5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

ただの日記

かまいたち

ここのところかまいたちYouTubeや番組を観ている。今までお笑い芸人にハマったことなかったけど、ことの始まりはYouTubeだった。多分、痛風先生と滞納先生で足を取られたんだと思う。濱家がめちゃくちゃクズなんだというのが良かった。シュッとしている人がクズなのはなんだか見ていて愉快だったから。

そこからYouTubeを何本か見てちょうどやってたエンタの神様の特番を観た。解像度が上がった状態での本職の技にやられないはずがない。もっと好きになった。

なんでかまいたちなのかは偶然だと思う。ちょうど観たYouTubeがそれだったから。他の芸人の可能性もあった。それから同じように二人の距離感に癒されて、漫才やコントに笑ってたかもしれない。でもそれはただの仮定で、今私はかまいたちが好きだ。それだけの話。

 

文字を書く

文字を書くということと、考えを具現化するのは似て否なることだと思う。そもそと、考えるというほど普段は考えてない。思う程度。文字を書くことは頭の中にあることを外に出しているだけで、それを自分で否定したり、疑問を持ったりはしない。100%自信を持っている。そういうことで評価されたり共感されることは自分をその程度の価値に貶めている感じがしている。それでいいのか。考える。考えたい。

 

知らないことを知る

そんな機会が減った。唯一最近では、Apple Musicでレコメンドしてくる曲から新しいアーティストを知る機会があるくらい。音楽で言うと、昔は『ベストヒットUSA』で最新のランキングを知ったなと思い出して、番組表を見たらBSでまだ番組は続いていた。久しぶりに見た小林克也は未だに元気で、なんだか嬉しくなった。彼やタモリのように新しい人やことを否定せず受け入れられる人はすごい。私もそうでありたい。