DD過ぎて中身が薄い

映画や舞台の感想書いたり、推しが大好きと叫んだり。

2016-06-17から1日間の記事一覧

【感想文の練習】『少女七竈と七人の可愛そうな大人』桜庭一樹

ところで私は余韻の残る話が好きだ。というより、余韻の残らない話など認めない。どれほどそれが極端かと言うと、読み終わって何も残らなかった本を手にもって、古本屋に直行するほどに。それほどまでに、話の余韻というのは私の中で確固たる地位を築いてい…