5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

LDHオタがドラマ『お兄ちゃんガチャ』を完走した話

こういうタイトルで一回書いてみたかった~~~!満足!

ということで『お兄ちゃんガチャ』を一気見したので感想書きます。

www.ntv.co.jp

ジャニーズJr.についての理解

ひとまず自分がどのくらいジャニーズJr.を理解しているか書いておくと、ヤンキー映画・ドラマ好きとして、『バカレア』『BAD BOYS J』を通ってきてその2つに出ていたJr.の顔はわかる、名前はわからん、という感じでした。でもつい最近オタクと一緒に観た『素顔4』のSixTONES版でSixTONESは完全に把握しました。あとはトラジャの何人かはわかる。のえるくん、君の顔は忘れられない。という程度の理解度です。そんな人間がゴリ押ししていただいた『お兄ちゃんガチャ』を観ました。結果、ラスボスで一番笑いました。

あらすじ

小学生の雫石ミコは、母・姉・妹・弟から家事全般を任されている、冴えない毎日を送っていた。現実逃避したいと思っていたミコはある日「お兄ちゃん、ガチャ」という謎のガチャを見つける。お兄ちゃんのいないミコが「優しいお兄ちゃんが欲しい」という思いを込めてガチャを回すと、ドSな性格のトイをはじめとする様々な性格を持つお兄ちゃんが次々と現れた。

お兄ちゃん、ガチャ - Wikipedia

感想

キンプリはすごい。圧倒的アイドルっていうのは世間の雰囲気から薄々感じていたし、『お兄ちゃんガチャ』がリアルタイムで放送されてたときも話題だったからさぞ面白いんだろうな、と思ってはいたのですが縁もなく5年。逆にこのタイミングで観たことでこの作品をめちゃくちゃ受け入れられた気がするなと思いましたね。具体的に言うと、自分が『Prince of Legend』を観たことで乙女ゲーム的雰囲気に慣れたってことです。根はサブカル寄りなのでLDHオタっていうと「解釈違い」とリアルでは言われる人間ですが、ヤンキー作品が好きだったりキラキラした世界に程遠いところで生きてきたということで言えばジャニーズなんてもう本当に遠ーーーーくにいたはずなのにいつの間にか隣まで来ていたんです…もうここまで来たら逃れられない。

自分語りはここまでにして『お兄ちゃんガチャ』について。脚本家が野島伸司さんだけあって展開がとても丁寧。破綻なく、テンポよく30分×12話を一気観してしまうくらい魅力的なお話でした。よくある乙女ゲームのお話にはせず、たっくさんの男の子たちを見せるには結局ヤンキーテーマに流れがちだった気がするんですけど*1、それを「お兄ちゃん」という丁度いい存在でお送りしてくれたおかげで、観ている成人女性も幼女にしてくれるお話で面白かったです。兄弟って男性向けコンテンツっぽいテーマのチョイスですけどそんなことなかった。そしてヒロインの鈴木梨央ちゃんは大人びすぎず、それでいて子供にもなりすぎず、本当に演技のうまい女優さんですね。すごい!

どうしよう、お兄ちゃんひとりひとりに長文書くと時間がかかりすぎてあれなので箇条書きにします。あ、どのお兄ちゃんにも共通して思ったのは、脱ぐシーンがあるのに大して筋トレもしてなさそうで、「直前にパンプアップなんてもってのほか」な体つきだったのめちゃくちゃ笑いました。我が軍だったらあの吉野北人だってザワが決まって体鍛えてた*2んですよ…カルチャーショックじゃん…

 岸くん(トイ):ZIP程度の知識で申し訳ないんですけど、すっごいポンコツのイメージがあったから「キンプリのプリンスなんだよ」って聞いても全然信じてなかったんですね。でもめちゃくちゃプリンスでしたね。すごい。でもこの頃の体がヨワヨワ過ぎてむしろ今なんなん?という気持ち。朱雀奏様*3でももっと胸板あるで。どちらもツンデレ王子。嫌いじゃないです。

宮近くん(レイ):眼力がすごい。どう見てもハイサイ感があるのに東京出身とか嘘じゃん…トラジャの子ですよね、覚えました。

お兄ちゃんズ:すいません、記憶に残ってる子がいません。どなたかプレゼン待ってます。

松倉くん(ニコ):不出来でもめっちゃ憎めなくない?すき!でもこの可愛い感じ、すごく儚い感じがして怖い。グループに一人はいる可愛い担当どこかに行きがちという持論を吹き飛ばしてほしい。彼もトラジャですね、覚えます。

