DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

『HiGH&LOW/END OF SKY』を観てくれ

f:id:aooaao:20170823111604j:image

ホットロード』から始まり、夏の代名詞となりつつある(?)LDH映画ですが、最新作『HiGH & LOW/END OF SKY』を観てきました。結論から先に述べると、観て・金を落として・次回作(スピンオフ含む)に推しに出てもらおう!!!!!!!!!!!!!!!!以下感想です。

 

キャラクターの大洪水

アクションが〜、物語が〜的なことはツイッターなりで確認してもらえばいいと思うんですけど、個人的に主張したいのはこれです。ドラマから映画第1作目のザム、雨宮スピンオフのレッレを経てキャラクターの扱いに慣れてきたというか、もともと出演者個人に付随していたキャラクターが特濃ソースかっていうくらいに濃かったすごい。しかも、良くも悪くも役者本人が意識したら濃くなるんだなぁとわかるというか。

今回の優勝は九十九さん、次点でジェシー、源治って思ってるんですけど、そこはある程度キャラクターがあるはずじゃないですか。九十九さんとかアドリブの塊とかではないんですけど、散々カーアクションして死にそうになった後に「車苦手だわ」って台詞とか、一回車を見送ってからのダッシュとか最高です。みんなの(頭の中にいる)九十九さんが言いそうだしやりそう。あと、ジェシーな。観る前から「ショタおじがやらかしそう」って思ってたけど超えてきた。こっちはアドリブの塊でマジでMake Money(?)こんなに自分のこと理解してジェシー演じてるくせして、直人さん自体は「かわいい」と思ってないらしく、そういう感受性ぶっ壊れてるんじゃないかな?源治はターミネーター。正味、あれ目の前でやらせたら普通に笑ってしまう。最高ってこと。

あと、私のタイムラインでは蘭丸の顔がかわいい→笑顔のくだりにいかがわしい過去を感じるともっぱらの噂なんですけど、ポッキーの日に公開されるファイナルミッションにも出てきてくれますよね?!?!中村蒼???レプロプロ!!!(能年玲奈からレプロにはお世話になっています)

あと、アミューズのドンこと岸谷五朗は完全に『龍が如く』だったので、『龍が如く』ファンにも是非観てほしいですね。九龍グループのおじさま達普通に萌える(個人の感想です)

キンプリとか詳しくないし、応援上映とかも行ったことないですけど、これは普通に「次は推しキャラが勝つのでは???」みたいな誤認は往々にして起こると思ってしまいましたね。プリズンメイト(ジェシー語)の蘭丸と日向が結託するアナザーエンドもあると思うんですわ。

 

なんとなく各グループについて

山王がごちゃっとしてるのはいつか解決する瑣末な問題だと思ってるので割愛するとして、ノボルは喧嘩も強いんだなって。勉強できて、顔も良くて、喧嘩もできたら誰が勝てるの???

ラスカルズはラブが増量してた。金爆はバンドに集中させるために追放したって何かで読んだ気がするんですけど思い違いですか???あと、カイキジな。ザムまではカップルだったけど、今回はフィアンセってサードパーティが言ってたから、婚約してる(真顔)次は夫婦ですね。あと、今回増殖した「世界名作劇場」。あんま活躍してなかったと言えばそれまでなんですけど、事実として顔面偏差値がガンガン上がってた。ちゃんともに台詞があるのは確認した。偉い人ありがとう。松田凌は正直パッとしなかったんだけど、アクションシーンでZENくんに助けられるちゃんともとリョウマツダという場面があったので満足です。あと、廣瀬智紀という役者を見てくれ。

影の功労者の鬼邪高校、というか村山良樹。彼ってびっくりするくらい全肯定されててほんとすごい。オタクが好きなワードを合間合間に挟んできて「わかりみ!」っていうプラカードを掲げたくなった。その勢いで、轟くんの大学受験も支えてあげてほしい。受験するか知らんが。

ルードは窪田くんのスケジュールの問題で、タケシとピーが「がんばってた」んですけど、ほんとれおちゃんが「ぐぬぬ」って顔するときに「そうだねぇ、悔しいねぇ」みたいなババみが出てしまうのは抑えきれなかった。ユウという佐野岳が飛んで回ってたんすけど、もちょっとアドリブかましてた編集前のバージョンはどこで観られますか???ユウくん!!!願いは叶うね!!!

先にも書いたけど、日向と蘭丸のプリズンメイトスピンオフほしい。なにかあったっぽい方がEOSで裏切られた時の絶望深くない???妄想です。

 

FINAL MISSIONが楽しみです!!!

最後あんなんなっちゃったし、雨宮シッパーの私は生殺しなんですよ。だからはやくファイナルミッションさせてください。ポッキーの日まで何度もEOSします!

 

おまけ