映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』

www.youtube.com

STORY

19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。

ウクライナ出身、19歳で史上最年少の英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンは、その2年後、人気のピークで電撃退団。そのニュースは国内メディアのみならず、世界中に報道された。

スターダムから自滅の淵へ――様々な噂が飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲「Take Me To Church」のMVだった。写真家のデヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはyoutubeで1,800万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。

<ヌレエフの再来>と謳われる類い稀なる才能と、それを持て余しさまよう心。本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる彼の本当の姿とは…?

映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』公式サイト

REVIEW

つい最近、J.T.リロイのドキュメンタリーを観た。それはとても作為的で、痛みよりもプライドが目立った。でもそれは寧ろ彼女の虚構を上手く表現しているのかもしれないとも思った。

セルゲイ・ポルーニンというダンサーは、踊ることを求め、憎み、愛した。彼がどうしてバレエの世界に入ったのか。日本人の一般的な感覚からすれば、良家の嗜みというイメージがあるが、彼の育ったウクライナでは違う。男の子は体操をして体を鍛え、そうするうちにそのまま体操を続けるか、バレエを踊るかどちらかを選択する。女の子は手足がながければモデルを選ぶように。望む望まないはもとより関係がない。親たちはそうやって子どもたちの幸せを探してやる。

セルゲイにとって、そのことはプレッシャーであり悲しみであり、唯一大事にしたかった家族をバラバラにしてしまうことになった。それでも彼には踊ることしかない。ただそれだけなら、ある程度成功して名前を売ったところで満足するかもしれない。でも、彼は踊ることが好きだった。だから引退を決めた後も、思い悩んだのだ。

www.youtube.com

彼はバレエの踊り子ではない。ダンサーだった。踊ることが彼の歓びで呪いだった。彼ほどに身体が雄弁な人間を私は他に知らない。

real.tsite.jp