読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇団鹿殺し『キルミーアゲイン』

f:id:aooaao:20160117212934j:plain

劇団鹿殺し活動15周年記念公演「キルミーアゲイン」

活動15周年記念公演『キルミーアゲイン』観てきました!きっかけ?なんだろう分からない。とにかく面白そうだったの。ということで感想です。

 

コメディだとばっかり思ってたんです。ろくにあらすじも見ないのはいつものことなんだけど、喜劇だと信じていた。でも違った。とても笑って泣ける「演劇」だった。「演劇」を見せてた。いろいろな想いが込められてるんだろうなとド新規が見ても思ったので、それこそずっと見続けてきた人たちにとってはドキュメンタリーのようだったかもしれない。でも私にとっては確かに「演劇」だった。沢山のひとが、沢山の想いをもって、自分の好きな舞台で、好きなことをやるということの覚悟と、喜びと苦悩が溢れてた。本論(ダム兼建設反対の為に演劇で村人呼びかける)の部分は、演劇で表現するという行為に重きが置かれていて、それがファンシーでファンタジーでフィクションで、みんな本当に演劇が好きなんだなと。その上で15年前の洪水のくだりは心を揺さぶられたし、もうなんだよ泣くだろ(泣いたけど)って思いました。

 

ずっと思ってはいたんだけど、サイトとか、チケットの売り方とか、その他プロモーションの仕方を見ていてこの人たちはファンを作るのが上手い。ただ手売りしたり、アフターイベントをすればいいってもんじゃないってどこかの誰かに教えてあげたいです。劇団員も外部でいろいろやって来て、お客さんを連れてきたりするんだろうし、これが劇団の強みなんだろうな。だって、もう好きだもの。そんなこんなんで内容とは関係ないけどA列から観る弊害としては、舞台上で起きる細かいことが気になって仕方ないこと。でもそれ以外は、あの熱量を間近で感じられたことは控え目に言っても最高だった。

 

最後にどうでもいいことを箇条書きして終わります。

  • 細貝圭の鼻は3Dを越えた
  • オレノさんはたまに佐野岳
  • 橘さんはずっと町田啓太

 以上です。

 

www.youtube.com