DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『人狼ゲーム ラヴァーズ』

f:id:aooaao:20170129173429j:plain

www.youtube.com

STORY

家族を借金から救うため、高野蘭子(古畑星夏)は人狼ゲームに参加する。ルールは、二人の人狼役が紛れ込んでおり、それ以外は村人役。毎日20時に自分が人狼だと思う相手に投票し、最も多くの票を集めた住人が死亡する。人狼は0時から2時までの間に部屋を出て、村人の中から一人を選んで殺害するというもの。今回の参加者は、全員過去にも同じような殺戮ゲームを勝ち上がった経験者のようだ。新しく追加された“キューピッド”と“恋人”のルールで混迷するなか、“人狼”と“恋人”の役職を得た蘭子は、見え隠れするゲーム運営側の気配を感じつつ、完全勝利を目指す。

 人狼ゲーム ラヴァーズ | 映画-Movie Walker

REVIEW

このシリーズいつもなんとなく観ていたけど、ついに池田純矢くんが出演すると分かり、さっそく初日に観てきた。何が「ついに」なんだか自分でも分からない。

今回は割と演技が上手い人が多くて、それが逆に今までのワークショップっぽい生っぽさとは違って、故に高校生には見えないなと思うところも多々あった。まあ、全員2回めのターンの設定だから、落ち着いてて当然かもしれない。

恋人の説明をして、すぐにネタバレします。

恋人は村人の中の役職。恋人相手とゲーム終了時まで生き残った場合勝利。人狼が村人の数と同数で勝っていても恋人の勝利。つまり、人狼は村人を減らすと同時に恋人を必ず殺さなくてはならず、村人も恋人が残っていては負けなので、恋人は殺してもらわないといけない。ちなみに、恋人は片方が死ぬともう片方も死ぬ。

ってことで、恋人の役職は今回みたいに人狼にあるからこれだけ面白いんだろうなァと思った。恋人、かつ人狼ってことは、仲間の人狼も裏切ることになるし、はやめにその人狼が吊られてたら寧ろやりやすいみたいなところあるし、わざと吊られるように仕向けたりすることもできるのか。だって、仲間の人狼にバレたらそいつは自分を必ず殺そうとするからね。普通にこわい。まっさらな村人に比べて、欺き方問われれすぎ。ちなみに小生は人狼ゲーム激弱です。適当に言ってるところあります。ご勘弁。閑話休題

主役の古畑さん演じる蘭子は、どことなくビーストサイドに出てた土屋太鳳を思わせるふてぶてしさを身に着けていく様が痛快だった。精神的に追い詰められていきながら、冷静で、残酷。顔は石原さとみっぽくもあるよね。そんな彼女が最後の選択はどうせみんな死ぬ(殺す)だからなのかと思ってみたり。当初の恋人のイメージとはかなり違って、想像以上に百合だった。

蘭子と虎之介(池田純矢)の人狼コンビはもうちょっと面白くできただろう。それともあっという間のこと過ぎて、深く絶望することができないって感じなのかな。いやでもさ、人狼同士でどっちかが恋人なんじゃないかって疑った瞬間、完全に頭ごちゃる。ひとまずその可能性は置いておこうってなるだろうな。人を殺すという共同作業の中で芽生える連帯感もあるだろうし。ところで、虎之介が押さえ込んだ村人をめがけて蘭子がナイフ持って飛び込んでいくシーンがめちゃくちゃ好き。抱き合ってるみたい。虎之介には吊り橋効果的なアレあると思う。どんどん分かり合っていく人狼同士。一方で、恋人同士は如何ともしがたいまでに憎みあってるからこそ人狼同士との対比も生きて面白いみたいなものもあった。

今回、「登場人物が人狼ゲームやっている映画」じゃなくて、今まで以上に人狼ゲームの面白さとストーリーが リンクするように感じた。面白かった~次も期待。

 

舞台挨拶のあれこれ

  • 司会がジェントルさん。(『闇金ドッグス4』を観てください)
  • ジェントルさん「(挨拶なのに喋り方が)芝居がかってて面白い」と池田純矢が喋るたび笑ってた。そう、彼はどこにいても池田純矢
  • まだ24歳だけど、現場では一番年上だったらしく、「撮影終わってから池田くんが車出してくれてラーメン屋さんに連れてってくれました。いい兄貴です」ってまえだまえだの前田くんが言ってた。

【総括】監督でもないし別にいいんですけど、池田純矢を使う側に立ったら「癖が強い」ってひゃくまんかいぐらい思うと思う。

jinro-game.net

関連記事

aooaao.hatenablog.com