読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒井敦史が演じた中で特に好きな役の話

お題「推しが演じた中で特に好きな役の話」 男もすなるお題といふものを、女もしてみむとてするなり。かどうかは知りませんが、はじめてのお題に挑戦♡ 1.紅井レオ(ガチバンシリーズ) すでにめちゃくちゃ思いの丈を述べてた... aooaao.hatenablog.com …

妄想劇場 part.2 『昭和歌謡大全集』

映画作品で舞台化したらと妄想するだけのエントリ。ちなみに一回目はこちら。 aooaao.hatenablog.com そして今回は『昭和歌謡大全集』 www.youtube.com 東京都調布市。この町に暮らす6人の少年、イシハラ、ノブエ、ヤノ、スギヤマ、カトウ、スギオカ。普段は…

妄想劇場 part.1 『46億年の恋』

この世にある映画の中で一番好きな映画が『46億年の恋』なんですけど、公開当時から「演劇っぽい」と言われていたので勝手に舞台化した場合のキャスティングを考えてみました。 aooaao.hatenablog.com 46億年の恋についてはこちらの予告と素敵なMADをご参照…

推しプレイリスト(邦楽のみ)5選

流行りものに便乗してみました。 1)推しがやめたとき/『月光』ASIAN KUNG-FU GENERATION 月光 ASIAN KUNG-FU GENERATION ロック ¥250 provided courtesy of iTunes 最後の時が訪れて 夢ならば覚めて欲しかったよ 迷子を探すような月が 今日も光るだけ htt…

翻訳劇に出てほしい。

今日も一日お疲れ様でした。私は当面の嫌なことを無事往なしたので気分が良いです。 ところで、今はとてもとても翻訳劇が観たい気持ちです。公演が近いところで言うと『Take me out』とかいいなと思いながら多分観に行かない。理由は「推しごと」を優先する…

語彙が好ましい俳優のブログ

最近、ブログを書くことより読むことが多いんですけど、芸能人、一般の人含め語彙ばっかり気になっちゃう。内容いかんよりも読んでいるとリズム感を崩される感じのする文章が好きですね。ということで、私が語彙が好ましいなと思う俳優のブログをただ貼るだ…

自分しか演じられなくなったとき

私が若手俳優、そして演劇の世界を知るきっかけ*1となった人が、事務所を辞めて芸能界を去った。その最後は案外さっぱりしたものだったし、こちらも思ってたよりは平気だった。まだ今は。 彼はいろんな可能性を持った人だったから、俳優や芸能活動以外にもう…

はじめて手紙を書いて厨プレをした

そもそも「厨プレをする」という言い方であってるのだろうか。まぁそれいいとして、タイトル通りはじめて手紙を書いて厨プレをした。私自身が推しの名前を書かないで内容を伝えるブログから、その推しを読み取るのが好きなのでその書き方で。ファンイベント…

私の好きな2TOP(ツートップ)

日曜9時の『仰げば尊し』がついに終わってしまいました。物語はありきたりだし、ノベライズ本なんて誰が買うんだって感じでしたけど、俳優さんたちがキラキラ輝いていて、ただただ視覚から心に潤いを与えてくれたドラマでした。特に村上虹郎と真剣佑は「2TOP…

露出狂でいうところの「狂」について調べました。

高天ヶ原高校サッカー部に入部した〈佐反町〉〈白峰〉〈比留〉の3人はその圧倒的な実力が災いし、入部早々先輩たちと対立する。同じ1年生の〈御器〉も含めた4人は、退部を掛けて上級生と真剣試合した結果、あっさり勝利をおさめてしまう。高天ヶ原高校サ…

【メモ】村上虹郎インタビューとかいろいろまとめ

以下、総て直リンク。 2つ目の窓 www.moviecollection.jp st.wowow.co.jp www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com 忘れないと誓ったぼくがいた chubu.pia.co.jp city.living.jp www2.business-i.jp 大好きな人を感じる [日曜インタビュー] - 大阪…

好きなもの語りについて

「いま一番何に(誰に)ハマっているの?」と聞かれると、誰に聞かれているかで答えが変わる。その時点で一番を答えられない自分が生まれる矛盾に毎回ぶち当たる。 自分にはオフで会って話す若手俳優オタクの友達がいない。極論、自分よりこの界隈を知ってい…

小越勇輝くんのファッションとKドルのそれとか

小越勇輝くんのファッション おごえくんの服へのこだわりまとめる自己満したい — ブルー (@haiyukawaii) 2016年8月1日 ふとこんなことを考えてしまったので、とっさにやってみた。基本ソースは彼のアメブロとインスタ。ブログを全部見るのは無理だったので「…

【自薦】スクリーンで逢いたい若手俳優

映画の評論家50人が選ぶ「スクリーンで逢いたい若手俳優(30歳以下の俳優)」という特集をキネマ旬報が打ってたので積極的に(勝手に)参加します。ただ、30歳以下という括りが広くて、キャリアの長い人が入ってても面白くないので、デビューから5年以内とし…

