読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『お嬢さん』

www.youtube.com

STORY

日本の統治下にあった1930年代の韓国。詐欺師たちの集団の手で育てられた少女スッキ(キム・テリ)は、伯爵の呼び名を持つ詐欺師(ハ・ジョンウ)から美しい富豪令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドという仕事をあてがわれる。スラム街から彼女とそのおじが暮らす豪邸に移ったスッキだが、伯爵は彼女の助けを得て秀子との財産目当ての結婚をしようと企んでいた。結婚した後に秀子を精神病院に送り込んで財産を奪う計画を進める伯爵だが……。

映画『お嬢さん』 - シネマトゥデイ

REVIEW

想像してた50倍エッロ~~~~かった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(知能3)

ガールズムービーなるほどって感じの内容だったけど、なんかそんなのどうでもいいってくらいに画が良い。洋館と日本家屋の中庸。大正浪漫を感じるお屋敷に洋服と和服を交互に、ときに合わせて着る富豪令嬢(たまに『スーサイドスクワッド』のエンチャントレスる)。エログロナンセンスな世界観は決して乱歩ではない。もっと下等で下品な美しい世界。そこで令嬢が朗読するお話は言うなれば「富士見ロマン文庫*1」。誰かにとって重要でも、外から見れば滑稽なもの。映画自体もそんな作品だった。

ところどころ、イギリスのロマン映画、例えばロマン・ポランスキー監督『テス』(原作トーマス・ハーディ)*2を感じるシーンも差し込まれて、「ああ、多分そのあたりを目指してたのかな」とか、最後の方は川島芳子だなとか一人考えてた。と同時に、「澁澤龍彦が生きてこれを観たら何て言うんだろう」とも思った。それっぽいものを詰め込みすぎでお腹いっぱいなのだよ。全く考える余地がない。これについていかんせんと思ったらこの作品、原作があるそうで、そして監督のパク・チャヌクが原作にいろいろ感じて変更を加えているようで、「なんだ誰かの二次創作なのか」と思ったら詰め込みすぎなのはそれはそれで納得がいった。

チャヌク:原作の小説(サラ・ウォーターズの『荊の城』)を読んでいるときからすでに考えていたことがありました。『荊の城』は本当に上手く書かれている小説で、キャラクターの描写もすばらしいです。

ただ一読者としては、あまりにも前半の内容が良すぎたので、お願いだからこのふたりがお互いの本当の気持ちを率直に伝えて、ふたりでひとつになって男たちをやり込めて、楽しく最後はどこかへ行ってほしいと読んでいるときに思いました。最後は楽しいセックスで終わって、ふたりで楽しい場所へ向かってほしいと願いながら読んでいたんです。なので、今回の映画で描かれているクライマックスは読んでいるときから想像していました。それは絶対に映画のラストはそうしようという思いというよりは、そんな風に小説が終わってほしいなと思っていたんです。

映画『お嬢さん』パク・チャヌク監督にインタビュー:「抑圧されている状況の中で戦う女性こそが魅力的だと思っている」|ギズモード・ジャパン

良くも悪くもここまで思いのこもった二次創作に言うことはありません。いや待ってひとつだけ。イ・スヒョク*3の『お嬢さん』を観た感想がほしい。

公式サイト

ojosan.jp

映画『At the terrace テラスにて』

f:id:aooaao:20170308212239j:plain

www.youtube.com

STORY

この95分間に全てが起きるのです―――
そこは東京郊外のとある屋敷のテラス。パーティーは終りかけ、残ったのは7人。豪邸の持ち主である専務とその妻とイケメン息子。透き通る様な色白の女性、はる子。その夫であるグラフィックデザイナーの男。胃を切り取ったばかりの中年男。エリートだけど恐らく童貞の会社員。彼らの腹の中に、それぞれに帰れない理由があった。
男たちははる子の「白い腕」に魅せられ、まるで蛾のように群がって離れない。そして、そのはる子にメラメラと嫉妬の炎を燃やす専務婦人。笑い声がさざめき、無事に終わるはずだった富裕層たちのホームパーティーはそれぞれの胸に秘めた秘密・欲望・妄想によってあらぬ方向に展開する。果たして無事にパーティーは終わるのか、その結末や如何に・・・

At the terrace テラスにて テラスにて » 新宿武蔵野館 

 REVIEW

なんていうかもう、この物語がどう面白いかの説明は、これが日本語会話劇の粋を結集したブラックユーモアに溢れた作品であったということでひとつ完了とさせていただきたい。観て。そして開始一分で薄ら笑いを浮かべてそのまま90分終わってたってなってほしい。言葉で表したくないんだこの作品についてはどうしても。

話の作り方とか展開として好きだなと思ったのは、「特筆して登場人物について説明しない」ということと、「90分間一度も時間が飛ばない」ということ。前者については、違和感のある説明なしでも、ここまで人間の脳は想像力で補うことができるんだと思ったし、後者については時間の広がりと物語の広がりは比例しないと実感することができてよかったなと。これからは存分に、無駄な説明と時間操作を加えた作品の拙さにばっさばっさと言及できる。勝手にしてろという話なのだけど。

