取り留めもない

映画や舞台の感想書いたり、たまに日記も

舞台『ETERNAL』

f:id:aooaao:20210923213004j:image

THE RAMPAGEの中から6人が出演していた舞台『ETERNAL』を観てきました。

 

STORY

旧教国・ロッツフォート公国の公位後継者であった王子レンブラント(RIKU)は、幼い頃に多民族集団オルドによって故郷と父・ヘンドリック(加藤雅也)の命を奪われた。
大好きだった兄・リーフェン(藤原樹)も闘いの中で失踪し、レンブラントは母の故郷である新教国・ノルダニア神聖国で育てられることとなった。

――16年後。レンブラントはオルドに奪われた故郷の地を取り戻すために“聖なる誓約団”を立ち上げ、仲間と共にディランド地方へと進軍する。

王家の側近・コーレイン家出身で規律を重んじるルーク(岩谷翔吾)、貧民街出身の切込隊クロエ(長谷川慎)と観察眼の優れた色男ジーン(鈴木昂秀)、貴族出身で弱腰の新人・キャメロン(陣)らと進軍していく中、レンブラントたちはオルドだけではなく、ノルダニア神聖国に反発する旧教徒たちとも剣を交えることとなる。

オルドさえ殲滅すれば国が安定すると考えていたレンブラントだったが、旧教徒たちの剣にオルド軍の刻印を発見。旧教徒の集う廃墟聖堂に乗り込むとそこにはレンブラントのかつての師・スチュアート(姜暢雄)の姿があり――。

THE RAMPAGE出演 REAL RPG STAGE『ETERNAL』特設ページ | EXILE TRIBE mobile

 

元々がスマホゲームという作品を舞台化したいわゆる2.5次元舞台なんですけど、もう本当に久しぶりに2.5を観たので「こんなんだっけな」ということが多過ぎた。もちろんいい意味で。公演自体はマジかよという感じで3公演しかなかったので今日で終わったんだけど、配信もあるのでぜひ観て。最大で9月26日まで観られる。

REAL RPG STAGE『ETERNAL』|シアターコンプレックス

嗚呼、リーフェン...リーフェン...どうしてリーフェン。ってことしかなかったんですけどどうしてあんなことに。いっちゃんがド悪役っていうのも良かったし、かなり救いのない役だったからもう...正直、父親のこととか私も理解できないし人間不信になっても仕方ないけど、蟻にも命を感じてたリーフェンはどこ行ったの...自分の母親を見捨てられて、信じていた宗教も捨てさせられようとしたら、自暴自棄になるかすべてを持ってる人を恨むっていうのはあるかもしれないけどさ...リーフェン、、、最初はほとんど表情がなかったリーフェンがレンブラントにどんどん揺さぶられて最後に慟哭の姿を見せるのはこっちもやっぱりしんどくなる。リーフェンもレンブラントのように周りに信頼できる仲間がいればな...ルークがそうなれたかもしれないな...つらい。いっちゃんの感情ぐちゃぐちゃ演技、本当によかったよ〜!

陸さんのレンブラントは勝手に太陽みたいなキャラクター(ルフィ的な)だと思ってたんだけど、思慮深くて賢いマジで完璧漢だった。そういうキャラクターにそんなに思い入れが湧かないタイプだからアレなんだけど、その真っ直ぐさが裏切り者を指名するところに出ててめちゃくちゃ笑った。そんな迷いなく幼馴染のルークを指名するなよ。かわいそうだろ。あと、生き別れたリーフェンのこと気にかけててやれよ。かわいそうだろ。まあそれはいいとして、信頼の厚いレンブラントのために命を賭した仲間たちをバックにソロ歌唱する陸さん最高過ぎた。そういう意味でも完璧だった。

ルークなあ。ルークにももっと色々エピソードがあったんだろうなって思うけど、最後報われたからいいです。あれでみんなが幸せになりました!!!

クロエとジーンはニコイチの良さが極まってた。まこっちゃんの粗暴なクロエがたかひでの飄々とした色男のジーンによく絡んでいくこと極まりない。ジーンの強さを認めてるから突っかかるし、稽古しろって言うし、勝つまで諦めないって頑張るし、本当に良い。それでいて他の仲間たちにも熱さを持ってて、いい奴だった。そんな真っ直ぐな役をまこっちゃんがやるのも良かった。もっとほしい...

たかひでのジーンは思っていたより賢くて「賢いな?!」ってはじめはなってたけど、最初から役が自分のものになってる感じがあって良かった〜!レンブラントに喝を入れたとこも、もうそんな顔できるの〜〜〜!ってなって本当...クロエとジーンはズッ友なのでこっちも最高エピソードがいっぱいありそうで良いですよね。良いです。

じんさんのキャメロンは本当にじんさんだった。一番最後に合流してきたのに、なんだかんだキャメロンの一言が的確で...途中で隊長になった時にはこっちまで嬉しくなってしまった。キャメロンを見つけてきたクロエも最高ってこと。

もうここからは文章にする元気がないから箇条書きで。

  • キャスパレ大好き人間だからバッキバキの殺陣とダンスではじまった時、それだけで元取れたと思った。みんな仕上がり過ぎている(LDHのアーティストとして)
  • 陸さん(主役のレンブラント)そんなに踊るけどこれから体力のこと考えてる?
  • みんな化粧が濃い
  • 初めの方は各人の演技について、陸さん(初心者)、しょごたむ(経験者)、まこ(経験者でかなり役に入ってる)、昂秀(マジで上手いなにそれ)、じんさん(本人?)
  • じんさん(キャメロン)は本当にかわいい
  • たかひでにもっと演技の仕事を!
  • オルドって端的にGみたいな存在だった(メサイア履修者向け)
  • 兄妹の確執ってだけですぐにユウヒデンを思い出したし見返したい(幽悲伝の方を)
  • リーフェン、、、リーフェン、、、16年間で何があったんだ...
  • これはただただ懸念なんだけど藤原樹のオタクはもっとほしい!ってならんかったんかな。藤原樹の活動量の3倍くらいは陸さんの方が動いてた
  • LDHの舞台で人はそう簡単に死なない
  • レンブラントの持ってた玉は里見八犬伝のやつかと思った
  • 金輪際あの会場では舞台はやらないでほしいほどのアリーナの座席の高低のなさ。アリーナ席に人権がない
  • 舞台とライブの振り幅が凄すぎて笑ってしまった情緒がない。からのジーン様...
  • ライブパートのソロ曲部分、自分達の曲なんだから流せばいいじゃんって思うけど着メロみたいで懐かしかった(?)
  • 2日目のマチネを観に行ったんだけど、カテコの挨拶がまこっちゃん、たかひで、陸さんで、陸さんの挨拶がしっかりしてるのはもちろんだけどまこたかが本当にしっかりしてて、そういうとこでも成長してる〜〜〜!って思った

また内容について書きたくなったら書こうと思うけどひとまず。素敵な作品をありがとうの気持ち。当分の間はMoon and Back聴き続けるね。