DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

映画『台湾新電影時代』

f:id:aooaao:20160502130305j:plain

www.youtube.com

解説

 1980年代の台湾映画界に生まれた潮流「台湾ニューシネマ」の足跡と後世に与えた影響をひも解くドキュメンタリー。台湾はもとより、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界各国の映画人たちにインタビューを敢行し、日本からは俳優の浅野忠信や映画監督の黒沢清是枝裕和、評論家の佐藤忠男らが登場。当時の作品や映画運動の意義について語るほか、ベネチア映画祭金獅子賞受賞作「悲情城市」を手がけたホウ・シャオシェンや「恐怖分子」のエドワード・ヤンら、台湾ニューシネマを代表する監督たちの作品映像も多数交える。2015年・第10回大坂アジアン映画祭で「光と陰の物語:台湾新電影」のタイトルで上映。16年、特集上映「台湾巨匠傑作選2016 世界の映画作家に影響を与え続ける台湾ニューシネマの世界」で劇場初公開。

台湾新電影(ニューシネマ)時代 : 作品情報 - 映画.com

 

REVIEW

K'sシネマ10:30からの回に多くの人が並んでいて「あ、そうか今日は映画の日」と思ったのだけど、それ以上に台湾ニューシネマの日本での人気を考えた一日のはじまり。ホウ・シャオシェンエドワード・ヤンの作品をそんなに多く見たことがあるわけではない。一時期、大学の授業のために中国&台湾映画を調べていたからなんだか懐かしいとなと感じる程度。

私が台湾映画に感じるのは「風」。人と人の間を吹き抜けていく風がまるで主人公のような振る舞いをする。『恐怖分子』もう一度観たいな。

 

www.youtube.com