DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

だれのためにもならない話~映画『ライチ☆光クラブ』のキャストについて~

 ようやくから映画『ライチ☆光クラブ』が公開されますが、なんだかんだ長かったな。最初は2015年秋公開とか11月とか言われてていつの間にか2016年2月に。間に残酷歌劇を挟んだことで、じりじりとライチ熱が保たれつつあるのでこれは一つの戦略だったのかなと思います。

  そんなことはひとまず、今回の光クラブのメンバーに選ばれたメンバーが世の中的な2016年期待の若手俳優という感があって面白いなと思ってます。しかも偏りなくいろんなとこから引っ張ってきたな感。経路の違いがハッキリしていて面白い。

 

◉出演者のプロフィール

野村周平(のむらしゅうへい)

  • 生年月日:1993年11月14日
  • 出生地:兵庫県神戸市
  • 身長:175cm
  • 血液型:AB型
  • デビュー:2009年
  • 事務所:アミューズ

 そもそも、「100%タミヤが主役です!」という時点で重用されているなという感じがあるけど、それも大きな波に乗っている象徴というのか。「ハンサムライブ」で歌って踊ってるイメージと、バイクやスケートボードを乗り回している姿と、時々テレビなんかで見るところでいうと「若いんだな~」という感じ。自分でも、気が変わりやすいとか、どんな性格か分からないとか言ってるあたり、気分屋で今のところ怖いものなしなんだろうなと察しています。たまにジャイアンかなとも思う。

 古川雄輝(ふるかわゆうき)

  • 生年月日:1987年12月18日
  • 出生地:東京都
  • 身長:180cm
  • 血液型:A型
  • デビュー:2010年
  • 事務所:ホリプロ 

個人的には三代目EXILE(面倒臭くなった)の岩田剛典を破ったミスター慶応。もしくは、ディーン・フジオカより若いジャパニーズ・アジアンスターというイメージだったんですけど、案外デビューして日が浅いんですね。この映画の出演者の中では一番年上で、ストイックで、山籠りのような撮影でも仲間とドンチャンやることなく台本と向き合っていたと。真面目ですね。さすが慶応ボーイ。というよりも、やっぱり年齢的な成熟さと頭の良さがこのメンバーだと浮いている感じがします。

間宮祥太朗(まみやしょうたろう)

以前ちょこっと書いたことがあるけれど、苦手(最近克服してきた)俳優です。何度も言うけど、彼は悪くない。総てを手に入れていそうところに羨望している自分が嫌だから苦手と言っているだけです。華の93年組で横浜出身で、最近聞いてるのがSuchmosとかなんなんだよ(やつあたり)あのシュン・オグリとゴー・アヤノの事務所というのもポイントです。

池田純矢いけだじゅんや)

  • 生年月日:1992年10月27日
  • 出生地:大阪府
  • 身長:171cm
  • 血液型:A型
  • デビュー:2006年
  • 事務所:バール

ジュノンボーイで、現在では舞台・ドラマで俳優として活躍するほか、声優の仕事もする。戦隊(ゴーカイジャー)や、ライダー(GARO)に出たり、いろんなことをして入るけど知名度は前三人と比べると低い。芸能生活が長いだけあって(中学生で上京してひとり暮らししていたらしい)仕事に対する熱量がすごい。でも、適当にやっているふりをする時がある。そういうところを見て古川ゼラが心を開いてくれたんだと信じてます。(例:https://twitter.com/junya_ikeda2710/status/698128456035409921

 松田凌(まつだりょう)

映像にも出てないことはないけれど、メインは舞台の俳優。そもそもが『URASUJI3』という舞台を見て役者になろうと思ったとのこと。舞台で活躍する若手俳優の中では人気が高い。今回の雷蔵という役をやるにあたって、半身浴やネイル、ハンドクリームを塗るなど女子力向上に努め、スタッフに「抱きたい」と思わせることを意識して動作をとり、男ばかりの現場でちやほやされていたにも関わらず、中条あやみちゃんが来た途端カワイイのお株を取られたエピソードと、「自分は舞台の人間で映像の人たちには受け入れてくれないだろうな」ってバリア張って、飲み会に参加しなかったというエピソードが好き。つまり好き。

戸塚純貴(とづかじゅんき)

とにかく喧しい。初めて見たのが『仮面ライダーウィザード』で、その役でも煩かったけど、素でもお調子者なんだなって。池田純矢も場を盛り上げるタイプだけど、ちょっと打算的というか何か考えてやってるんだろうなと思う。一方の戸塚くんは純粋にみんなが笑っている場が好きなんだろうという感じ。

柾木玲弥(まさきれいや)

  • 生年月日:1995年3月24日
  • 出生地:北海道
  • 身長:172cm
  • 血液型:B型
  • デビュー:2009年
  • 事務所:ヒラタオフィス

一時期2chで話題だったんだけど、どこかで矯正されたのかその後は大人しい様子。挙動が不思議過ぎるので学生生活でいじめられてなかったかなと心配になったけど、全校生徒20人とかいうレベルの場所で生まれ育ったので大丈夫そうです。よかった。

藤原季節(ふじわらきせつ)

  • 生年月日:1993年1月18日
  • 出身地:北海道
  • 身長:173cm
  • 血液型:B型
  • デビュー:2014年
  • 事務所:オフィス作

元々は松田優作の奥さんの松田美由紀が旦那好き過ぎて作った事務所(語弊)今では松田龍平松田翔太はもちろん、森山未來がいるこの事務所。そんな事務所の期待の新人っていうだけでもちゃんと売れそうでいいなと思う。新人なのに野村周平に「今のきみにはついていけない」っぽいことを言ったり、そのくせめっちゃピュアピュアだからすぐ騙されちゃうしかわいいな。そのまま良く育ってほしいです。

岡山天音(おかやまあまね)

  •  生年月日:1994年6月17日
  • 出生地:東京都
  • 身長:175cm
  • デビュー:2009年
  • 事務所:ユマニテ

ユマニテっぽい顔~!それにしても玲弥とか季節とか天音とかなんかもうすごい。っていうか、なんで岡倉天心じゃないの。羨ましいくらいの顔の存在感なので超絶推せる。

 

◉「ライチ☆光クラブ」と「スクールカースト

 実際の光クラブタミヤをリーダーとしてはいるものの、ゼラを帝王としてみんなつき従っているゼラの絶対王政です。一方、『ライチ☆光クラブ』の出演者のインタビューやアメスタなど、素に近い様子を見ているとそれとは違うことはもちろん、スクールカースト的なものを感じました。

 

  基本的にはジョック野村とクイーン・ビー間宮が全体を率いて、スラッカー(道化)の戸塚とメッセンジャー(パシリ)の藤原、ブレイン(ガリ勉)の岡山、ターゲット(いじめられっ子)の柾木が周辺にいる。そこと別世界にいるのがプレップス(お金持ちのおぼっちゃま)と不思議ちゃんの松田で、上位集団とプレップスや不思議ちゃんを繋いでいるのがプリーザー(ジョックの子分)の池田という感じ。リア充とキョロ充とぼっちの縮図です。

 

matome.naver.jp

という話をしたいがために書きました。映画が本当に楽しみです。