DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

スマグラー



【あらすじ】
役者志望の25歳フリーター、砧涼介(妻夫木聡)は役者の夢に挫折し、パチスロ店でつまらない儲け話に乗って失敗、多額の借金を背負う。砧は借金返済のために、裏社会の便利屋・山岡(松雪泰子)の紹介で秘密の運送屋=スマグラーの仕事をすることになる。運送の仕事を仕切るジョー(永瀬正敏)とジジイ(我修院達也)とともに初仕事にかかった砧だが、依頼された荷物は田沼組組長(島田洋八)の死体だった。危険な荷物の運搬と処理がスマグラーの仕事。高額報酬の理由はそこにあったのだ。一方、組長を失った田沼組の幹部、西尾(小日向文世)、河島(高嶋政宏)らが動き出す中、亡き組長の若妻・田沼ちはる(満島ひかり)は、その様子を冷ややかに見つめていた。いつしかチャイニーズマフィア最強にして伝説の殺し屋二人組、背骨(安藤政信)と内臓(テイ龍進)の名前が挙がり、やがて砧たちのもとに新たな依頼が舞い込む。それは失敗の許されない想像を絶する代物だったが、砧のその人のよさが災いして、人生最悪の失敗をしてしまう。もはや死を覚悟するしかないのか。絶体絶命の大ピンチの中、これまで真剣に生きることを放棄してきた彼が、初めて自分で決意し、一世一代の賭けに打って出る。果たしてその運命は……。(goo映画より)

安藤政信が出演するなら観るしかない!と意気込んで初日に観に行くものの夕方の上映だったにもかかわらず客席ガラガラGOでしたね。ちょっと切ない。漫画で予習済みだったので良くも悪くも二つを比較しながら観てみましたが「漫画を映画にしました。」って感じで残念な気がしました。漫画でも小説でもやっぱり原作がある作品だったら映画化に際して変化が求められると思うのです。それじゃなきゃ映像にする意味ないし、期待感があっただけ残念と思ってしまうし、なぞっただけでは...。あと出てくる俳優みんな大物すぎてそこにも違和感。結構グロいし途中ホラーですか?と聞きたくなるような場面が会っただけにそれをシュールに見せるには無名俳優とか今までのキャラクターがない人が適してるのかなぁなんて。高嶋さんとかいいのかなあれで。ベストキャストは安藤政信(途中エクソシストのりうつるところこあい)、テイ龍進、阿部力、チョイ役の松田翔太。友達と一緒に観たんだけど松田翔太がお兄ちゃんの龍平さんに一瞬見えて萌えた。(え?)なんならお父さんの松田優作も出ててなんかうんいい。結局私は松田兄弟と安藤政信が好きだということですよ。でも松田翔太が好きなのはお兄ちゃんあってです♡(おい)話を少し戻して『青い春』くらい原作とちょっと違う道で映像化してほしかったな。『リボルバー』は漫画のまんまで好きくなかったけど。あとはなんだろ。拷問シーンに重きを置くんじゃなくてもっと背骨と内臓の関係性を監督の妄想でもなんでも膨らませてほしかった。ああいう拷問やらなんやらをやらせたらやっぱり三池崇史監督がシュールにまとめてくれるからいいよなぁってざっくり思ってみたり。二度は観ない映画かな。残念です。

http://wwws.warnerbros.co.jp/smuggler/index.html