読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 『哭声/コクソン』

f:id:aooaao:20170318202420j:image

www.youtube.com

STORY

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

哭声 コクソン(2016)の映画レビュー(感想・評価)・あらすじ・キャスト | Filmarks

REVIEW

感想をはやく書こう書こうと思って一週間経ってしまいました。文字で読むよりとにかく観て〜〜!って感じなんですけど、観るためにも誰かのレコメンドがあって良いかなと思うので筆を執りました。嘘です、ただの壁打ちです。

いろんなところで「マッドマックスみたい」と言われていますが、ハイローのようにリアルに車両が出てくるわけでなく、物語を超えて伝わるものがやっぱり「すごい」としか言いようがない、それが『マッドマックス』という感じですかね。いや、正直なところマジカルパワ〜〜〜で突き通してるので、ずるいって言えばメチャクチャずるい。でもなんかそんなんどうでもよくない?呪いだし、悪魔だし、鬼神(きしん)のせいだよね。でもさ、それなのにすごくパワーで押し切るやん。ある種神様のくせにそんなに疲労する???って突っ込みたくなる。いや、突っ込んでいいんだよ。笑える。ハチャメチャに笑える。

日本で話題になったのは國村隼さんがかなり重要な役で出てるからだと思うんですけど、なんでこんな役引き受けたんやろか。一応日本人として出てくるので、平面的にみたら韓国🇰🇷に侵入する日本🇯🇵の構図になってて、いろいろ面倒くさそう〜〜〜と思うけど、でも観てみると割とそんなのどうでもいいやってなる。どっちかっていうと、韓国人の信心(キリスト教VS土着の宗教)が問い直されている?って感じで意味不明なの。まぁこの説明で分からなくて良いです。いや〜〜ファンジョンミン。ファンジョンミン。ファンジョンミン。三回言うくらい良い。僅かに描写バレするけど、鼻と口からブシャーーーー!ってなるところメッチャ笑えたのにみんな笑ってないの。私が可笑しいみたいじゃん。面白いのに。ファンジョンミン好き。

閑話休題。これは余談だけど、観終わって何かに例えるなら三池崇史の『探偵物語*1』かなって思った。松田優作薬師丸ひろ子じゃないやつ。主演が中山一也っていうだけで、一定数の人を突き放してるあの作品。あまりにも非現実なグロテスクが続くと途中から面白くなってくる感覚が非常に近いですね。久しぶりに観たくなってきた。そういうの作ろう三池崇史

公式サイト

kokuson.com