DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

ドラゴン・タトゥーの女





【ストーリー】
月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪事件の調査依頼が舞い込む。連続猟奇殺人事件が失踪にかかわっていると察知したミカエルは、天才ハッカー、リスベット(ルーニー・マーラ)にリサーチ協力を求める。(シネマトゥディ)

【感想】
オリジナル版も観た私はデヴィット・フィンチャーがどれだけかっこよく仕上げてくれるかに期待でした。が、初めのスタッフロールみたいなのがよかった。内容的にはオリジナルと殆ど変らず、唯一気になったのはリスベットの恋模様が分かりやすく描かれてて、いるのかな?まぁいいかとなったことですかね。いやーオリジナルのように曖昧なままで良かったとも思うんです、正直。あと思ったのは、撮影場所がほぼオリジナルと一緒で、勝手な想像で舞台はアメリカだとばかり思ってました私は同じ映画を観ているかのような感覚に陥りました。リスベット役の女優もダニエルグレイグもかっこいいしね。キャストは最高です。オリジナルのリスベットたんも好きだけど。




今回のVerでリスベットたんが「もっと触って」って言うところなんか滾った。
まぁそれに関連して意味分かんない具合にモザイクはいったところがあるんですけど、全世界で公開を考えてるなら興醒めするから入れるな、もしくは上手く撮影しろしと思いました。どうにかなんないんですかねああいうの。

それと一緒に観た友達ともども笑ったのは家に住み着いた猫を探してミカエルが「おいネコ!」って呼んだシーンです(友達共々どうかしてる)猫をただ猫と呼ぶことが何か面白くてでもそこから不器用な愛情を感じてきゅんみたいな。

第一弾「ドラゴン・タトゥーの女」はオリジナルを観てない人は勿論楽しめるし、観た人も楽しめるけどこれからの第二弾以降は政治と金のちょい垂れ展開なのでどうかなって感じですね。まぁどうせ作るんだろうけど。


【おまけ】
この曲超絶良いですよ。



※映画をまだ観ていない人注意!
The Girl With The Dragon Tattoo - Full Title Sequence


ドラゴン・タトゥーの女公式サイト