DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

シャーロックホームズ




【あらすじ】
オーストリア皇太子が遺体で発見されるという事件が発生。天才的な頭脳を持つ名探偵ホームズは、皇太子が殺害されたと推理。ホームズの前に立ちはだかるのは、モリアーティ教授(ジャレッド・ハリス)。この事件は首謀者モリアーティ教授によって画策された、より大きな犯罪のパズルの一つにすぎなかったのだ。事件の捜査を進めるホームズは、鍵を握るジプシーの占い師シム(ノオミ・ラパス)に出会う。ホームズ、ワトソン、シムの3人はイギリス、フランス、ドイツ、そしてスイスへと次々に大陸を横断して捜査を進めるが、次第に危険度を増してゆく。しかも、常にホームズたちの一歩先を行くモリアーティ。彼の策略が成功してしまえば、歴史の流れを変えてしまうほどの死と破壊の渦巻く世界になってしまうのだ。果たしてホームズたちは、いかにしてモリアーティ教授の陰謀に立ち向かうのか……?(goo映画)


前作を映画館に観に行った筈なのに、誰と行ったか一向に見当がつかないことがずっと魚の小骨のように引っかかりながら観てきました。結局思い出せません。予告のところでマンソンの曲が流れたので帰りに借りてきました。中学高校を思い出しますね。閑話休題、映画の話に戻りますがとても映画らしい、お金の使い方が分かりやすい映画でした。映画館で見るにふさわしい一作です。複雑とまではいかないにしろ、少し無理矢理感のある筋ですが、それもロバート・ダウニーJrとジュード・ロウがいれば許される。きっとそう決まっている。主人公は死なないの法則を絶対に崩さない姿勢を見せつけられたような気もします。個人的にはアイリーンの登場が少な過ぎて涙。その分予想以上のホモ展開。ワトソン妻がいつものように追いやられているから仕方ないんですけどね。あと、ジプシーの女が気になり過ぎて、どっかで見たことあるなと思っていたら、スウェーデン版「ミレニアム―ドラゴンタトゥーの女―」のリスベット役の女性でした。かわゆい。今回イギリスだけでなく、フランス、オーストリア、ドイツと廻っていて俳優たちはフランス語やドイツ語喋るし、特にフランス語の発音とか綺麗なんだろうかとか考えてました。似非な感じだったら可哀想だなって、余計な御世話なんですけど。映像効果でいうと逃げるシーンでスローモーションが多くて少し気になったくらいで、後は中世のヨーロッパが戻ったリアルがありました。あんな時代に生まれたかった。とかいって所詮私はボロ屋の工場勤務女子工ですけどね。とかく、面白かったです。DVDで借りるなら映画館で見る方をお勧めしますよ。