5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

ミュージカル『マリーゴールド』

f:id:aooaao:20180917174645j:plain

www.youtube.com

marigold.westage.jp

REVIEW

また新しい悪夢が始まってしまった。物語についてはあんまり詳しいことは書かないから読んでいてなんのことやらな人もいるかも知れないけれど要点ついてめちゃくちゃネタバレをするから注意。

前から言うように私はソフィとウルに重きをおいている人間なのでソフィがアナベルとした約束がとても気になる。ソフィ・アンダーソンという人間という存在がとてもこわい。と似たようなことを以前も書いていた。

aooaao.hatenablog.com

あれだけ口説いたガーベラを秘密の花園ではゴミのように切り捨てる。まるで「僕と君とは違うんだ」と言いたげに。恐ろしい。ソフィにとって最も重要なのは死であり、死んだ者たちなんだろうなとい気持ちにもなる。その複雑な役柄を演じた三津谷亮先輩。どんな思いだったんだろうな。あの純粋なソフィが完全に心を病んでしまっていて。

ameblo.jp

三津谷先輩は強くなっていらっしゃった。簡単な言葉でいうとソフィは完全なメンヘラなんだけど正気に戻る瞬間があまりにも可哀想過ぎてそのままでいいのかもしれないなという気持ちにもなる。

ガーベラのことを考えようとすればするほど馬鹿な私の頭はパンクしてしまうのでやっぱりソフィのことばかり考えてしまう。そのくらいひとりひとりの物語が充実している。だからこそ何回も観ないとなという気持ちにはなるんだけど、だとしても設定や伏線が盛り込まれすぎていて少し消化不良気味になってきた感じも否めない。好きなんだけどね。好きだから余計にキャラクターが皆愛すべき存在としてそこに存在できないことは悲しい。悲しいの。

映画『オーシャンズ8』

f:id:aooaao:20180917170011j:plain

www.youtube.com

STORY

仮出所したデビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)は、服役中に考えていた犯罪計画を実行しようとする。それは、ニューヨークで開催される世界最大規模のファッションの祭典メットガラに出席する女優ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)が身に着ける1億5,000万ドルの宝石を盗み出すというものだった。デビーは旧知の仲のルー・ミラー(ケイト・ブランシェット)を相棒に、ハッカー、スリ、盗品ディーラーらを集めてチームを結成する。 

オーシャンズ8 (2018) - シネマトゥデイ

REVIEW

いきいきする女ってなんかエロい。もちろんイイ女って意味で。

そもそもなんで観に行こうと思ったのか全く思い出せないんだけど、なんにも考えなくていい作品を観たいなと思ってたんだたぶん。全くそのとおりの爽快な映画で屈託なく楽しめた。個人的な感想としては、ケイト・ブランシェット演じるルーは友達としては最高だけど恋人としてはクズなんだろうな感があって良かった。絶対一人でどっかに行っちゃうタイプじゃん?あとアン・ハサウェイの無敵の可愛さ。ほんと無敵。ちょうど出産後の太ってる時期だったって言うけどそうなの?カーヴィーな方がでめちゃくちゃセクシーじゃん。まあいうほどカーヴィーでもないけど。話はそれるんだけど、アシュリー・グラハム綺麗だよね。

www.youtube.com

 ってなわけで、オーシャンズ8からの11、12、13をネトフリで観ましたという報告でした。以上です。

映画『BLEACH』

f:id:aooaao:20180728195638j:plain

www.youtube.com

STORY

亡き母・真咲の思い出を胸に、高校生・黒崎一護は父親・一心と幼い妹ふたりと暮らしていた。幽霊が見えること以外は普通の生活だったが、自らを“死神”と名乗る少女・朽木ルキアが目の前に現れたことで、平和だった世界は突然壊れてしまう。

「虚〈ホロウ〉」と呼ばれる悪霊が一護の家族を襲い、助けに入ったルキアは瀕死の状態に。絶望的な状況下、彼女は最後の手段として、本来は人間に譲ってはいけない死神の力を一護に分け与える。起死回生、死神となって悪霊・虚〈ホロウ〉を退治した一護だが、ルキアは死神の力をほとんど失ってしまう。彼女は自身の力が回復するまで、一護のクラスメイトになりすまし、死神代行としての務めを迫るが、一護は頑なに拒み続けていた…。