アフタートークで、これは「映画的な作品」って言ってて、まあ確かに「舞台作品」っていう前提で考えればそうかもしれないんだけど、それでも私は映画側から考えて、舞台を観たことがない人に観てもらって、そこから本多劇場でもスズナリでも行ってもらうような相互性が生まれる「舞台的な作品」だと思った。例えば、『ラ・ラ・ランド』観た人で「ミュージカルを観に行きたい」と思う人があんまりいなそうだから「ミュージカル映画」と思えない、というような理由と同じ。

でもそんなのどうでもいい。ひとまず観て。モモンガがかわいいから!

公式サイト

attheterrace.com

関連サイト

aooaao.hatenablog.com

2月の映画と演劇まとめ

びっくりするほど劇場に通った2月。暇かよ。

続きを読む

映画『LA LA LAND』

f:id:aooaao:20170228211811j:plain

www.youtube.com

STORY

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる……。

映画『ラ・ラ・ランド』公式サイト 

REVIEW

 気合い入れて日本公開初日のレイトショーで観てきたよ~~~!以下感想です。

f:id:aooaao:20170228212615j:plain

見 て ! こ の 感 想 ! す ご く ! 馬 鹿 !

「色使いが綺麗だったね」って言いたかっただけなんですけど、こんな茶番に友人を付き合わせてしまって申し訳なかったと反省しています…。ちなみに多崎つくるは『騎士団長殺し』の作者のアレしたソレです。

女性はリアリストで、男性はロマンチストって分かりやすい構図で、まったくあんな男いるわけなかろうもん。でもライアン・ゴズリングの良さ分かってきた!名前覚えただけでもめちゃくちゃ進歩!あと音楽ね。再三流れるからどうやったって絶対覚える。ワンシーンワンシーンでネット大喜利できそうな感じも良い。でも、正直言うと「楽しい!終わり!」ってなるので、普段映画を観ない人が観て「映画っていいな」って思って、『スター・ウォーズ』とか借りて帰りそうな感じ。いや、良かったんで観て。私はユニクロ行ってビタミンカラーのコットンカシミヤVネックセーター(長袖)買ってくる。

荒井敦史が演じた中で特に好きな役の話

お題「推しが演じた中で特に好きな役の話」

男もすなるお題といふものを、女もしてみむとてするなり。かどうかは知りませんが、はじめてのお題に挑戦♡

1.紅井レオ(ガチバンシリーズ)

すでにめちゃくちゃ思いの丈を述べてた...

aooaao.hatenablog.com

最近、荒井敦史と紅井レオのどっちが推しか分からなくなってる。今後も荒井敦史を語るときには悉く出すであろうキャラクターの名前、それが紅井レオ。というより、荒井さんのこうちょっと面倒くさい感じと、男気と、子供っぽさと、色気が体現されているのがレオだと思うのですよ。正直、現実世界にいても全くかかわることがなさそうなキャラクターですけれども。レオくんの向かいのアパートで双眼鏡持って観察したいです。レオくん女っ気ないじゃないですか。だから変に気を使わなくていいし、逆に借金取りと鉢合わせしないかハラハラしたい。近くのコンビニで働いて、レジで一番新しいアメリカンドック渡したい。ちょっとずつ成長していくレオくんを見ながら、婚期を逃したいっていう感じですね。

2.海棠鋭利(映画『メサイア』)

いわゆる一番最初の実写化メサイアの海棠鋭利は荒井さんです。ことあるごとに彼発信でその事実を教えてくれるんだけど、割とみんなガンスルーだよね。私は悲しい。

鋭利というキャラクターが荒井さんのキャラクターとどうこうとかじゃなくて、単純にメサスーツを着たショタい姿を映像に残していてくれたことに対する尊みがすごい。

www.youtube.com

この作品、メサイアメサイアたる部分がごっそり抜けているから、そのことを前もって頭に入れて観てもらうといいと思う。そうやって観ると、基本的に高橋龍輝しか記憶に残らない。すごくない?

あと、インタビューが総じてしんどくてしんどい。

news.livedoor.com

www.cinematoday.jp

3.ヤッコ(映画『ズタボロ』)

あんまり泥臭くないヤンキーの役(当人比)。これはもう単純に、体格の良さと、身から出るふてぶてしさと、柄シャツ+学ランがめちゃくちゃ好き。殴ってるか殴られてるかどっちかなことが多い推しかわいい。

www.youtube.com

aooaao.hatenablog.com

4.マサハル(映画『リアル鬼ごっこ4』)

ビジュアルが最高(以上)

www.youtube.com

5.黒川隼人(ドラマ『Dr.DMAT』 第9話)

出演は一瞬ですが、鉄の棒串刺しの推しを見ることができる奇跡の作品。記録用と観賞用にブルーレイに焼きました。

6.遊沢亮斗(ドラマ『GTO』)

