bpm EXTRA公演 舞台『ESORA』

f:id:aooaao:20160911081100j:plain

STORY

とある港に停泊する海賊船。

その近くで、静かに本屋を営む男「バートン」。 

花売りの女「ソフィア」との出会いは、彼の止まった時間を、ゆっくりと動かしていく。

男と女、海賊と村人、愛と憎しみ、笑いと涙で繰り広げられる、運命の数日間。


―なんとかしようとするのを、世界は許している。

2016年 bpm EXTRA公演 舞台『ESORA』 | ハイブリッド・アミューズメント・ショウ【bpm】

REVIEW

bpmの公演を観に行くのはアヴェマリと今回で二回目。前回観た時に、「この人たちの笑いのポイントはめちゃくちゃ合うなぁ」と思っていたけど、今回もそうだった。そして笑えるだけでなく、めちゃくちゃ泣けた。

物語はある港町から始まる。その昔、その港町に住んでいたソフィアという女性が、町長のオリバーからの手紙で、再びそのに訪れる。そして彼女がそこを離れる理由となった人、バートンの物語のすべてがオリバーから聞かされる。徹頭徹尾、夢と希望に溢れたファンタジー。舞台からしても、ワンピースのような活劇だけれど、そこにはbpmらしい魅力がある。笑えて、泣けて、最後にはまた泣けて。観終わって正直しんどいなと思った。なんてずるい。素直すぎるほど素直に生きる登場人物たちに、心奪われた。これほど、私たちの生きる世界と違っていても、我がことのように感情を入れ込み、感じ入ったのは久し振りだった。

主役のバートンを演じたのは宮﨑秋人。このバートンという役を演じるのは、彼の望みだった。

ameblo.jp

そして、幕が開け、バートンとなり、カーテンコールで挨拶を終えた彼の顔には、言葉にはできない満足感が現れていて(いわゆるしたり顔)、「良かった」というより「やられた」という気持ちになった。彼のゴールはここではない。ここを通過して、その先にあるもののために彼はバートンになった。その宮﨑秋人の想いが一瞬でわかった気がした。私の思い込みかもしれない。でも、私はそう思った。だから、これからの彼の姿を見ていたいと思った。

女性には優しく、一人の男として理想に向かって生きるバートンの姿は、泥臭くかっこ良い。所作や言葉の端からから隠しきれない優しさが滲んでいた。そして、少しだけ『夕陽伝』を思い出した。初めて宮﨑秋人という俳優を観た作品。自分の望みと、それが叶わない現実の狭間で苦しみ、理性的に生きようとしたけれど、どうすることもできず、想いを伝えられなかった人。それから半年ほど経って、再び大きな困難を目の前にした彼は必死で「なんとかしよう」としていた。そして、世界はそれをちゃんと見ていて、伝えなくてはいけない人まで届いた。全く関係のない他の作品と繋げることはできないけれど、私はこの期間での成長のように感じた。

それにしても、バートン本当にカッコいい奴。あまりにも格好つけるから時々いらいらしたけれど、あれもあれで不器用な感情表現なんだろうなと思うといろいろ合点がいった。ちゃんと必要なものを背負って、したいようにした。どこかの特撮映画じゃないけど、「俺はしたいようにした。君たちもしたいようにしてくれ」と言われているような、そんな温かい希望が最後に残っていた。

 

浅沼さんのお話も演出もすき!!!過不足なく丁度良いとはこのことと思う。無駄なことは言わず、描かず、人間が捉えられる限られた領域の中で楽しめて、心揺さぶってくる。絵本とか児童文学とかそういうテイスト。ずっと前に忘れてた感情と感覚を思い出すことができる。そんな浅沼さんが演じたガイはストーリーテラーであり、アクセントであり、岐路だった。

丸目くんのオリバー可愛かった!見た目もそうだけど、子どもらしい可愛さというか、無邪気で魅力的。純真無垢で何も知らないオリバー。いろんなことを知っていくうちに強くなっていく姿が愛おしかった。

三上俊さんは本当にセクシー。大悪党の海賊ギリアムだけど、それでもヒールとしての魅力があった。それに、副船長のワイルダーとの出会いとか、関係性とか、いろいろ考えてしまった。ワイルダーは根っからの悪というわけではないし、そんなワイルダーが船長と慕っていたギリアムとの間はちゃんと絆があったはず。

西田大輔さんのウディ。西田さんつむ鴨はいいのかな?って思ったけど、そんなの私が考えることじゃないのでいいです。西田さんが役者として動いてる姿を初めて見て、やっぱり殺陣が大好きな人なんだなと。2000手もないですけど、十分に伝わってきました。

どのキャラクターもそれぞれ魅力的なので言い尽くせない。百聞は一見に如かずとはこのことだし、ネタバレなんてしてほしくない。はじめて作品を見た時に感じたこの感情と感覚を大切にしたいなと思う作品でした。おわり。

 

なんとかしようとするのを、世界は許している。

 

作・演出 浅沼晋太郎

出演者

宮崎秋人
美波
楠田亜衣奈
ファーストサマーウイカ(BILLIE IDLE®)
平野勲
内堀克利(10・Quatre)
佐久間祐人(AND ENDLESS)
磯貝龍虎
三上俊
丸目聖人
猪狩敦子bpm
菊地創bpm
浅沼晋太郎bpm
西田大輔