読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬱っぽいBL漫画10選

今非常に「鬱っぽいBL漫画」のオススメが欲しいので、クレクレ言う前に自分のオススメを先に書いておきます。読んだらコメントにオススメください。後生だから。

 

自由が消えた世界『エンドレスワールド』

エンドレスワールド (MARBLE COMICS)

エンドレスワールド (MARBLE COMICS)

 

「ドラッグ」「暴力」「セックス」といったところのテーマが好きな人には読んでほしい。どちらかというと受動的でそこまでBLっぽくないので、微笑ましい瞬間はほぼないというか、そういう雰囲気を楽しむ作品ではない。「どうして○○したのか?」という謎を解くようなミステリー展開が好きであればオススメ。

同性であるっていうことに葛藤するBLっていうのもいいんですけど、基本的には人間対人間の愛の話が好きなので、あまりそういう小難しいことで悩まない単細胞とか、そういうことを悩む概念を持ち合わせてないキャラクターがいるとわくわくする。この話の場合、暴力だけで生きて来たトシミツはあらゆる概念にとらわれない自由の象徴で、周りもその存在に自然と惹かれてしまう。愛情とか憧れとかそこら辺をあまり区別せずに、ただ情を持っているということを痛烈に描いている作品。

 

長い祭りの夢のあと『刺青の男』 

刺青の男 (EDGE COMIX)

刺青の男 (EDGE COMIX)

 

 阿仁谷ユイジ先生はエロくて甘い話を描くイメージが強いけど、『刺青の男』はそれとはまったく違う。いわゆるヤクザのホモフォビアな世界の話で、基本的にソリッドで切ない。これも一種の謎解き要素があるというか、世界がぐるんと反転する瞬間の衝撃がものすごいし、何度読んでもショッキング。それでも「さすが阿仁谷先生!」というイチャイチャ感が唯一の救い。でも逆にそこで幸せすぎるから悲しいということもなくはない…。ドージンシの方にいくつかスピンオフがあって、それ単体で見れば割と普通のBLだけど、前提を知っているからなおさらつらい。つまりつらい。いわゆるメリーバッドエンド。

 

完璧な共依存『ダブルミンツ』

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

ダブルミンツ (EDGE COMIX)

 

傷つけて傷つけられることで、確かめ合って分かりあってやっと好きだと気付くBLが好きなのかもしれない!!!この話はバッドエンドではないし、鬱っぽいっていうかどちらかというと病的な共依存のお話し。優しさと残酷さを併せ持った大人がいるのも良いなと思います。

中村明日美子先生の最近の作品なら断然『薫りの継承』が鬱。

 

思考と文字の洪水『茜新地花屋散華』

茜新地花屋散華 (EDGE COMIX)

茜新地花屋散華 (EDGE COMIX)

 

ルネッサンス吉田という名前からして最高。ちなみに大学近くの本屋で平置きして激押ししてたのをみて「この本屋大丈夫かな」と心配になった思い出があります。「萌え」とかそういうものとは別の域にある精神の話の中に、愛情を表現しようとして、作者の気持ちが溢れました~という感じ。こんな風に愛情を傾けてもらいたかったのかもしれないなとまで思った。バランスというものがあまり感じられず、情報過多なので毎回読むごとに違う話のように読める。

続編のこちらもぜひに。

淋座敷空慰 (EDGE COMIX)

淋座敷空慰 (EDGE COMIX)

 

 

最低なハッピーエンド『コオリオニ』

コオリオニ(上) (BABYコミックス)

コオリオニ(上) (BABYコミックス)

 
コオリオニ(下) (BABYコミックス)

コオリオニ(下) (BABYコミックス)

 

長い感想はこっちで書きました。漫画『コオリオニ』梶本レイカ - 煩

端的に言うと、はたから見たら過去も未来も真っ暗なのに、この二人なら何とかなりそうというパワーがすき。鬱なのに強い!という感じで生きる力に満ち溢れてる。すごい。

『高3限定』は何度読んでも何を言ってるか分からないけど、こちらも一応ハピエン。

高3限定(POE BACKS Babyコミックスextra)

高3限定(POE BACKS Babyコミックスextra)

 
高3限定 2巻(POE BACKS Babyコミックスextra)

高3限定 2巻(POE BACKS Babyコミックスextra)

 

 

いろんなタイプのクズしかいない『寄越す犬、めくる夜』

寄越す犬、めくる夜 1 (Feelコミックス オンブルー)

寄越す犬、めくる夜 1 (Feelコミックス オンブルー)

 
寄越す犬、めくる夜 2 (onBLUEコミックス)

寄越す犬、めくる夜 2 (onBLUEコミックス)

 

 諸悪の根源は優しすぎる人間だよな!!!みんな一生懸命生きているのにお前の生ぬるい優しさのせいで、みんなして苦しむ羽目になるんだからな !といいたくなるものの、良い感じにみな底辺の人たちの話なので、どっちもどっち。共感して苦しくなるというよりも、異世界を覗いて鈍器で後頭部殴られて目を覚ましたら頭痛い、みたいなつらさです。話は続いてるのでこれからどこまで落ちるかはかりかねるところではあるけど、まだまだいきそう。

 

ダウナー系鬱BL『ネガ』

ネガ (バンブーコミックス Qpaコレクション)

ネガ (バンブーコミックス Qpaコレクション)

 

短編集でいろんなタイプの鬱屈とした欲望が提示されている中、一番好きなのは『リスタート』。大きなことがあった後の後始末の話だと思って読んでいるんだけど、そうそう上手くはいかないもので、というところの後悔と懺悔がつらい。お互いずっと一緒に居たかったし、これからはもう一生離れられないのに、その状態は完全な幸せでもないというジレンマ。でも、本能的に(頭を使わずに)他人に愛情を傾けることができるのは素晴らしいなと思います。おそらくそれが彼らにできる唯一の正直な行動だろうしね。

最近全然読んでないのでこんな王道ばかり。鬱BL漫画オススメbotとかないんですか(ask)