5gatsubyou

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『RAW〜少女のめざめ〜 』

f:id:aooaao:20180204220111j:plain

www.youtube.com

STORY

16歳のべジタリアン、ジュスティーヌは、両親と姉と同じ獣医科大学に入学する。初めて親元を離れて、見知らぬ新しい環境である大学の寮で暮らし、生活する不安に駆られる彼女。両親に車で寮まで送ってもらうが、寮にいるはずの姉アレックスに電話をかけるもつながらない。途方に暮れつつも、仕方なく一人で寮に向かいルームメイトと対面するが、女性との相部屋を希望したはずなのに、そこにいたのはアドリアンという男性。「俺はゲイだから」と言われてもなんの慰めにもならない。さらに追い討ちをかけるように、『フルメタル・ジャケット』も真っ青の上級生による新入生歓迎のハードコアな儀式としごきが突然始まり、地獄の日々が幕開け。ようやく姉と出会えて安堵するが、狂乱かつ過酷な日々が続く。

 ある日、そんなしごきの一環として、全身に血を浴びせかけられ、さらにうさぎの生の腎臓を強制的に食べさせられたジュスティーヌは、体に異変を感じるようになる。身体中に発疹ができ、皮がむけ、体調はすこぶる悪い。悪夢にも悩まされるようになる。学業では優等生として本領を発揮するが、原因不明の精神的、肉体的なドラスティックな変化についていけない。ストレスもマックスで、最悪だ。学食で衝動的にハンバーグを万引きしようとしたジュスティーヌの姿を見たアドリアンは、彼女を連れて寮を抜け出し、バスで小旅行に出かけて夕食を共にする。アドリアンにすすめられて、そこで生まれて初めて自発的に肉を、ケバブを口にしたジュスティーヌは、肉の美味しさに衝撃を受け、がつがつとむしゃぶりつく。その後も夜中に無性に腹が減り生肉にかぶりつくなど、さらなる変化に戸惑うジュスティーヌは、次第に自分の内に秘めた恐ろしい本性と秘密に気づくことになる……。

RAW〜少女のめざめ〜|2018年2月2日ロードショー 

REVIEW

安易には他人に勧められないなとは思うんだけど、私が勧めるとしたらジュスティーヌが「人の味」を知った瞬間のででーんという効果音から起きること総てが面白いってことかな。思った以上にカニバリズムに終止してないし、成長物語としても新しさがあって良かったとは思うけど、それより何より行動が突飛で、理解に収集がつかなくなってから大体なんでも笑けてしまったんだからしょうがない。それと基本的に鉄の臭いがすごくて、それと同じくらいの体臭。そんなの感じるわけ無いじゃんって思われるだろうけど、観たら絶対そう感じる。あれほどまでに臭いを感じた映画は久しぶりだった。

公式サイト

raw-movie.jp

関連記事

natalie.mu

www.webcg.net

www.cinra.net

jp.ign.com

www.cinemacafe.net

cinema.pia.co.jp

realsound.jp

filmaga.filmarks.com