DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

Them magazine


 皆さん、この雑誌ご存知ですか?今年創刊された季刊ファッション誌です。【公式サイト】サイトのAbout Usにも書いてあるように、また代表の右近亨さんのインタビューを読んでも分かるように、これはかなり『意識高い系』のファッション誌。WWDで働く友人に言わせても、「お洒落な感じだよね~」ということでした。

 さて、この右近亨という人、元々『HUgE』の編集をやっていただけあって中面もそういった尖った「アート写真集」のような感じなのですが、私が何故、このタイミングでこの雑誌について考えたかというと、実は裏の発行元を見てしまったからなのです。

編集は株式会社Rightersという会社なのですが、発行元は株式会社LDH
そう、LDHとはLove Dream & Happinessでお馴染み、五十嵐広行 aka HIROを長とする会社です。

 そして何が一番引っ掛かったかというと、このThem magazineが『別冊 月刊EXILEという名目で発行されているということです。確かに調べてみればこの右近さん、2011年の4月から『月刊EXILE』のディレクターもやっている訳です。【出典

 Them magazineに話は戻りますが、About Usでの前書きの熱量、そして崇高な理想。それらは、センスや感覚は違っていても、LDHの基本的な体質と合致した筈です。だからこそ、このクソアート路線の雑誌が、出版不況の中で創刊できたのだと思います。

 EXILE一族の可能性をもっと広げたいLDH(HIROさん)にとっても、理想を基にお金をかけて雑誌作りをしたい右近さんにとっても、資金とセンスをシェアして助け合ってのギブアンドテイク、よく言えばWIN-WINの関係なのでしょう。どちらにしても『月刊EXILE』のコンテンツの使い方、雑誌におけるセルフプロデュース力は以前より格段に増しているので現時点では良いのかなと。

 まあでも、こうなるといつThem magazineにEXILE一族が登場するのかな~とも思わなくないですが、一生ないかもしれません。