5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『ブリグズビー・ベア』

 

f:id:aooaao:20180728191427j:plain

www.youtube.com

STORY

ジェームスは、外気から遮断された小さなシェルターで、両親と3人で暮らす25歳の青年。ドームの中から砂漠と化した地上を眺めるだけで、地下の生活が彼の全てだった。子どもの頃から毎週ポストに届く教育ビデオ「ブリグズビー・ベア」を見て育った彼は、今は「ブリグズビー・ベア」の番組研究に勤しむ毎日を送っていた。少し退屈でも、パソコンでチャットする友人や仲の良い両親と、平和な日々がずっと続くのだと思っていたある日、警察がジェームスを連れ去り、両親は逮捕されてしまう。
両親だと思っていた2人は、25年前にジェームスを誘拐し、隔離して育てていたのだった。突然訪れた「外の世界」に困惑するジェームス。本当の両親、高校生の妹と一緒に暮らすことになっても、テレビも見たことがなく、彼が両親だと思っていたテッドとエイプリル以外の人間に会ったこともないジェームスは、何もかも初めての体験で驚きの連続。「ブリグズビー・ベア」をジェームスの教育のためだけに作っていた2人は逮捕されてしまったため、今後新作ビデオが届かないことに落胆する彼だったが、妹のオーブリー、映画好きのスペンサーたちの協力を得て、自身で映画版「ブリグズビー・ベア」を撮り、その手でシリーズを完結させることを決意する。変わった環境で育ったジェームスの変人ぶりを受け容れてくれる仲間との出会いをきっかけに、次第に周囲はジェームスの純真さと素直さ、ものづくりに対する情熱に惹かれていく…。

映画『ブリグズビー・ベア』公式サイト

REVIEW

いつものようにあらすじを読んで見に行かないもんだから最初はよくあるオタクの話かなと思ったらぜんぜん違う。誘拐されて、その犯人である両親とだけ関わりを持ちながら生きていたジェームズの唯一の楽しみが「ブリグズビー・ベア」の新作。誘拐されたと分かって本当の親と暮らし始めても人に対する拒絶がないのがなんだか面白かった。と同時に、今まで育ててくれた両親にも愛着はないように見えて、でもそれがとてもジェームズらしいというか。その中で自分が愛している「ブリグズビー・ベア」がかつての父親が創造したジェームズのための世界だとわかって「元の父親すごい!」って純粋に声をあげたジェームズやっぱりかわいい。たしかに「ブリグズビー・ベア」はジェームズをシェルターに留め置く道具だったかもしれないけど、ジェームズにとっては彼を構成する一部だったわけで。それをまるっと愛することにしたオリジナル両親の強さもすごい。どこをとっても予定調和にならず、とはいっても奇をてらうような雰囲気にもならず、じんわり心が温かくなる良い作品でした。

@シネマカリテ 20180721 

『ブリグズビー・ベア』ネタバレ感想レビュー。映画の工作のような手触り感と創意工夫

nlab.itmedia.co.jp

bunshun.jp