5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『君の名前で僕を呼んで』

f:id:aooaao:20180513155801j:plain

www.youtube.com

STORY

1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく……。

映画『君の名前で僕を呼んで』 | 4/27(金)TOHOシネマズ シャンテ、新宿シネマカリテ、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー!

REVIEW

観る前からエリオかオリバーのどちらかが傷つく物語なんだろうなと思っていて、どちからっていうとオリバーかなという感じだったからそういう意味で裏切られた。もちろん芸術作品として良い意味で。

貧富の話ではなく、エリオは非常に恵まれた環境にいる。聡明で理解ある両親、美しい住居、多感で繊細な友人たち。その総てがエリオという人物を育て、彼もまた聡明で美しく多感で繊細に形作られてきた。彼はただ自分の感情のままに動くことなく、順序を追って確かめながら、でも時には突拍子もない言動でオリバーを魅了する。

そんなオリバーもきっとエリオのように恵まれた環境で生きてきた人物なのだと思う。あのラストも単に彼の狡さのためでなく、彼らの生きる社会の表現とそして対するエリオがまたひとつ成長するための行動だったのだと信じている。個人的にはオリバーには一生エリオを引きずって生きてほしい。

人にはその人を形成するのに必要な物語がある。エリオがこれからどんな人と愛を育むのかは分からないけれど、その度にオリバーのことを思い出すのだろうと思う。もしかしたらオリバー以上に愛することが出来るかと考えるかも知れない。そうして例え上手くいかなくても彼はその相手に「無駄な恋だった」と思わせることはない。彼がそれだけの人格者になるとこの物語を観ただけで思ってしまった。

どんなにつらくてもそんな恋を一生に一度はしたい。

natalie.mu