読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『闇金ドッグス5』

f:id:aooaao:20170115200628j:plain

www.youtube.com

STORY

ラストファイナンスの須藤司(青木玄徳)は、街金から金をだまし取るために結婚と離婚を繰り返すうちに、戸籍上の名字を忘れてしまった。ある日、司にローン会社から連絡があり、妻の借金の支払い義務があると伝えられる。そんな中、司は新規の客・沼岸光夫(菅原大吉)を担当することになる。沼岸は、認知症の母親のため給料の安いブラック企業に勤務していたが、解雇されてしまい……。

 映画『闇金ドッグス5』 - シネマトゥデイ

 REVIEW

「いよいよここまできましたか」というのが鑑賞後の率直な気持ちでした。社会的な問題を表現していきたいと言っていた言葉が現実になったというか。それも、彼らでなければこれだけのエンターテイメントすることはできなかった。そう思ったのです。『ガチバン』から『闇金ドッグス』になって、5まで続いてきて、やっとここまでこることができた。『恋人たち』*1を観たときのような焦燥感が漂い、『無垢の祈り』*2を思わせる絶望感が残る。一周回って感動的でした。

特に大きく変わったところでいうと、シリアスとコメディパートの逆転。今まで忠臣が月を、司が太陽を背負っていたのに、4と5でそれは逆になります。けれどそれは単に変わっただけではなく、忠臣は闇金屋として覚醒し、司は闇金屋としての真価を問われ始めたことで、成長していくということのあらわれだったわけです。ふと、そんな司の姿を見ていて、『ガチバン エクスペンデット』の紋児を思い出した。紋児はそれまで「ガチバンワールドの王子様*3」という感じだったのに、エクスペンデットを経て大きく成長したように見えた。残念ながら紋児に関しては成長した後の姿をあまり見られなかったけれど、司はこれからどうなっていくのだろう。

忠臣や司が物事の当事者にならないという話の展開は、シリーズを続けていく上では重要なことかもしれない。今回の沼岸の物語は実話を基にしただけあって、あらすじだけ読んでもつらい。沼岸は誰に追い込まれたのだろうか。本当に司のせいだろうか。その問いに対して即答できるほど、物事は簡単ではないということを忠臣は知っている。だからこそ、司のようになんとか答えを出そうとはしない。誰が悪いだとか、どうすればよかったとか、そんなこと重要ではない。生きていくということが最も大切で、それだけあればいいと忠臣は知っている。この達観したような考え方は、ガチバンシリーズの紅井レオに通じるところがある。レオと行動を共にしていた心愛も、レオやレオの周りの環境を「地獄だ」と言った。実際、今現在もレオはずっと地獄のようなところにいるのだけれど。

話を戻して、『闇金ドッグス5』はそれぞれの正義の話だ。忠臣や司はもちろん、沼岸に生活保護を支給させてピンハネしていた五条も、なんとか生きようとしていた沼岸だってみんな自分は正しいと信じている。勧善懲悪にならないからこそつらいのだ。でも、そのおかげで胸糞悪い結末ではなく、きちんとエンターテイメントに昇華されたのだと思う。そこが今作の素晴らしいところだった。

また、新キャラのキビマキや、戸籍上の司の奥さんは本当に居てくれてありがとうなって感じだった。ガチバンシリーズの時でいうと、よっちゃん先輩みたいな存在。司がシリアスに転換した今、ああいうキャラクターが居てくれないと画面が重くて観客が死んでしまう*4。そんな元木監督や脚本のイケタニマサオさんのコメディとシリアスのさじ加減が最&高でした。

先にも書いたけど、今後忠臣や司はこの物語の狂言回しとして存在していくのだと思う。外道でも立派に成長したのだからいちいち喧嘩もしないし、感情的にならないのは当然なのかもしれない。でもそれは同時に私にとってはとても寂しいことだった。私は紋児や勇人やレオや京平や斗氣雄のような一生懸命で泥臭いキャラクターが好きだ。どこまでも自我でぶつかっていく男たちの人間らしさが好きだ。昔の忠臣はそうだった。きっと今でもその人間らしさを彼は心に残して、いつかまた魅せてくれると信じている。

関連記事

www.cinematoday.jp

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

aooaao.hatenablog.com

*1:映画『恋人たち』 - DD過ぎて中身が薄い

*2:映画『無垢の祈り』 - DD過ぎて中身が薄い 特に音響効果が良くって、調べてみたら『無垢の祈り』でも音響を担当してた丹愛だったんですよ やっぱりそうですよねって感じです。『無垢の祈り』 - 上映 | UPLINK

*3:元木監督「佐野和真の森紋児は、『闇金ドッグス』の世界にあまりいれたくないところはあります。『ガチバン』の中の王子さまであってほしいので(笑)。」山田裕貴、窪田正孝らを送り出した『ガチバン』から新たな世界『闇金ドッグス』へ 元木隆史監督がシリーズ映画に込めた想い | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス

*4:例:『ガチバンTRIBAL』たぶん心愛ちゃんが緩衝材のつもりだったんだろうけど、レオくん教の信者(メンヘラ)過ぎて共倒れした。あのおかげでレオくんは立ち直ったんだろうけど。