同級生にそっくり過ぎて動揺した。

主役のはずの日に人生の最悪を味わうことになったヤマちゃんには本当にドンマイの気持ちしかないし、ただそんなヤマちゃんにおせっかいを焼きまくるショウコちゃんの気持ちも分からんでもないし、正義感強めなサラちゃんのことは嫌いになれないし、モネちゃんは心配しなくても上手くやる子なんだろうなと思うし、モモコちゃんの家族はどうやってお金持ちを保ったのか(慰謝料的ななにかかな)気になるし、私が一番好きだった会長の本名を教えてほしい。

それにしても柿喰う客の福井夏ちゃん。作品中で「何かしでかしそうな子だ…」と思ってたらまんまとやられた。ヤバい奴には変わりないんだけど、彼女の存在も「人の気持ちになって考えるということはそんな簡単にできないし、場合によってはそれを拒否することもある。それが人間なんだ」ってことを上手いこと表現しているよなと思った。ヤバい奴なんだけどな。

やり取りに笑って最後は少しホロッとする。結局はねもしゅー最高なんじゃないの?

natalie.mu

作・演出:根本宗子
出演(五十音順):伊藤香菜、大竹沙知、岡美佑、尾崎桃子、川村瑞樹、小林寛佳、近藤笑菜、城川もね、椙山さと美、高橋紗良、チカナガチサト、中山春香、比嘉ニッコ、福井夏、藤松祥子、増澤璃凜子、森桃子、安川まり、山中志歩、優美早紀、李そじん

過去記事

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

4月の映画と演劇まとめ

充実の100乗くらいな感じです。

映画

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

演劇

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

映画『君の名前で僕を呼んで』

f:id:aooaao:20180513155801j:plain

www.youtube.com

STORY

1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく……。

映画『君の名前で僕を呼んで』 | 4/27(金)TOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテ、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー!

REVIEW

観る前からエリオかオリバーのどちらかが傷つく物語なんだろうなと思っていて、どちからっていうとオリバーかなという感じだったからそういう意味で裏切られた。もちろん芸術作品として良い意味で。

貧富の話ではなく、エリオは非常に恵まれた環境にいる。聡明で理解ある両親、美しい住居、多感で繊細な友人たち。その総てがエリオという人物を育て、彼もまた聡明で美しく多感で繊細に形作られてきた。彼はただ自分の感情のままに動くことなく、順序を追って確かめながら、でも時には突拍子もない言動でオリバーを魅了する。

そんなオリバーもきっとエリオのように恵まれた環境で生きてきた人物なのだと思う。あのラストも単に彼の狡さのためでなく、彼らの生きる社会の表現とそして対するエリオがまたひとつ成長するための行動だったのだと信じている。個人的にはオリバーには一生エリオを引きずって生きてほしい。

人にはその人を形成するのに必要な物語がある。エリオがこれからどんな人と愛を育むのかは分からないけれど、その度にオリバーのことを思い出すのだろうと思う。もしかしたらオリバー以上に愛することが出来るかと考えるかも知れない。そうして例え上手くいかなくても彼はその相手に「無駄な恋だった」と思わせることはない。彼がそれだけの人格者になるとこの物語を観ただけで思ってしまった。

どんなにつらくてもそんな恋を一生に一度はしたい。

natalie.mu

映画『となりの怪物くん』

www.youtube.com

tona-kai.jp

STORY

 行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。二人は高校1年生の4月、雫がとなりの席で不登校の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。

それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心惹かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。

そんなある日、春の兄・優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。

なぜ、春は“怪物”になったのか?
そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は −−−?

