5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『事故物件 恐い間取り』

www.youtube.com

STORY

「事故物件住みます芸人」として、実際に9軒の事故物件に住んだ芸人・松原タニシの実体験を記したノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」を亀梨和也主演で映画化。監督は、「スマホを落としただけなのに」「貞子」の中田秀夫が務めた。売れない芸人・山野ヤマメは「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と先輩から無茶ぶりされ、テレビ出演と家賃の安さから殺人事件が起きた物件に引っ越す。その部屋は一見普通の部屋だったが、部屋を撮影した映像には謎の白いものが映り込み、音声が乱れるなどといった現象が起こった。ヤマメの出演した番組は盛り上がり、ヤマメは新たなネタを求めて事故物件を転々とする。住む部屋、住む部屋でさまざまな怪奇現象に遭遇したヤマメは「事故物件住みます芸人」として大ブレークするが……。

事故物件 恐い間取り : 作品情報 - 映画.com

REVIEW

色んな人が感想に書いているように強くない。ぞっとするわけでも、急に驚かされるわけでもなく、お化け屋敷みたいな怖がらせ方で、実際には体感してないので客観的になってしまうので、逆に面白い。大きな声で笑っていい上映がほしい。

実話をもとにしてるし、「事故物件」というものを渡り歩く人の話だから仕方ないけど、そこにいる霊的存在に対しては結構無責任。何か起きたら次のところに行くだけ。それは怖いからじゃなくて飽きられないように。それは良いんだけど、まともな恋のものがたりはマジ要らん。頭がおかしいやつならあってほしい。

寝る前に同じ中田監督の作品で、フジテレビで始まった『恐怖新聞』を観てたんだけど、あっちも怖くない。まあ死体が多いのでグロの方が強い。

www.tokai-tv.com

時たまおもしろホラー映画って生まれてしまうよね。無名キャストが多い映画*1だったらそれもそうかなと思うけど、有名人が多いと地獄だなと思う。似たような映画で『伝染歌』ってありましたね。謎のフェチに入ってるところが私は好き。まま怖いかなと思う日本のホラーだったら『着信アリ』はグロもあるので要素盛りだくさんで良い。飽きる暇がない。ホラー映画はあんまり観てないけどそれでも分かる『事故物件』はホラーとして観るとめちゃくちゃがっかりする。自分の耐性が強くなったのかなと思わないことはないけど、違う気がする。どうせやるなら怖くなくてもいいから気持ちが悪いか、グロいかを突き詰めてほしいな。以上。

 

家と霊の話ならこちらのほうがおすすめ

aooaao.hatenablog.com

 

gyao.yahoo.co.jp

*1:映画『青鬼』はキャスト目当てに観て面白かった。画面が暗いってやっぱ大事だなと改めて思う。https://www.youtube.com/watch?v=4fxHUEc11TQ