取り留めもない

映画や舞台の感想書いたり、たまに日記も

映画『戦場のメリークリスマス 4K 修復版』

f:id:aooaao:20230225012738j:image

STORY

第二次世界大戦下のジャワ山中の日本軍捕虜収容所を舞台に、極限状態におかれた男たちの心の交流を描いた人間ドラマ。「愛のコリーダ」の大島渚監督が、デヴィッド・ボウイビートたけし坂本龍一といった異色のキャストで撮り上げた話題作。1942年。ジャワ山中の日本軍捕虜収容所。そこには単純で粗暴な軍曹ハラと日本語が流暢な英国軍中佐ロレンス、そして収容所長のヨイノ大尉がいた。そこへある日、英国軍少佐セリアズが連れてこられた……。

戦場のメリークリスマス の映画情報 - Yahoo!映画

REVIEW

いまさらだけど、4K上映されてたから観た名作シリーズ。『御法度』もそうだったけどホモソサエティの中の狂いを描かせたら大島渚に右に出るものはいないという感じで、とにかくデヴィッドボウイが美しい。そもそも極限の状況だからこそなおさら引き立つ造形の美しさと人間としての美しさが4Kでびしびし伝わってきました。正直みんな無茶苦茶な理論でぎりぎりの判断をして生きてる時点で、何ひとつ安定したものはないと思うけど、それでも美しいことは正義なんだなって。正しかろうとそうでなかろうと、確からしさが重要なんだ!というような思想が漂っている。今の時代で共感できるポイントは少なくなってきているけど、デヴィッドボウイの美しさは普遍的ですね。

坂本龍一演じるヨノイは人格者なのかなと思っていたら観終わって一番嫌なキャラクターになってましたね。あれも狂いのせいなんでしょうけど、本当に嫌です。あんなリーダーだったら戦いにも当然負けるでしょう。ということを考えて、もしかしたらあの時代の日本がヨノイのように狂ってたのかもしれない。知らんけど。