映画「となりの怪物くん」公式サイト|ストーリー

REVIEW

なんていうか物語的にはよくある感じ何だけど、映画として実写化して最高なのではと思ったのは割りと珍しいかなと思う。確実にあんなワンコみたいな菅田将暉を観られたファンは幸せなのでは。それに土屋太鳳ちゃんがなんていうか彼女に合った役というか、個人的には『人狼ゲーム ビーストサイド』以来の当たり役なのではと思うほど。仏頂面でたまに笑う感じが好きだよとても。この二人に関しては演技も上手いし特に言うことはなかったんだけど、一つあるとすれば良い場面でのアベンジャーズ並のアクションエフェクトはメチャクチャ笑ってしまうのでやめてほしい。

あとは池田エライザのことがわりかし好きになった。自分のことをかわいいと自認していてくれたほうが清々しくて良い。それに山田裕貴の当て馬感には磨きがかかってたなと思って好きです。

こういう映画は割りと心が荒んでる時に観るとなかなかに多幸感というかほっこりするのでおすすめです。作中の曲がまあ見事に西野カナしかないんですけどこんなに西野カナに感謝したことはないなって感じ。控えめに言って最高でした。

モダンタイマーズ『嗚呼いま、だから愛。』

f:id:aooaao:20180430220347j:plain

モダンスイマーズ - NEXTSTAGE - 句読点三部作

REVIEW

愛されない、愛されたい。そんな風に思うのは周りにすがる人が居るからだ。それは友人かも知れないし、恋人かも知れない。でも誰もいなければ愛されたいなんて思いもしない。妥協で構ってくれるほどみんな暇じゃない。だからこそ多喜子の叫びはわがままに聞こえさえする。持てるの人間の悩みなのだ。確かに「不細工」なことがきっかけだったのかも知れない。けれどそれに甘えたのは多喜子自身だ。不細工のキャラクターをまとっていつも欲求不満。変なことばかり勘ぐって。まるで自分が手に入れられないものや、知らないことなどあってはいけないかのように振る舞う。

If you can’t love yourself, how in the hell you gonna love somebody else?(自分のことを愛せなくて、一体どうやって他人を愛せるの?)

今ちょうど、ル・ポールのドラァグクイーンレース*1を観ているからふと思いついたこの言葉。多喜子は姉から「不細工なのはアンタのせいじゃない」と言われるけれどそれが一番つらい。自分のせいじゃないとしてもそれを認めるのは自分自身なのだから。

『嗚呼いま、だから愛。』というタイトルにあるのは他人からの愛じゃなく、多喜子自身が自分に向けるためのただ真っ直ぐな愛なのではないかと思いさえした。

西瓜糖第六回公演『レバア』

f:id:aooaao:20180430220119j:plain

STORY

昭和20年8月――終戦
家族を失い
身体を失い
心を失い
残されたのは焼け焦げた街
行き場のない誰もが住処を探していたあの頃

「君は、誰?」
「教えたら、どうにかしてくれるの?」

素性など知ったところで、 どうにもならず
涙など流したところで、どうにもならず
生きるために――その「家」はあった

とある一軒家に集まった老若男女
価値観の違いなどには目をつぶり、生きることを選んだけれど
違和感はそれぞれの心にフワリフワリと浮かんでは消え、消えては浮かぶ
笑い、泣き、愛し、歪み、騙す――ものたち

昭和という時代を経て、平成が終わりを迎える今、2018年。
西瓜糖は演出家、寺十吾を招き、多彩な役者たちとともに、ヒトが心の奥に隠し持つ「ザラツキ」を繊細に炙り出していきます。

あなたの、こころの、 レバアは押されるのか、引かれるのか、 それとも・・・

西瓜糖第6回公演「レバア」 | OFFICIAL WEB

 REVIEW

三津谷さんが出演しなかったら多分観ないだろうなというテーマのお話。戦争がどれだけ人の倫理観や道徳観を試すものなのか。そんなこと今まで考えてもみなかった。おかしくなったものをもう一度やり直す。当たり前が覆る。すぐに直せと言われても無理に決まっているじゃないと叫びたくなるのも無理はない。でもそうであってもそのおかしくなった思考を肯定してしまうのはやっぱり間違っているのかも知れない。分からない。レバアをしっかり握りしめて落ちていった男を笑った女の気持なんて絶対に分からない。「ざまあみろ、お前たちが負けたせいだ」なんとでも思っていたのだろうか。分からない。そんな女に一言言うためだけにあの屋敷を訪れた青年は今度はきっと女を赦すために生きるんだろうなと思った。同時に彼は償わなければならない。だから赦さなくてはならない。

舞台上には寂れた屋敷。革靴をパイナップル缶の汁につけた偽肉の香りが今にも漂ってきそうだった。