ある日、同級生であり、死神に怨みを持つ滅却師〈クインシー〉一族の生き残りの石田雨竜が一護に勝負を仕掛け、大量の虚が空座町に現れる非常事態が発生!嫌々ながらも、虚退治を行う中、“力の譲渡”という掟を破ったルキアを罰するため、死神・阿散井恋次朽木白哉も目の前に現れる…。ルキアを助ける条件は、最悪の虚グランドフィッシャーの討伐。

謎の商店主・浦原の予感が的中したのか、クラスメイトの織姫やチャドにも危険が迫る中、一護はルキアとともに虚退治の覚悟を決めるのだった。母を虚に殺された過去を背負って。ついにグランドフィッシャーと対峙することになった一護だったが、ルキアを追ってきた恋次白哉も目の前に立ちはだかり、絶体絶命の窮地に立たされてしまうーー。

映画『BLEACH』オフィシャルサイト

REVIEW

どうでもいいけどサイトレイアウトが見にくくて腹が立つ。

f:id:aooaao:20180728210035p:plain

ということで謎の期待感を持って挑んだ映画『BLEACH』。率直に最初の最初過ぎて話的に面白いかって聞かれたら「良くわからん」って答えるけど、それでもそれなりに楽しかった。なぜなら話としてまとまってたし、福士蒼汰の顔はいいし、吉沢亮の顔もいいし、早乙女太一のご立腹顔&殺陣が最高だったからです。それ以外はまあ別に。杉咲花ちゃんも頑張ってたけどルキアじゃないし、織姫ももっとボイン感がほしかったし、MIYAVIは静止画がよい。これが一時間半くらいの作品で3本連続上映くらいの勢いがあればダダダン!と観に行ったかもしれんが続編を待つほどの期待感もない。CGがすごいね~という変な感想と、「江口洋介長澤まさみの子供が福士蒼汰かーわかる」という謎な納得感だけが残りました。以上です。

 

映画『ブリグズビー・ベア』

 

f:id:aooaao:20180728191427j:plain

www.youtube.com

STORY

ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。ドームの中から砂漠と化した地上を眺めるだけで、地下の生活が彼の全てだった。子どもの頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の番組研究に勤しむ毎日を送っていた。少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていたある日、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう。
両親だと思っていた2人は、25年前にジェームスを誘拐し、隔離して育てていたのだった。突然訪れた「外の世界」に困惑するジェームス。本当の両親、高校生の妹と一緒に暮らすことになっても、テレビも見たことがなく、彼が両親だと思っていたテッドとエイプリル以外の人間に会ったこともないジェームスは、何もかも初めての体験で驚きの連続。「ブリグズビー・ベア」をジェームスの教育のためだけに作っていた2人は逮捕されてしまったため、今後新作ビデオが届かないことに落胆する彼だったが、妹のオーブリー、映画好きのスペンサーたちの協力を得て、自身で映画版「ブリグズビー・ベア」を撮り、その手でシリーズを完結させることを決意する。変わった環境で育ったジェームスの変人ぶりを受け容れてくれる仲間との出会いをきっかけに、次第に周囲はジェームスの純真さと素直さ、ものづくりに対する情熱に惹かれていく…。

映画『ブリグズビー・ベア』公式サイト

REVIEW

いつものようにあらすじを読んで見に行かないもんだから最初はよくあるオタクの話かなと思ったらぜんぜん違う。誘拐されて、その犯人である両親とだけ関わりを持ちながら生きていたジェームズの唯一の楽しみが「ブリグズビー・ベア」の新作。誘拐されたと分かって本当の親と暮らし始めても人に対する拒絶がないのがなんだか面白かった。と同時に、今まで育ててくれた両親にも愛着はないように見えて、でもそれがとてもジェームズらしいというか。その中で自分が愛している「ブリグズビー・ベア」がかつての父親が創造したジェームズのための世界だとわかって「元の父親すごい!」って純粋に声をあげたジェームズやっぱりかわいい。たしかに「ブリグズビー・ベア」はジェームズをシェルターに留め置く道具だったかもしれないけど、ジェームズにとっては彼を構成する一部だったわけで。それをまるっと愛することにしたオリジナル両親の強さもすごい。どこをとっても予定調和にならず、とはいっても奇をてらうような雰囲気にもならず、じんわり心が温かくなる良い作品でした。

@シネマカリテ 20180721 

『ブリグズビー・ベア』ネタバレ感想レビュー。映画の工作のような手触り感と創意工夫

nlab.itmedia.co.jp

bunshun.jp