一応イケメンの役らしいんですけど、ほかに竜星涼片寄涼太などいろんなタイプのイケメンが多い作品なんで、顔力的にはそうでもない気がしてくる...悲しい...でも、だるだるの体晒して水着になる勇気とかめちゃくちゃ推せる。

この年の『GTO』は大して先生と対立しない『GTO』で、それこそ先生と殴り合うとか全くないのが物足りないけど、やっぱり学園ドラマとか鉄板ですよ。菊池風磨との出会いも天に感謝。

って、もしかしたら私は彼をテディベアぐらいに思っているのかもしれんな。正直、「鍛えられてる!」という姿に出会ったことがない。でも彼のもふもふみが堪らないんだ。あんなに顔がかっこいいのに。もっと鍛錬すれば、もっと最高なのに。これは出し惜しまれてるな...

以上、「荒井さんは映像の役の方が好き」をお送りしました。

 

少年たちの話

絶賛、懐古厨です。

最近、『孤島の鬼』を見たのでdアニメストアで期間限定(2017/2/3 10:00~2017/3/3 18:00)で配信されている『少年探偵団』を観ました。

anime.dmkt-sp.jp

とても良かった。なにがって全部。役者、演出、音響、舞台全部が良かった。思わず観た人の感想をググった*1のに全然出てこない。なんで。演出家の他の作品まで調べたら、ネルケ*2と相性良くなさそう過ぎて、より謎が深まった。これが青山円形劇場か。素晴らしい狭さと密室感。遅れ馳せながら、惜しいものをなくしたなと思った。あと、音の使い方が良い。伝わるか分からないけど、スーパーカーとかAmazarashiとか、People In The Boxとかの曲を聴いているような。簡単に言えば残響レコードみたいな雰囲気。江戸川乱歩といえば、濃密でどろっとした質感の作品が多いけれど、この『少年探偵団』は前述したいろいろな要素によって、カラッとした乾いた質感になっていてとても良かった。

それで、なぜこの話の感想をわざわざ書き残しているかというと、ここ最近ふと阿久津愼太郎のこと思い出していたところでこの作品を観たから。引退してからもうすぐ5ヶ月です。正直、彼が芸能の世界にぴったりだと思ったことはない。だってきっと彼のような人は、どこに居ても「自分はここには相応しくない」と思うタイプだから。だからこそ、誰かが「ここに居てほしい」と言うことそのことが、存在理由になったんじゃないだろうかと、私はあえてそう誤認する。そう信じたい。『柔道少年』を観て「Dボ*3っていいな」と思わされたことも、今のこの精神状態につながっている。たぶん。

SEVENTEEN横浜アリーナでコンサートしたってよ。バンタンも人気だし、Twiceも日本デビューする。Twiceに関しては荒井さんとか、山田裕貴が話題にするたびに、「最近の若者だ」と思ったりする。でもそんなことはどうでもいいんだ。阿久津は今もアイドルと生きてるの?なんてね。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

*1:よくある行為。好きなものを共有したいという思いから。

*2:この作品の制作会社。

*3:本当のところ「D2っていいな」って思った。

PORTER ROBINSON & MADEON "Shelter" Live Tour in Tokyo

f:id:aooaao:20170222011005j:plain

取り急ぎめちゃくちゃ良かったです。

ざっと1時間強くらいのセットリストでしたが、6~7割マデオンの曲じゃなかったかしらという感じ。ポーター・ロビンソンも「友達のマデオン僕の曲で好きなやつ、僕バージョンでやるよ(意訳)」みたいなことを言い出すし。ただ、会場が概ねポーター・ロビンソンのファンだったのでなんかチグハグしていた。あくまで体感です。

基本的にVJ見てるだけでも多幸感を感じられて最高だったのに、DJしてるマデオンの動きがいちいち可愛くってほんとまいってしまった。

 

 

平日だし業界人 みたいな人が多いな~と思ったらコムアイもいたらしい。

 

 

このふたりに「双子の片割れのような相方」って言い得て妙。見直した。

 

ホラめちゃカワじゃん。ただ途中からとある若手俳優に見えて仕方がなかった。

 

ここで『メサイア−暁乃刻−』のネタバレするので注意。

 

Sad Machineというポーター・ロビンソンの曲があるんですけど、これがとても悠里淮斗っていうか、護と淮斗なので知ってください。

www.youtube.com

ロボットと人間の心のつながりを表現した曲なのだけど、私が色々尽くして訳したり、説明するよりこちらの記事を読んでもらいたい。

oyogetaiyakukun.blogspot.jp

こちらのブログにはいつもお世話になってます。ありがとうございます。そして眠いので寝ます。なにも内容のない記事でした。本当にお粗末さまです。

 

関連記事

aooaao.hatenablog.com

realsound.jp

追記

www.youtube.com

どなた存じ上げませんがありがとうございます。