深澤くん(セーギ):キャラクターが全然好きじゃなくてあまり記憶にない。彼自身は悪くない。

顕嵐くん(キララ):キラキラ~!女子に対する煽り方が貴族誕生のそれ。今はもうジャニーズじゃないことは知っているのでなんかちょっぴり悲しい。あとふとした瞬間の顔が池田純矢に似てる。

森田美勇人くん(ロード):この前年に映画『ホットロード』が公開されていてのこれだたので、ジャニオタと兼任してるLDHオタが話題にしていたのは覚えている。スルメっぽい(ハマるという意味で)顔なので割と好き。そして彼も7ORDER頑張ってほしい。

大我くん(ジェントル):当て書きなんじゃないのこのキャラクター。すっごいいい役じゃん。わかるよあの顔いっぱい出したいよね。

松田くん(ネガ):今、画像検索してたんですけど5年でめちゃくちゃ成長してない?スルメいっぱい食べたのかな。それとも女優帽で見えてなかっただけなのか。マツリョに似てるって思った子で合ってる?違う?とにかく今のほうが顔が好き。

照くん(ケンさん):ひかるくんだ~~~!ことあるごとにドラマで顔は観ていたので彼だけは名前を覚えていました。デビューおめでとう~!これからも私といい感じの距離感でいてくれ。

玉元くん(コーナン:子供では?!?!?!若干年上だとしてもお兄ちゃんとは認められないって私の中の妹が言っている。でもコーナンくんのおかげで物語が劇的にテンポよく進んだからめちゃくちゃありがとうの気持ち。

ジェシー:おい!なんだ!ラスボスか?!?!早く言え!笑ってしまっただろ!そして!なんでSSなんだ!どう考えてもお兄ちゃん力なら!岸くんが優勝だろ!って思ったんですけど、そういう扱いでジェシーが出てくるのめちゃくちゃわかりみなのでOKです。

ここからは妄想なんですけど、トイ(御手洗 明彦)とミコちゃんが将来結婚してくれたら最高ですね。だってそしたら岸くんのお兄ちゃんがジェシーになるんでしょ。超絶面白いじゃん。というのは半分ぐらいは冗談で言ってますが、あのあとのミコちゃんの生活が楽しくなる気しかしなかった、という点においても『お兄ちゃんガチャ』素晴らしい作品でした。時折挟まれるアニメーションとか、別世界を表現するような小道具などなど、どこをとっても過不足なく、可愛くてすごい。どこぞのプリンスの話*4はドラマではテンポよく「これはLDHの奇跡なのでは?」と思わせてくれていたのに、予定通りに映画化して絶妙な蛇足感を残していったのに比べると、ドラマで終わっててよかったなと言う感じ。そっちの感想もどこかで書きたいですけど、私のところに貴族が降臨してからかな…

ということで別の話にそれそうなのでこれで終わります。面白かったです。皆さん機会があればぜひ!!!

 

 

*1:『バカレア』『BAD BOYS J』もそうだったように

*2:吉野北人『HiGH&LOW』で覚醒!片寄涼太のアドバイスが支えに - シネマトゥデイ さらに、司は不良を束ねるリーダーであることから、スリムな吉野にとっては肉体改造も課題となった。「HIROさんから、『この作品は、壱馬と北人にかかっている。だから本気でがんばれ』と。さらに『見た目も重要だから、肉体も改善して、しっかりと磨いておくように』という言葉をいただいたので、短期間でしたが、毎日休まず、必死にトレーニングに励みました」。

*3:貴族降臨 PRINCE OF LEGEND OFFICIAL on Instagram: “. ⚜️⚜️王子紹介⚜️⚜️ . 🤴朱雀 奏 (すざく かなで) #セレブ王子 #Team奏 #チームカラーは白🕊 . 総資産数兆円といわれる 朱雀グループの御曹司✨ 特技は、ピアノ🎹、合気道、バレエ . #片寄涼太 #princeoflegend”

*4:『貴族降臨 PRINCE OF LEGEND』公式サイト