媒体(メディア)と理想(アイドル)という見方

基本的に俳優は物語を伝える媒体(メディア)なのだけど、単体で存在する時には理想(アイドル)だというように考えている。つまり、本業に従事していない時にはアイドルだと思って現を抜かしている。 極論、俳優は媒体(メディア)に過ぎない。素敵な物語を…

お休みについて考えた

ふと、昨年の11月の残業時間を見てみたら77時間で笑いました。いや、笑えません。77時間÷8時間=9.625日なので一週間以上余分に働いてしまったわけです。途端に休もうと思って、再度お休みについて考えました。 ひと休み 少しだけ休むこと。 次の活動のため…

若手俳優オタがLDHと仲良くできないはずがないという話

みなさん『HiGH & LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~(ハイロー)』をご存知ですか? このブログを読んでくださる人は演劇、映画、若手俳優などが好きな方が多いと思いますが、当方LDHオタも兼務してます。そんな自分がこのドラマを生み出してくれたどこかの…

松田凌とユング的「永遠の少年」

※ド新規がその立場をわきまえないで書く記事です。 ピーターパンとコバヤシ少年 昨年、松田凌の主演で上映された『遠ざかるネバーランド』を観た。この当時、自分が定期的に演劇を観るようになるなんてついぞ思わず、それでも何の因果か4月には『ドン・ドラ…

気になる舞台中心の若手俳優さんについて箇条書くだけ

D2(D-BOYS)をきっかけに舞台を見るようになってはや半年。そこそこ劇団や作家や演出家を知り、観る作品の幅も広がっていくと同時に覚えていく顔。ド新規の頃自分が何を考えていたかを残しておきたいので、自分が気になっている舞台中心の若手俳優さんたち…

三津谷亮は女優である。

昨日買ったユリイカは漫画家の古屋兎丸さんの特集でした。 ユリイカ 2016年3月号 特集=古屋兎丸--『Palepoli』『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』・・・少年と少女の永遠 (青土社) 作者: 古屋兎丸,伊集院光,間宮祥太朗,内藤瑛亮 出版社/メーカー: 青土社 発売…

2016年2月23日のメモ

2016年の2月23日時点で今この人好きだなって思う人のことを書いていくだけのエントリ。 松田凌 ここ最近の趣味は松田凌のブログを読み返すことです。これは百万回言ってもあまりあるくらいなんですが、私は彼が松田龍平だったり安藤政信だったりが好きなのと…

「すき」の種類について

常日頃、「自分の好きな推しのタイプ」がばらけていることが気になっていたので、この際だから徹底的に考えようと思いました。暇な奴だと思ってお付き合いください。 起:基本的には事務所箱推し 単体というより箱推し気質で、俳優の場合事務所ごとの毛色の…

映画『ライチ☆光クラブ』(舞台挨拶編)

とりあえず、初日舞台挨拶(渋谷)に行ってきたのでメモしておきます。 隣が古川くんオタ(スケブ持ってるレベル) (左から)藤原季節、柾木玲弥、古川雄輝、池田純矢、松田凌 池田純矢がゼラの真似で挨拶 純矢くんは最初から最後まで漫談家のような喋り方(…

だれのためにもならない話~映画『ライチ☆光クラブ』のキャストについて~

ようやくから映画『ライチ☆光クラブ』が公開されますが、なんだかんだ長かったな。最初は2015年秋公開とか11月とか言われてていつの間にか2016年2月に。間に残酷歌劇を挟んだことで、じりじりとライチ熱が保たれつつあるのでこれは一つの戦略だったのかなと…

苦手な俳優のはなし

※このエントリは特定の俳優に対して非難するために書かれたものではありません。あくまでも、自分語りに過ぎないので仮名の俳優が誰なのかそう言ったことは重要な問題でないことをご理解ください。 苦手な俳優がいる。その人を仮に田中とする。田中はここ2年…

この世代の青年は何喋らせても軽くてつらいものがある

先日、ツイッターの報告とかニュースやらで映画『ライチ☆光クラブ』の出演者と監督がアメーバで映画宣伝のための番組を録画したらしいと知った。結局どこで放送するのと思い続けてなんとなく日経新聞読んでたらアメーバが今日(1/21)からAmeba Freshという…

窪田正孝の出演作品勝手にランキング

2015年何かと話題になっていた窪田くんですが、そんな私も窪田くん大好きマンです。実感からすると『Nのために』と『デスノート』あたりから人気が出てきた感じですが、そんなのは放っといて、観ていると加虐心が煽られて個人的に満足度が高い作品をランキン…

【私的】若手俳優特集 2016

陰ながら続けてきた「若手俳優特集」。前回ボロッボロに外したのに、今年もまたやります。でも去年ラインナップも、4人中3人が『HiGH&LOW』に出演したので大体正解じゃないですか?違いますね、はい。それでは、自己満ですので大目に見てください。(1/11追…

