5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

砂岡事務所プロデュース『東海道四谷怪談』

www.youtube.com

sunaoka.com

REVIEW

ちょっと感想を書くのが遅くなってしまった。特段推しが居なくても観に行こうと思う作品というかシリーズがいくつかありますが、この劇団鹿殺しの丸尾さんと花組芝居の加納さんの古典シリーズもそのひとつです。

aooaao.hatenablog.com

今回の主役は平野良さん演じる伊右衛門。裏の主役は田渕さんでした。

この二人が見せる愛(哀)憎劇がなんとも愛おしかった。『四谷怪談』は『喰女』でなんとなく内容を知っているくらいだったんだけど、あれと比べてはダメだね。生きながらにして死に、死にながらにして呪うお岩の美しさと哀しさに心打たれる作品でした。

前回は音楽的な要素が強かったけど、今回はより古典的な動作が多くて、歌舞伎俳優でもない人達が堂々と見得を切ったりする姿を見られるのは面白かった。砂岡事務所の俳優たち、基本的に演技がうまいから演技の妙は当然のこと、今回はなだぎ武さんがいてより表現の幅が広がっている気がした。あとは白又大車輪(違う)。私が彼を観る時は大体ワタナベのフィールド内で観ることが多かったんだけど、こうやって外で見るのが新鮮だった。

それでもなんと言っても今回は平野さん。彼からあふれ出る人間の愚かさと色気に目が話せず、クソ野郎なのにいつの間にか生きてくれと望んでいる。彼でなければこれほどまでに愛される伊右衛門にならなかったのではとさえ思う。とにかく平野さんが素晴らしかった。

はあ、最近感想を書くのが下手になったと実感する。なんだこれ。

関連記事

natalie.mu

enterstage.jp

ticket-news.pia.jp