観る理由

映画でも舞台でも「観る理由」がある。私はだいたい以下のどれか。 推し俳優が出てるから 推し監督/演出/脚本が作ったから 推し俳優が選んだから 「推し俳優が出てるから」っていうのは、作品を観るというより、推しの勇姿を見るためというか、次にいろんな…

この推しを好きな理由②

続いてます。 前回のエントリで推しはどんなタイプかっていうことを超絶簡単にまとめた。でも今更、松田龍平と安藤政信について語ったところで、なんのきっかけにもならないことは分かっていたけど、長々とした前置きの理由は今の推しのことについて書きたか…

この推しを好きな理由①

「若手俳優は」とか「2.5次元舞台は」とかそうい概念的なところを掘り下げるのは他の人に任せて、自分がなんでこの推し(俳優)を好きなのか考えてみようと思った。というのも、ざっと新旧推しの好きなポイントを書き出してみたら自分でもなんで好きなのか良く…

辞める人と残る人の違い

先日、ワタナベエンタの15周年パーティーをニコ生で放送してて「案外若い会社なんだな」と思っていたところなんですが、そのすぐあと元D-BOYSの2人(もっといるかもしれないけど調べていない)が事務所をやめることを発表してました。この2人はいくつかの…

高橋龍輝がどうなっていくのか見ていたいと思う。

『幕末太陽傳』を観てきました。 森山未來の『 ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』、石原さとみの『ピグマリオン』に続いて人生3回目の観劇(すいません『ドン・ドラキュラ』行ってました。そうですLDHオタでした)。これだけ「俳優が~」「舞台が~」…

鈴木拡樹の世の中と界隈の認知度の差は宗教っぽい

鈴木拡樹という役者さんを皆さんご存知でしょうか? 舞台中心の方なんですけど、特に「2.5次元舞台のプロ」と言われていたりする人物です。とはいえ、私も舞台をちゃんと観たことがあるわけでなく、『戦国鍋』と『ペダステ』と『俺地図』の情報しかないので…

たぶんずっと俳優オタだったという話

今まで、エモバンドとかKポップとかLDHとかまぁありとあらゆるものにハマってきたけれど、その間もずっと邦画は観ていて、思い返すとプラスアクトとかHのような雑誌がお友達だった期間も長くて、長いこと俳優オタクなんだなぁっていうことに気がつきました。…

D-LIVE 2015に行ってきました

行ってまいりました!D-LIVE2015初日!初めてのD-BOYSイベントです。予習という訳ではないんですけど、春どこや夏どこはそれなりに観て行ったんで、ある程度の覚悟(内輪ノリに対する)はしていきました。 以下感想です!ネタばれあるんで嫌な人は読まないで…

映画『闇金ドッグス』

STORY ある事情から、若くしてヤクザの親分となったものの足を洗わざるを得なくなった安藤(山田裕貴)。一気に権力を失った上に、闇金業者の小中(高岡奏輔)から追い込みをかけられるはめに。完全に首が回らなくなった安藤は、自身も闇金業者となって金を…

2.5次元ステージを見てない人の雑感~たぶん序論~

というタイトルではじめてみたものの、そもそもなんでこんなテーマで書こうと思ったか。その理由の1つ目はD2(D-BOYS)が本格的に好きになったということがある。いくつか前のエントリでも書いているけれど、例えば荒井敦史や山田裕貴はD2だし、今じゃメン…

安藤忠臣が帰ってくるってさ

山田裕貴『あの男…主演……アンドウ…』ameblo.jp \ガチバンでお馴染みの安藤忠臣が帰ってくるよ/ スピンオフ映画『闇金ドッグス』の主役・安藤忠臣だってさ!どうしよう!こっちの臣くんも大好き党の党首としては歓喜ですよ!『ガチバン』についてはこちら。…

ガチバン

今話題の俳優中心に、推したい人たちばかり出演している(と思っている)『ガチバン』シリーズ。とは言ってもみている人口がなかなか増えないので勝手に見どころなどをまとめてみました。 【シリーズの大きな流れ】 1・2作目の主役は窪塚俊介(窪塚洋介の弟…

安藤政信の出演作品勝手にランキング

\安藤政信さんお誕生日おめでとうございます/ 前書いたことあるんですけど、松田龍平も伊勢谷友介も5月生まれなんですよね…なにこれディスティニー…まぁ今回は安藤くんの出演した映画で、作品自体というより「安藤くん最高…(恍惚)」度が高い作品をランキ…

ズタボロ

お久しぶりです。青です。映画のレビューでも書こうかなと思います。因みに、Filmarksやってます。よろしければぜひ。 STORY 仲間のヤッコ(荒井敦史)やキャームと共に、中学を卒業したコーイチ(永瀬匡)。高校へ進んだ彼は、それと同時にヤッコと地元最凶…

【私的】若手俳優特集 2015

最近よく見る今年活躍&来年期待の新人俳優特集。そういえば半年くらい前に書いた自分のブログと大差ないものもあって勝手に「勝利」って思ってました。 <a href="http://aooaao.hatenablog.com/entry/2014/05/25/210500" data-mce-href="http://aooaao.h…